公開日:2017/11/13 

乾燥肌対策方法大公開!乾燥肌に保湿が欠かせない理由とは?

乾燥肌さんに向けた化粧水選びを特集しています!今回は「肌はどうして乾燥するの?」という基本から、正しい乾燥肌ケアのあり方、そして年齢を意識したスキンケアの必要性まで乾燥肌対策を徹底確認していきましょう。

正しい乾燥肌用化粧水選びのファーストステップ、スキンケアに自信がある方も、もう1度確認しておきましょう。

乾燥肌さん必見の乾燥肌対策とは!?

乾燥肌はとっても身近。普段の生活の中でふとした瞬間に「乾燥肌状態」になっているのを感じることがあるはずです。乾燥で悩む人の特徴というと、

  • エアコンに長時間あたっている人
  • 季節によって乾燥が気になる人
  • 混合肌やインナードライなどの肌質で悩んでいる人
  • 年々乾燥が気になってきている人

そんな乾燥肌のケアは、ただ単に「水分を補給すればいい」というほど単純ではありません。まずは肌が乾燥してしまう原因を知って、効果的な乾燥肌スキンケア対策がとれるようになりましょう。

なぜ肌は乾燥するの?(乾燥の原因)

肌の乾燥は、外部刺激など、何らかの理由で角層が荒れ、隙間ができてしまうことで、肌の水分が外に逃げ易くなっていることが大きな原因。例えば「セラミド」や角質細胞内にあるアミノ酸などで構成される「NMF」(天然保湿因子)など水分保持を担う成分が減少すると、肌は乾燥します。

さらに、肌のハリを支える「コラーゲン」は外部刺激によって起こる肌内部の炎症によって破壊され、弾力を失います。これらの成分は加齢と共に産生量が落ちてくるため、乾燥肌はさらにエイジングが進んでしまうのです。

また「こすり過ぎ」や「洗い過ぎ」など、必要な皮脂や肌が持っている保湿成分を落としてしまう間違ったスキンケアも乾燥の原因です。乾燥肌女性の洗顔やスキンケアは「優しく撫でるように」が基本です。
ちなみに、エアコンの効いた部屋は特に乾燥しやすい環境!オフィスワークの方は加湿器を置くなど、乾燥肌対策に注意しましょう。

乾燥肌対策の基本は潤いを補給し守ること

「NMF」(天然保湿因子)や「セラミド」などの成分が減少すると乾燥肌が進行してしまいます。さらに、年齢を重ねた女性は皮脂分泌が少なくなる傾向にあります、そのため、肌本来の潤いを内部に閉じ込める機能がうまく働かず、乾燥肌は水分を補給しても逃げやすい状態になるのです。

乾燥肌対策の基本は「潤いを補給して守ること」と言えます。そこで「NMF」(天然保湿因子)や「セラミド」の入った化粧水で足りない成分を補うようなケアをしましょう。

日常気をつけたいポイントとしては、摩擦や洗い過ぎなどの刺激を避けることが大切です。エアコンの風には直接当たらずに、加湿器で部屋の湿度を保つなどして水分蒸発を防ぎましょう。
「充分な睡眠」(休息)や「規則正しくバランスの良い食事」なども、補給した水分を保っていける健康的な肌を維持するためには不可欠です。

潤いだけじゃない最新の乾燥肌対策

今までの乾燥肌対策ができる化粧水は、「とにかく肌へ潤いを与える!」という基本に忠実なものがほとんど。しかしすでにご説明した通り、乾燥肌は特に「エイジングケア対策」が必要な肌質といえます。なぜなら乾燥によってできた角層の隙間から入り込んだ外部刺激によって、コラーゲンが破壊されてしまい、肌のハリを失ってしまうから・・・。

なので、潤いだけではなく「効果的に美肌を目指す乾燥肌対策を化粧水で行ないたい」という美容意識の高い乾燥肌女性は、コラーゲンケアなどのエイジングケア、特に「乾燥肌に特化したエイジングケアができる化粧水」を選ぶことで、一歩先の乾燥肌対策が可能になるでしょう。

