公開日:2017/05/26  最終更新日:2017/06/07

赤ちゃんとのお出かけに!人気の抱っこ紐「エルゴ」の魅力

赤ちゃんを抱っこする際に使用する抱っこ紐。その中でも「エルゴベビー」の抱っこ紐は、子育て中のママやパパから圧倒的な支持を得ています。今回は、エルゴが人気の理由や、赤ちゃんとのお出かけにおすすめのアイテムをご紹介します!

赤ちゃん連れなら「抱っこ紐」はマストアイテム!

そもそも抱っこ紐とは?

「抱っこ紐」とは、乳幼児を抱っこする際に使用する育児グッズです。以前は「子守帯」と呼ばれることが主流でした。近年では海外メーカーも含めさまざまな商品が販売されており、その機能やデザインはどんどん進化しています。育児中は赤ちゃんを抱っこするシーンが多く、長時間の抱っこは体力的にも体勢的にも辛いもの。育児中のママとパパには、抱っこ紐によるサポートが欠かせません。

抱っこ紐の形状はメーカーによってさまざまですが、各社とも簡単に装着できるよう趣向を凝らしています。一般的には、大人と赤ちゃんが密着するような体勢を取り、ワンタッチで留めるタイプが多く見られます。

抱っこ紐って本当に必要?

初めての出産を控えたママやパパにとっては、「抱っこ紐って本当に必要なの?」と疑問に思えるかもしれません。車やベビーカーがあれば不要なのでは?と思う人もいるかもしれません。抱っこ紐のメリットは、何といっても長時間にわたって抱っこしても疲れにくいことです。

グズった赤ちゃんを抱っこする時や、外出先にエレベーターなどの設備がない時など、「抱っこ」が必要なシーンは多々ありますよね。1時間、2時間と抱えた状態でいなければならないシーンも少なくないでしょう。そんな時に抱っこ紐があればグンと楽になります。両手が空いた状態でしっかりと赤ちゃんを抱えることができます。

イザという時に、あると安心

最近は、「災害大国日本」という言葉を耳にする機会が増え、地震や火災など災害への備えが欠かせません。特にまだ小さな赤ちゃんがいる家庭では、非常用グッズを玄関先などすぐ手に取れる場所に準備しておくことが大切です。ミルクや離乳食、衛生用品など、最低限の必需品だけでもかなりの量。車や交通機関が使えない事態も想定すると、抱っこ紐は必携アイテムといえます。

また、日頃は抱っこ紐を使わない家庭でも、夜間に救急病院にかかる際など、急を要する出来事がいつ発生するか分かりません。抱っこ紐は「使う時が来たら買おうかな」とお考えのママやパパにも、ぜひ早めにゲットして欲しいアイテムです。

抱っこ紐の代名詞!?「エルゴ」がイチオシ!

ハワイ発祥のベビーキャリア

エルゴことエルゴベビーの抱っこ紐は、正式には「ベビーキャリア」と呼ばれる商品です。日本では抱っこ紐といえば「エルゴ」と呼ぶ人も多いほど、人気を集めるブランドです。ベビーキャリアの歴史は2003年に遡ります。赤ちゃんのための快適性を追求した商品として、ハワイのマウイ島で誕生しました。

エルゴベビーの信念は、「ベビーウェアリング」。赤ちゃんを、あたかも身につけるかのように、ずっと抱っこしていたい!そんなママの思いから、ベビーキャリアが開発されたそうです。その願い通りに、「エルゴ」を使えば赤ちゃんをずっと抱っこしても疲れない!これなら長時間抱っこしていられる!という驚きの声が、多くのママやパパから寄せられています。

やっぱり「エルゴ」が一番!人気の理由

エルゴが人気を集める理由。それは何といっても着け心地の快適さにあるでしょう。エルゴの標準設計は、肩のストラップと腰のベルトで赤ちゃんの体重を支える形です。この肩と腰に負荷を分散させる設計がポイント。従来の抱っこ紐は肩から吊り下げるタイプの物が主流であったため、肩に食い込んだり、肩を傷めたりする人が少なくありませんでした。エルゴの肩ストラップには肉厚なパッドが入っており、さらに腰と負荷を分散させるため、肩が痛みにくいと好評なのです。

