公開日:2017/06/15  最終更新日:2018/02/01

簡単エクササイズで肩幅痩せして、華奢な守られ女子へ!

体の中で普段あまり意識しない「肩幅」。でも、意外と目立つ部分です。手や足、体は普通なのに肩幅ががっしりしている…。女性らしく華奢(きゃしゃ)な体に憧れている人も多いはず。今回は簡単エクササイズで華奢な女性=守られ女子を目指す方法を紹介します。

華奢な体への第一歩、肩幅を意識した姿勢を

肩幅がっしり、太い女性はまずは姿勢に注意!

肩幅があってがっしりしている女性は、頼もしく見られてしまいがちですよね。男性から「しっかりしている」、「頼りがいがありそう」という印象になり、第一印象から頼られキャラや姉御キャラになってしまうこともあります。

自分の性格とマッチしていればいいのですが、真逆だったり、男性から守られたいと思っていたりする女子にとっては困りものですよね。女性らしいシルエットのファッションに挑戦してみようと思っても、肩幅が気になって躊躇(ちゅうちょ)してしまう…。そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

肩幅を華奢に見せる方法や肩周りについた「ぜい肉」を落とす方法はいくつかありますが、まずは姿勢に注目してみましょう。正しい姿勢をとることで簡単に肩幅を目立たなくすることができます。

猫背は絶対NG、きれいな姿勢と肩甲骨を意識

オフィスやカフェで周りを見回すと多いのが、女性の猫背。背中が丸まって肩も落ちています。座っている時だけでなく、立った時にも猫背になっている場合が多く、肩がより太く見えてしまいます。この丸まって太く見えてしまう部分は、姿勢の改善で効果が現れます。

まずは背筋をピンんとまっすぐに伸ばします。そして、肩甲骨(けんこうこつ)を中心に肩を後ろに持っていくような感じで胸を張ってみて下さい。猫背の時よりもほんの数センチですが肩幅が狭くなります。この数センチが印象に与える影響は意外と大きいです。

この姿勢を維持し続けるのは、最初は難しいと感じるかもしれません。無理をせず、徐々にできる時間を伸ばしていきましょう。背筋を伸ばすと今まで使っていなかったインナーマッスルやお腹周りの筋肉(腹斜筋など)が鍛えられるので、代謝アップにも繋がります。

そもそも肩ががっしりと見えてしまう原因って?

体や手足は痩せているのに、肩だけががっしりして見えてしまう原因は何でしょうか。もともとの骨格が原因ということも考えられますが、「肩をあまり使っていない」場合にも肩ががっしり見えてしまうことがあります。

普段の生活の中で肩を回したり、荷物の上げ下げなどで肩を積極的に使っていたりする人は、あまりいないのではないでしょうか。「肩の運動不足」が続くと、肩周りのぜい肉が落ちず、肩ががっしり見えてしまう原因になります。

また肩は、運動不足になりやすく、ぜい肉がつきやすくなっている部位でもあります。運動不足でぜい肉がつきやすくなり、ついてしまったぜい肉は、運動不足により落ちにくくなっていきます。そんな負のスパイラルから脱却するために、簡単エクササイズで定期的に運動することが大切です。

また、ぜい肉のほかに老廃物や余分な水分がたまり、「むくみ」で肩が太くなっていることもあります。肩や肩周りを刺激することでこれらを解消することが期待できます。それでは、肩のぜい肉やむくみに効果的な、簡単エクササイズをご紹介します。

肩幅を狭くして、守られ女子を目指す簡単エクササイズ

肩の簡単エクササイズでダイエット効果も!

肩の運動不足を解消すれば、肩こり解消にも繋がります。継続すればさらに、ダイエットにも繋がる可能性があります。

また、「肩のストレッチ」や「肩回し」などの簡単エクササイズを行えば、肩周りの血行が促進されます。血行がよくなれば体温が上昇し、溜まった老廃物や水分などの排出もスムーズになります。むくみが解消されて肩幅がすっきり見えるようになり、同時にダイエットにも効果的です。

肩周りのエクササイズでは筋肉もほぐれるので、肩こりの解消が期待できます。肩こり解消やダイエット効果が期待できる一石二鳥のエクササイズ。時間は短くても継続することが大切です。

1番簡単なのは「肩回し」するだけ!