また、コラーゲンケアと言っても、コラーゲンは肌の上から塗っても分子が大きいので肌の奥まで浸透してくれません。肌の奥でコラーゲンを産み出す力をサポートしてくれる「CVアルギネート」などの成分を使った化粧水が乾燥肌対策とエイジングケア対策を同時にできるものとしておすすめです。

乾燥対策だけじゃない!エイジングケアも行うために

乾燥肌は、角層の隙間から潤いが逃げ、外部刺激によって肌の水分保持機能(バリア機能)が低下しているということがご理解いただけたでしょう。これによって、乾燥肌はコラーゲンが破壊されエイジング現象が目立ちやすくなってしまいます。

乾燥肌の保湿成分「セラミド」「NMF」(天然保湿因子)の年齢による減少や、紫外線、刺激の強い間違ったスキンケアということもお分かり頂けたはずです。「効果的な乾燥肌対策」には、これらの原因を見極め、必要なスキンケアを行なうことが何より大切。

そして乾燥肌対策の秘訣は「肌のバリア機能」と「コラーゲン産生力」の向上を意識すること。これはそのまま「乾燥肌のためのエイジングケア対策」にもつながるのです。

化粧水がしみる…それって乾燥肌が進行してるかも!

いつも使っている化粧水がしみるようになった。あるいは、肌にやさしいはずの化粧水を試してみたけれどしみる。そんな経験はありませんか?

使っている成分が合っていない、一時的な肌のゆらぎ、使っている化粧水の劣化などが原因であることも考えられますが、乾燥肌の方の場合は「乾燥によるバリア機能の低下」が原因となっている可能性が高いでしょう。乾燥してバリア機能の弱った肌は外部刺激を受けやすく、化粧水もしみてしまうといったトラブルを引き起こしがちです。

特に30代以降に化粧水がしみるようになったら「バリア機能の低下」を疑ってみても良いでしょう。水分を保つ役割をするセラミドが年齢とともに減少していくためです。単に水分を補給するだけでなく、補給した水分を保つ化粧水、スキンケア方法へと見直すタイミングです。

乾燥肌はバリア機能が低下している

肌のバリア機能の低下は「表皮の角質層にあるセラミドが少なくなってくる」ことで起こります。
潤いのある肌は、水分を保つセラミドによって細胞の隙間が埋められ、肌の内側の水分を表面から逃さないようにキープできている状態です。

ところが、加齢やストレスによるセラミド生産量の減少、洗いすぎなどでセラミドや必要な皮脂を落としてしまうと、水分をキープする機能が失われ、肌は乾燥。細胞の隙間から刺激を受けやすい状態になります。
そのため化粧水で保湿しようとしてもしみやすくなってしまい、ヒリヒリしたり、かゆみを感じるようになってしまいます。

さらに、水分の不足や外部刺激によって荒れた肌はターンオーバーを急ぎ、未熟な角質細胞が表皮を覆うことになります。未熟な細胞は水分を保つ力も弱いため、さらにバリア機能が弱まってしまうのです。

バリア機能を高める化粧水の選び方

乾燥肌ケアでは当然、不足している水分を補う必要があります。しかし、乾燥肌を改善し正常なバリア機能を維持するためには、ただ水分を与えるだけではなく、「補給した水分を保つこと」が大切です。
つまり、肌の外側から水分を与えるだけでなく、肌内部の水分を逃さず保っていかなければなりません。

そのためにも肌のバリア機能を高め、水分をキープしていく必要がありますが、そんな時に「セラミド」は大きな力になってくれるでしょう。「セラミド」は肌表面の角層にあって強力に水分を抱き込みつつ、細胞間脂質の主成分として角質を満たします。セラミドは肌のバリア機能を高めるために不可欠な成分なのです。