エルゴの主力商品は生後48ヵ月、なんと体重20kgまで使用できます。また、背中におんぶしても使用できます。そのため、大きく成長した赤ちゃんとのお出かけに重宝する人が多数。さらに、カラーバリエーションの多さも魅力です。20種類以上のオリジナルデザインに加えて、ブランドとのコラボ商品も随時販売されています。お気に入りのデザインが見つかりそうですね!

エルゴ使用の注意点

手軽さが魅力のエルゴですが、注意点もあります。大切な赤ちゃんを抱っこするエルゴは、使用方法をきちんと守ることが重要です。

装着した際に、ウェストベルトや肩ストラップが緩んでいると、赤ちゃんがずり落ちる危険があります。同じエルゴをママとパパで共有する際は、体にフィットするようにきちんと調整しましょう。また、前屈みの姿勢でいる時や、立ったままの状態で外す時などは、赤ちゃんの落下に注意が必要です。エルゴを使用する際は無理な体勢を取らないよう、くれぐれも注意しましょう。

さらに、エルゴの購入にも注意点が。その人気ゆえに、偽造品の流出が指摘されています。安全性の面からも、正規代理店での購入をおすすめします。

お出かけが楽しくなる!お勧めアイテム

ベビーキャリア・オリジナル

ベビーキャリア・オリジナルはいわずと知れた、エルゴの定番ラインです。本体、そしてフード部分の色や柄の組み合わせが種類豊富です。ナチュラル派のママにおすすめなのは「ナチュラルリネン」。柔らかなアイボリー調でどんな洋服にもコーディネートできちゃいます。ポップなデザインが好きなママには、星柄が可愛い「ナイトスカイ」や船と波をイメージした「セーラー」も要チェック。鮮やかな色合いが多いベビー服とも相性がよさそうですね。

ママとパパ兼用で使用するなら、定番の「ブラック」やカーキを基調とした「アウトバック」が有望。男性でも抵抗なく使用できる色合いが、育メンパパにおすすめです。

インファント インサート

「インファント インサート」とは、新生児期に使用するクッション材です。産まれて間もない、赤ちゃんでも抱っこする際、エルゴ本体と併せて使用します。

「少しの間しか使わないなら要らないかな?」とパスしてしまっては勿体ない!新生児の赤ちゃんのお世話は予想以上に重労働。「いくらあやしても泣き止まない!」「抱っこじゃないと寝てくれない」そんな経験を持つママが少なくありません。最も抱っこが必要な時といっても過言ではないこの時期にこそ、エルゴを活用したいもの。エルゴを購入する際は、インサートもセットで揃えましょう!

小物でコーディネートを楽しんで

エルゴでのお出かけをさらに楽しくするのが、よだれパッドを初めとする布小物です。よだれパッドは肩ストラップに装着して使用します。赤ちゃんの口元にあたる部分で、よだれがエルゴに染み出すのを防ぐ役割があります。

その他にも、エルゴをすっぽり収納できるエルゴカバーや、寒い時期に欠かせないケープなども併せて準備しておきたいアイテムです。これらの小物類は多数のメーカーから販売されている他、自分で手作りするママも少なくありません。妊娠中の時間がある時に準備しておきたいですね!

抱っこ紐を選ぶなら「エルゴ」がイチオシ!

  • 赤ちゃんとのお出かけには抱っこ紐を
  • 世界中で愛されるエルゴは信頼品質
  • 便利な「エルゴ」グッズを揃えればお出かけも楽々

赤ちゃん連れのお出かけは、荷物も多くなりがちで疲れやすいもの。「エルゴ」を活用して、ママとパパの負担を軽減しましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,097



ページのトップへ