公開日:2017/05/26  最終更新日:2017/06/16

今日から取り入れたい!寝ながら「本物の二重」を作る秘訣とは

理想の二重まぶたを寝ながら作ることができる夜用のケアアイテムがあることを知っていますか?効果的に取り入れて、理想の二重まぶたを手に入れましょう。

二重まぶたの構造って知ってる?

意外と知らない!まぶたの役割とは?

まぶたの一番の役割は、眼球の保護です。定期的にまばたきをすることで、目の表面の乾燥を防いだりゴミやホコリの侵入を防いだりします。

また、まぶたの縁にはマイボーム腺と呼ばれる分泌腺があります。マイボーム腺からは目の表面に均一に涙を行き渡らせるための油分が分泌されています。マイボーム腺から分泌させる油分のおかげで、結膜は乾燥することがないのです。

さらに、まぶたは顔の表情を大きく左右するパーツでもあります。人は話をするときに人の目を見る習慣があります。そのため、まぶたは印象や容姿を左右する重要なパーツとなりメイクでも力を入れるポイントとなるのです。

二重まぶたと一重まぶたの違い

二重まぶたは上眼検挙筋により形成されています。上眼検挙筋はまぶたを持ち上げる力を持っており、皮膚に近づくことで枝分かれしています。枝分かれした一部分がまぶた板となり、一部はまぶたの周りにある眼輪筋を通り皮膚へとつながります。上眼検挙筋によりまぶたが開くときに皮膚へとつながっている上眼検挙筋の枝分かれ部分も引っ張られるため、二重まぶたになります。

一重の場合は、上眼検挙筋の枝分かれした部分が皮膚へとつながっていないため、二重が形成されなくなります。また、皮膚とつながっていたとしても弱かったり皮下脂肪かあったりすると、二重を形成することができません。このように、二重と一重には構造上の違いがあります。

二重まぶたにも種類がある?

よくよく見てみると、二重まぶたの形はいくつかの種類に分かれています。まずは平行型と呼ばれるタイプです。平行型は、目頭の部分から目尻まで一定の二重幅を保ったまま二重を形成しています。欧米人に多く、日本人の女性が憧れる二重の形だといわれています。

2つ目は、末広型と呼ばれるタイプです。日本人の女性に多く、目尻向かい二重の幅が広くなっているタイプです。3つ目は、奧二重タイプです。二重のラインがまぶた内側に隠れてしまうため、一重に見えてしまうこともあります。二重のタイプにより、目元の印象が変わってくるのでなりたい二重のタイプを決めておくといいでしょう。

寝ている間に二重になれるアイテム3選

夜用アイプチで寝ている間に二重のクセをつける

まぶたに専用の接着成分をつけてから二重ラインをつけるように接着することで、手軽に二重になることができるアイプチ。実は、寝ている間に使うことができる夜用のアイプチがあるのを知っていますか?

1日のうちで睡眠時間は意外と長く平均すると6時間から8時間くらいになります。日中にアイプチを使用しても、睡眠時間に何もしないでいると元に戻りやすくなります。そのため、睡眠この時間にまぶたにクセをつける、より二重を維持しやすくすることができるといわれています。

日中用のアイプチと比べると、夜用のアイプチには美容成分が多く含まれているのが特徴です。ただし、接着成分となるため肌の弱い人は様子を見ながら使用するのがいいでしょう。

夜用アイテープで翌朝はくっきり二重に

夜用アイプチと同様に、寝ている間にくっきりとした二重のラインをつけることができるアイテムが夜用アイテープです。細いテープをまぶたに貼り付けて使用します。好みの二重のラインをつけるようにプッシャーを押しあてることで、翌朝には二重ラインをつけることができています。誰でも簡単に使うことができるのも、夜アイテープの大きなメリットです。

アイテープは医療用に使用されているがぶれにくい材質がほとんどなので、寝ている間つけていても負担が少なく、剥がれにくいといわれています。翌朝には二重ラインがついているため、朝のメイク時間を短縮することができるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

まぶた専用美容液で二重まぶたを作りやすくする

一重まぶたの場合は、上眼検挙筋の力が弱いため、まぶたを上に引っ張り上げる力が不足していると考えられています。そのため、まぶたを引き締めて二重のラインを維持しやすくすることを目的としているのがまぶた専用美容液です。寝る前にまぶたに塗るだけで、美容成分が浸透してまぶたのたるみを改善する効果が期待できます。

また、普段からアイプチやテープなどを使用している場合は、まぶたの荒れも改善できるといわれています。就寝時に使うことで、肌のターンオーバーに合わせてより高い効果が期待できます。二重まぶたを維持するための土台作りとして、使用するとよさそうです。

寝る前のまぶたケアも忘れないで!

まぶたのむくみを解消するリンパマッサージとは

二重まぶたと一重まぶたは構造が違うため、突然二重まぶたになるケースは稀だと考えられています。しかし、二重になれる構造を持っている場合は、まぶたの慢性的なむくみを解消することで二重になる可能性があります。そのため、就寝前にむくみを解消できるリンパマッサージをとり入れてみるのは、効果的だといわれています。

リンパマッサージを始める前には、目元を暖かい蒸しタオルで温めるといいでしょう。目の周りの血流が改善することでよりマッサージ効果を高めることができます。また、まぶたは皮膚が薄く刺激を受けやすい部分でもあります。あまり強くこすりすぎないように注意することも大切です。

効果的なまぶたのリンパマッサージのやり方

効果的なまぶたのリンパマッサージは次のような手順で行うといいでしょう。

  1. まずは、眉毛の下にある骨の内側を触ります。親指を横向きにして腹の部分を使いながら、骨の際を刺激していきます。このときに、顔の中心から外側へと少しずつスライドさせるのがポイントです。
  2. 次に、目の下の骨に沿ってリンパを刺激していきます。中指を使い、顔の中心から外側に向かい3秒ほど押しながらずらしていきます。
  3. 最後にこめかみを刺激します。こめかみは中指と人指し指の指先を使い、5秒ほど押しては離すをくり返します。このときに小さな円を描くようにして、こめかみを刺激するのもいいでしょう。そして、こめかみをほぐしたら鎖骨へと指先を下ろしてリンパを流します。

まぶたの保湿ケアも忘れずに

まぶたの周りは皮膚が薄く、血液が滞るとむくみやすくなり腫れて見えることがあります。むくみ対策は、保湿ケアでもすることが可能です。

乳液や化粧水などのスキンケアアイテムでうるおいを与えた後に、アイクリームを使い保湿することで、血流を改善することができます。特に、ヒアルロン酸やセラミドなどの成分は水分を抱えこむ力があり、保湿力を高めてくれるといわれています。

アイクリームを選ぶときには、これらの成分が配合されているものを選ぶといいのではないでしょうか。まぶたのむくみを改善させることで、二重ラインを作りやすくったり維持しやすくなったりするといわれています。

寝ながらケアできる二重アイテムで理想の二重に

  • 夜用のアイプチやアイテープで、翌朝には二重ラインに
  • まぶたのむくみを解消することで、二重ラインを維持しやすくする
  • むくみを解消するには、まぶたのリンパマッサージが効果的

一重まぶたと二重まぶたは構造が違うといわれています。しかし、寝ている間に手軽にケアできる二重アイテムを使うことで、理想の二重ラインに近づけることができます。さらに効果を高めるためには、普段からまぶたのむくみを解消するケアを取り入れるといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,695



ページのトップへ