化粧水がしみるようになっている方こそ、肌の水分をキープしてくれる「セラミド」や「コラーゲン」「ヒアルロン酸」のような保湿成分を補える化粧水を選んでケアしていきましょう。肌のバリア機能を高め、刺激を受けにくい肌へと導くためには、保湿が何よりも大切です。
ただし、これらの成分が少ししか配合されていなかったり、肌に浸透しにくい化粧水もあるので、その点で信頼できる製品を選ぶ必要があります。

肌の保湿は「肌の、水分を抱き込み保持する力」が重要

バリア機能が低下し、化粧水がしみるほど敏感になった乾燥肌のケアは、ただ単に水分を与えるだけではいけません。それはまるで、穴の開いたバケツへ一生懸命に水を注いでいるようなもの。

今回掲載した「おすすめ化粧水」は刺激を受けやすい、バリア機能の弱った乾燥肌にもソフトな使用感で、肌本来の力を底上げすることが期待できるでしょう。
もちろん、睡眠や食事といった「生活習慣」が大幅に乱れている場合は、ターンオーバーも乱れがち。肌を健やかに保つためには、生活習慣の改善も大切です。

顔だけ特に乾燥する!その対策方法とは?

顔だけ乾燥がひどい気がする。一番乾燥して欲しくない場所なのに「どうしてなの!」と文句を言いたくなりますよね。服に隠れた身体と異なり、顔は常に外に露出している場所。そのため、紫外線などの外的刺激を受けやすく、それを前提とした対策が必要なのです。

また、メイクをしている時間が長いため、ダメージが溜まりやすい箇所とも言えます。とはいえいつもノーメイクという訳にもいきません。ここでは特に「顔の乾燥」についてその対策方法を解説します。

顔の乾燥が老けて見える原因?

肌が乾燥するとどのような状態になるのでしょうか?肌のキメが荒くなる、ゴワつくようになる、透明感がなくなる、小じわが目立つ…。これらが全て「見た目で年齢を感じさせる」ことは、言うまでもありません。

行き過ぎた乾燥肌はターンオーバーを乱すため、このような肌トラブルが生じます。
ターンオーバーが乱れるとまず、未熟な角質細胞が表皮に出てしまい、乾燥肌対策をしても、化粧水がしみるようになります。そうすると、積極的な美肌ケアができず、水に近いスキンケアだけで対策をするために、キメや透明感が失われます。

また、そういったスキンケアは乾燥肌の根本対策ができないので更に乾燥が進行。その結果、小じわが目立ち始め、肌のハリが失われるほか、ゴワつくようになるのです。
これを隠そうと、化粧も厚くなり、肌への負担も増えるという「乾燥肌の悪循環」に陥ってしまいます。

乾燥対策の成分を知ろう(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン)

肌の水分をキープして乾燥を防ぐ重要な「乾燥肌対策3成分」を知っておきましょう。

  • セラミド
  • 表皮の1番外側に位置する「角質層」の水分保持力の約8割は「細胞間脂質」が担っています。そして「細胞間脂質」の約半分をしめる主成分こそが「セラミド」なのです。優れた保湿効果のほか、アレルギー性皮膚炎に対する効果、美肌・美白効果があるといわれています。

  • ヒアルロン酸
  • 1gで6リットルもの水分保持が可能な成分です。真皮に存在し、肌の潤いとハリを保ちます。

  • コラーゲン
  • 真皮に存在し、ヒアルロン酸などと共に肌ハリを担う物質。たんぱく質の一種です。

これらの保湿成分は、いずれも年齢とともに減少。 例えば、体内のコラーゲン量のピークはなんと20歳とも言われているのです。セラミドやヒアルロン酸も20代後半から30代にかけて、生産量が減少すると言われています。

