公開日:2017/05/25  最終更新日:2018/07/30

デリケートな生理中にしない方が良いことを知っていますか?

生理は別に病気じゃないんだから、といつも通りの生活を送っているあなた。生理中はお肌や内臓が敏感になっている時期なので、実はしない方がいいことがあるんです。

生理中に避けたい食べ物と飲み物は?

生理中は甘い食べ物を避けよう

生理前や生理中は身体の不快感や、ホルモンバランスの崩れによるメンタルの不安定さなどでただでさえイライラしてしまう時期です。

このイライラを増長させてしまう原因となるのが、チョコレートなどの甘いお菓子です。

ストレス解消のために甘いものを食べたいのに…と思うところですが、糖質の高いものを摂取すると血糖値が急激に上がって急激に降下するので、その血糖値急変の影響でイライラがひどくなります。

生理中にどうしても甘いものが食べたくなったら、糖質の低いお菓子を選ぶか、リラックス効果がある甘い香りのハーブティーを飲むことがおすすめです。

生理中は冷たい飲み物で体を冷やさない

生理中は特に血の巡りに気をつけなければならないので、体を冷やし血行を悪くする、冷たい飲み物は避けるようにしましょう。

冷たい飲み物の中でいうと、砂糖がたくさん入ったジュースや、コーヒーなどは体の冷えだけでなくイライラの原因になります。

生理中に冷たいものを飲む場合は、カフェインと砂糖が入っていない麦茶やハーブティーなどのお茶類か、ミネラルウォーターを選んでください。

生理中のアルコール摂取は控える

生理中に血管を拡張する働きがあるアルコールを摂取すると、出血量が増えて貧血などの体調不良を引き起こす可能性があります。

また、生理中はアルコールを分解するための機能が低下しているので、普段より酔いやすく、酔いが覚めにくい状態になってしまいます。

敏感な生理中の肌を刺激してしまうこと

生理中は化粧品を変えないで!

生理中は普段より体温が低い月経期なので、血行不良や乾燥を引き起こしやすい状態です。

新しく買った化粧品をすぐに試したい!という気持ちがあっても、敏感になっている生理中の肌に初めて使う化粧品をつけると、かぶれなどの肌トラブルの原因となるため避けたほうが良いです。

化粧水や乳液などの基礎化粧品だけでなく、ファンデーションなどのメイクアップコスメも、生理中は変えないようにしましょう。

肌荒れして後悔しないためにも、生理中はいつもの化粧品を使用し、より保湿を意識して優しくケアしてください。

ムダ毛の処理は生理前に終わらせて!

生理中はお肌がとても敏感なので、いつも以上に肌がヒリヒリして痛みを感じたり、赤くかぶれて腫れてしまったりするため、ムダ毛の処理は避けるのがベストです。

しかし、女性たるものムダ毛処理を怠ることはできないので、生理予定日が近くなったらあらかじめ処理しておくと、気持ちよく生理を迎えることができます。

美容院に行くなら生理前後がベター

頭皮も立派な皮膚の一部ですので、生理中は身体と同様に敏感になっています。

そんな時期に美容院で強い刺激のあるパーマ剤やカラー剤が頭皮に染みたら、痒みなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、ヘアサイクルが崩れて抜け毛が増える可能性もあるので、美容室でカラーやパーマをするのは生理日を避けるのがおすすめです。

生理中にしてはいけない危険な行動

1番避けたいのは生理中の性行為

膣内が敏感な生理中は、通常期よりも膣の壁に傷がつきやすいのに加え、経血が逆流することにより卵管が炎症する可能性もあるので、生理中の性行為は危険です。

卵管の炎症が悪化すると子宮内膜症につながり、不妊症の原因にもなり得るので、生理中の性行為はリスクがあることを男性に理解してもらいましょう。

雑菌が入りやすい温泉やプールもNG

生理とは子宮を次の妊娠に備えてリセットを進めているデリケートな状態なので、雑菌が膣や子宮に入ると、感染症を発症するリスクが上がります。

温泉やプールなど、たくさんの人が浸かっている水中にはどんな雑菌がいるかは計り知れないため、生理中は避けてください。

生理中の運動は危険じゃないの?

結論から言うと、生理中も体調が悪くなければ運動をしても構いません。

もちろんご自身の身体の様子を見ながらですが、むしろ運動をすることでストレスが発散されたり、血行が良くなることで生理痛が軽減されることもあります。

ただし、生理の出血により貧血を起こしやすい状態なので、体に負担をかけるウェイトトレーニングや瞬発的な激しい運動はしない方が良いです。

生理中は8つのことを気をつけよう!

生理中の肌トラブルや体調不良を軽減するには、以下の8つのことを気をつけましょう。

生理中に避けたいことまとめ
  • 甘いものを食べること
  • 冷たい物を飲むこと
  • アルコールを摂取すること
  • 化粧品を変えること
  • 性行為をすること
  • 温泉やプールに入ること
  • ムダ毛の処理をすること
  • 髪を染めたりパーマをかけたりすること

毎月訪れる生理は女性にとって、とても重要なものです。何度もホルモンバランスの変化が起こる生理中は、様々な症状が身体に表れるため、体に負担をかける行為は避けて、充実した生活を送ってください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,522



ページのトップへ