公開日:2018/01/12 

やせ酸の効果を調査!玉ねぎ+ヨーグルトでラクやせダイエット

年末年始においしいものを食べ過ぎで、お正月明けのこの時期からダイエットを考えている方も多いでしょう。でも、ジムに通うにもお金がないしウォーキングするには寒すぎる…そんなアナタにぴったりのやせ酸ダイエットを紹介します!

話題のやせ酸とは?ダイエットに効果があるって本当?

昨年末に人気情報番組で紹介されたり、関連本が多数出版されたこともあって注目されている「やせ酸」とは、「短鎖脂肪酸」のこと。

腸内細菌の働きで作られる「有機酸」のことを指します。大学機関の研究でこの「短鎖脂肪酸」に肥満抑制の働きがあることが報告され、わかりやすく「やせ酸」とニックネームがついたという訳です。

短鎖脂肪酸には様々な働きがありますが、ダイエットに大きな役割を果たすのは「新陳代謝」の改善がみられるということです。

中年以降のダイエットがなかなか効果が出ない原因は、新陳代謝の滞りと言われているので、男女問わず40代以降の方にはぜひ積極的に取りたい成分と言えるでしょう。

Point!

新陳代謝が良くなると、免疫力が上がったり冷え性が改善されたりと健康面でもメリット大。また、便秘が改善されることがお肌コンディションの改善にもつながります。


やせ酸には「脂肪蓄積抑制作用」も認められているので、長期間継続的に取れればプロポーション維持に役立つこと間違いなしです。

やせ酸の作り方や玉ねぎヨーグルトの摂取量をレクチャー!

<やせ酸の材料>

  • 玉ねぎ1個(200グラム)
  • ヨーグルト(無糖 200グラム)
  • 塩(小さじ1/2)

<作り方>

1:玉ねぎは辛みを飛ばすためできるだけ薄切りにし、20分ほど水につけておく。(新玉ねぎだと辛みが少なく生食に向いているため食べやすい。)
2:切った玉ねぎにヨーグルトと塩を加える。

作ってすぐに食べてもいいですが、数時間冷蔵庫において味をなじませてから食べるのもお勧めです。一日当たり50グラムから70グラムを目安に食べます。

飽きないで食べ続けるコツは、淡路島産の甘みの強い玉ねぎを選んだり、キャベツなどほかの野菜を加えてサラダ風にアレンジするのもいいでしょう。

玉ねぎの辛さがどうしても苦手という人は、レンジで軽くチンし冷ましてからヨーグルトと混ぜてみてください。

やせ酸(短鎖脂肪酸)はサプリメントで摂取することも可能?

玉ねぎヨーグルトをドレッシングのベースに使ってみたり、他の野菜と組み合わせてみても、継続して食べ続けるとどうしても飽きてしまいます。

野菜は産地や種類・季節によって含有栄養素に差が出てくるし、作るのが面倒になってくるとどんなにダイエットにいいと分っていても、途中で挫折してしまいがち。

それなら短鎖脂肪酸をサプリメントで摂取する方法を考えてみましょう。サプリメントのなかには、ダイレクトに短鎖脂肪酸を含んだものと、腸内で短鎖脂肪酸を増やす「乳酸菌」を増やすことを目的としたものがあります。

形状も、通常のタブレット型の物・スティックゼリー状のものなど様々で、お好みや生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

大切なのは「毎日続けること」なので、高価なものを短期間利用するより無理のない範囲で続けられるものの方が効果が期待できると思います。

普段は食事からやせ酸を摂取するようにして、週末や外出先ではサプリメントを利用するなど、使い方を工夫して間断なくやせ酸を体内にチャージしましょう。

玉ねぎ+ヨーグルトでできるやせ酸の効果で簡単ダイエット

玉ねぎ+ヨーグルトでできたやせ酸を食べて代謝をあげたら、日ごろの生活を見直してダイエットを始めてみましょう。

まず、効果的な食べ方としては、食事の最初にサラダとして食べるのが王道・かつ最適です。やせ酸の摂取は脂質・糖質の急激な吸収の予防にもなるし、食欲抑制の働きもあるのでつい食べ過ぎがちな炭水化物の取り過ぎもセーブできるからです。

また、やせ酸にはエネルギーの消費を促す働きもあるので、スポーツやジムに行く前の食事にはぜひ加えるようにしましょう。

乳酸菌がオリゴ糖と結びついて腸内で「やせ酸」を作るので、コーヒーや紅茶に入れるのは砂糖ではなくオリゴ糖が入った甘味料がおすすめ。

煮物やほかの料理を作る時にも砂糖代わりにオリゴ糖入り甘味料を使えば、摂取量を増やすことができます。

甘味料はカロリーが気になりますが、オリゴ糖入り甘味料の中にはカロリーオフや低カロリーの物もあるので、必要に応じて使い分けるといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

18