これらの成分を化粧水などで補い、働きをサポートすることが、乾燥肌対策には大切。それこそが真の「エイジングケア」にもつながります。

乾燥肌対策としてのクレンジングと洗顔方法

乾燥肌の悩みで、顔が特に乾燥するという場合は、クレンジングと洗顔方法でも対策が可能です。
「洗顔」については、熱いお湯を避け人肌程度のぬるま湯を使います。また、シャワーノズルから直接顔にお湯をかけるものやめましょう。シャワーの水流は思っているより強いので、肌に刺激になり、乾燥を促進させてしまいます。

洗浄力の強い洗顔料やクレンジングも避けてください。乾燥肌への刺激を避けるため、「こすらない」「叩かない」ことも意識しましょう。洗浄力のおだやかな洗顔料を使っても、こすってしまってはなんの意味もなくなってしまいますよ。なお、皮脂が多くない方は、朝の洗顔は夜の半分程度でOKです。

「クレンジング」については、オイルクレンジングなどの洗浄力の強いものは避けた方が良いでしょう。クレンジングは敏感肌用のリキッドなど、肌に優しい設計で洗浄力の高いものを使うのが基本です。これによって、顔の乾燥の原因となる、強い刺激・洗浄を防ぐ対策になります。
いずれも洗顔ケア後は「すぐに化粧水とクリームで保湿すること」が一番の対策ですので忘れずに!

適切な乾燥肌対策で潤いとハリのある顔を実現!

顔の乾燥肌対策として有効なのは、正しいクレンジングと洗顔を行なうこと。そして乾燥肌に不足している保湿成分をしっかり化粧水で補うこと。これら2つの対策で、特に顔の乾燥を軽減させることが期待できるでしょう。

このようなケアは少なくとも年齢が気になる頃から取り組みたいですね。乾燥が特に気になる方なら20代から実践するのがベストと言えます。美しく潤いに満ちた肌とは「正しいケアがなされている、健康的な肌」のこと。

乾燥肌の「カサカサ・ヒリヒリ」を改善する方法

乾燥肌女性のみなさんは「肌のカサカサ・ヒリヒリ」で悩んでいませんか。乾燥肌女性の改善したい悩みの上位が乾燥によるカサカサ・ヒリヒリです。自覚のない乾燥肌の方でも、化粧のりが悪い方はすでに、「カサカサ・ヒリヒリ乾燥肌予備軍」の状態かも!

カサカサ・ヒリヒリ乾燥肌はエイジング現象を加速させ、見た目年齢を上げてしまうため、乾燥肌を改善する上で大きな問題。そのまま放置しておくと普段のお化粧もしみるような肌になってしまうかも…。今回は「肌の乾燥を進めてしまう2つの原因と対策方法」を知って、カサカサ・ヒリヒリ乾燥肌を改善しましょう。

乾燥肌ってそもそもどんな状態?

乾燥肌は、肌の1番外側に位置する「角質」の水分含有量が低下している状態です。多くの場合「皮脂分泌量の低下」や「セラミドの減少」などが関係しているため、ただ単に水分を補給するだけでは改善が難しいのです。

なお、肌の潤いをキープするための「セラミド」や「コラーゲン」などの産生量は25歳~30歳ごろから低下するといわれます。例えば水分保持だけでなく肌のバリア機能も担う「セラミドの不足」は深刻です。

セラミドが不足して角質層に隙間ができることで外的刺激を受けやすくなり、乾燥性敏感肌や慢性的な乾燥肌、アトピー性皮膚炎の原因にもなりえます。

このような肌では、水分だけでなく弾力や柔軟性もなくなり、見た目にも老けて見えがちに。乾燥肌の進行は、こんなに怖い結果を招くこともありますので、乾燥肌を改善することがとても重要ということがお分かりいただけたでしょう。

乾燥肌を改善する方法1(食事や生活習慣)

意外かもしれませんが、肌の乾燥は「食事や生活習慣」とも深く関係しています。逆に言えば、「食事や生活習慣の改善」はそのまま乾燥肌の改善へとつながるのです。

食事では、新陳代謝を活発にしたり、血行を良くする栄養素を摂ることを心がけましょう。ビタミンA,B,C,E、亜鉛などのミネラルは、不足すると乾燥肌の原因に。また、たんぱく質は肌をはじめ、髪や内臓など私たちの体の材料となるため充分に摂取しましょう。