肩周りのエクササイズには多くの種類がありますが、1番簡単なのは「肩回し」です。肩を基点に前後10回ずつ、両肩をゆっくり回すだけ。

普段使ってない人はもちろん、肩こりの人は回すたびに「ゴリゴリ」という音が聞こえると思います。普段肩を使っていない人ほど、ゴリゴリした音が聞こえてくるはずです。ただ回すだけでも良いのですが、肩甲骨を意識して回すとさらに効果的です。

また、体が冷えた状態より、温まった状態の方が回しやすいので、お風呂上がりにするのがおすすめです。基本は肩を「ゆっくり」回して下さいね。力を入れながら高速で回すと、炎症や脱臼の原因となることがあるので気をつけましょう。

肩回しダイエットは簡単!いくつもあります!

すぐに始めることができて、毎日続けられそうな簡単「肩回し」エクササイズをご紹介しました。肩幅に効果的な簡単エクササイズはまだまだあります。スキマ時間に挑戦してみてくださいね。

呼吸と合わせたエクササイズのやり方

  1. 鼻から大きく息を吸って、お腹を膨らませながら両肩をあげます。
  2. 吸った息を吐き出します。お腹をへこませながら吐き出すと、息を一定のスピードで吐き出すことができるのでおすすめです。この時、肩を後ろにぐるっと回します。
  3. 肩をはじめの位置に戻したら、一旦肩を落とします。これを10回程度繰り返します。

10回続けて行うのがベストですが、時間がなければ5回程度を1日に2回やってもOKです。

ファッションで「華奢な守られ女子」を演出

ファッションを楽しみ、エクササイズの効果を待とう!

簡単エクササイズの効果が現れるのには、どうしても時間がかかってしまいます。早い人で2ヵ月程度、4~6ヵ月かかってしまう人もいます。簡単エクササイズは、地道に継続することが大切です。でも女性なら毎日のファッションを楽しみたいものです。

エクササイズの効果が現れるまでは、肩幅を目立たなくするファッションで「華奢な守られ女子」を演出してみてはいかがでしょうか。「着ると肩幅が目立ってしまう服」と「肩幅を目立たなくする服」をご紹介します。

ファッションで肩幅を目立たなくすることもできますので、簡単エクササイズの効果が現れるまでの間は、ファッションを思い切り楽しんでみましょう。

まずは「着ると肩幅が目立ってしまう」服をチェック!

「着ると肩幅が目立ってしまう服」というのは肩を強調するような服です。気づかずに着ている人は、しっかりと抑えてくださいね。

  • ホルターネック(アメリカンスリーブ)

    両肩が出ているため、肩幅が強調されてしまいます。

  • ピタT、丸首のトップス

    原則、トップスで丸首のデザインは避けるのがベスト。首や肩が強調されてしまいます。また、ピタっと密着して上半身のラインを強調する「ピタT」もNGです。ボディラインがしっかり出てしまうので、肩幅の「がっしり感」が目立ってしまうことがあります。

  • スキニー

    スキニーのようなピッタっとしたボトムは下半身が細く見えます。しかし、その分上半身が強調されてしまい肩に目がいってしまうことに。全身をトータルして考えることも重要です。

肩のがっしり見えに効果的!肩幅を目立たなくする服

肩ががっしりしていても女性らしく見えたり、ビシッと仕事ができる風に見えたりする服をご紹介します。

  • フレアスカートやマーメイドスカート

    上半身のファッションの話だったはずでは?と思う人もいるかもしれませんが、ファッションは全身で考えるもの。肩幅が目立つ場合には、上半身ではなく、下半身のボリュームをつけてあげればOKです。裾広がりのスカートをコーディネートすれば、上半身とのバランスもよくなります。フレアスカートやマーメイドスカートの他に、ロングスカートもおすすめです。ロングスカートも、末広がりラインを意識してみましょう。

  • ドルマンスリーブ

    ゆったりとしたデザインで肩周りを隠してくれます。カーディガンやTシャツタイプもあるので1年を通してコーディネートできるのが嬉しいポイントです。

簡単エクササイズとファッションで華奢な体へ!

肩幅が太くがっしりしていても、細くて華奢になりたい!と悩む女性も少なくないはず。姿勢や簡単エクササイズ、ファッションの一工夫で、肩幅を目立たなくすることは十分可能です!

  • 猫背はNG、肩甲骨を意識したきれいな姿勢を
  • 肩回し簡単エクササイズを地道に継続
  • 効果が現れる間もファッションを楽しむ

以上のポイントで華奢な女性、思わず守ってあげたくなるような守られ女子を目指しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,921



ページのトップへ