フルーツ、卵、ナッツ類、サーモンなどがおすすめ。もちろん摂りすぎには注意してくださいね。甘いものやカフェイン、アルコール、辛いものなどの過剰摂取も肌に良くないため注意しましょう。

さて生活習慣では、特に「睡眠」が重要。睡眠不足は肌のターンオーバーが乱れる原因となりますよ。なお、衣類や寝具の摩擦も乾燥肌の原因となるため、肌触りの良いものを選びましょう。加湿器を使うなどして室内の湿度を保つとベターです。

乾燥肌を改善する方法2(スキンケア)

乾燥肌の改善には積極的なスキンケアが必要です。ただし、その方法を間違えると乾燥をより悪化させてしまうことも。まず、クレンジングではこすり過ぎず、摩擦によるダメージは避けましょう。メイクや汚れだけでなく、水分を守るために必要な皮脂までも落としてしまうと逆効果です。ポイントメイクについては専用のクレンジングを使用することで、肌へのダメージを避けることができます。

洗顔では、体温に近いぬるま湯を使用しましょう。冷たい水だと汚れが毛穴に残ってしまいますよ。なお、朝にしっかり洗顔をしてしまうと寝ている間に修復されたセラミドなどの細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)、皮脂を落としてしまうので、乾燥肌が気になるなら洗顔料を使わないほうがベター。混合肌の方は皮脂分泌の多い部分だけ洗顔料で洗い、酸化した皮脂を落とすようにすればOKです。

化粧水や乳液、クリームは「セラミド」など保湿成分の入ったものを選びたいですね。ただし化粧水のつけすぎはかえって乾燥のもとになるほか、クリームのつけすぎも油分過剰となり、皮脂分泌を促すためご注意を。

乾燥肌を改善する方法3(スキンケア)

乾燥肌の改善には積極的なスキンケアが必要です。ただし、その方法を間違えると乾燥をより悪化させてしまうことも。まず、クレンジングではこすり過ぎず、摩擦によるダメージは避けましょう。メイクや汚れだけでなく、水分を守るために必要な皮脂までも落としてしまうと逆効果です。

オイルクレンジングなど洗浄力の強いものではなく、クリームやリキッドなど、優しいながらも洗浄力のあるものが良いでしょう。洗顔では、体温に近いぬるま湯を使用しましょう。冷たい水だと汚れが毛穴に残ってしまいます。

なお、朝にしっかり洗顔をしてしまうと寝ている間に修復された「セラミド」や「NMF」(天然保湿因子)「皮脂」を落としてしまうので、乾燥肌が気になるなら洗顔料を使い過ぎないことが改善のポイント。夜に使用する量の半分程度の洗顔料を出すように意識しましょう。

化粧水や美容液、クリームは「ヒト型ナノセラミド」など乾燥肌に不足した保湿成分の入ったものを選びたいですね。さらに乾燥肌によるエイジングを改善するために、炎症を抑える「コウキエキス」や肌のコラーゲン産生を強化する「CVアルギネート」などの成分にも注目です。

20代後半から意識すべき乾燥肌に対する知識

乾燥肌の改善は「食事」「生活習慣」「スキンケア」と深く関係しています。何を食べるか、休息をどれだけとるか、そしてスキンケアでは何に気をつけるべきか。そのあたりの意識が少し変わるだけでも乾燥肌改善にはプラスとなっていくことでしょう。

一般的に30代以降は肌の保湿物質の生産量が低下しはじめると言われることから、ただでさえ乾燥しやすい条件が整ってくるため、化粧品選びとともに気を遣いたいポイントと言えるでしょう。


乾燥肌用の化粧水で悩んだら…
乾燥肌化粧水おすすめ!口コミで選ぶ乾燥肌向け化粧水


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

17