公開日:2018/05/31 

ダイエットをしてもうまくいかないのはリバウンド?その原因や方法

食べ物を工夫してから体を動かすなど、がんばって痩せようとする人は多いでしょう。しかしそれでもうまく成功しないのが、その後に来るリバウンドがあるからです。

痩せるためなら間違いなく通る道でしょうが、これにもしっかり原因があり、正しい方法を守っていれば起こりません。詳しくチェックしてください。

リバウンドは食事を少なくしてダイエットするのが原因

痩せるために必死に食事の量を少なくして、がんばって体重を減らしたのに、今では元に戻っている…なんて人は多くいるはずです。

それが俗にいうリバウンドですが、もともと食事によって体にため込んでいって、体重がふえています。

つまり痩せようとしてリバウンドする原因は、食事と深く関わりがあるはずです。そこでリバウンドを止める方法について、少し見てみましょう。

食事をどうにかすれば、意外に簡単に解決できてしまいます。

単品だけでなくバランスのいい食事を目指そう

ちょっと調べた情報でも、「この成分が痩せられる!」と目にするでしょうが、これをすべて信じて活用した人はリバウンドをよく起こしているでしょう。

たしかにその成分は痩せられる効果を持っているものです。しかしいくら痩せようとしていても、そればかり口にしていると、食べている本人は絶対に飽きてきます。

そして痩せる前か、ダイエットに成功したとしても、たくさんの量を食べてストレスを発散させてしまうでしょう。

つまりダイエットでポイントとなるのは、その成分に絞ってするのではなく、バランスよく食事をしてみてください。

あれはダメ!これはダメ!と注意している情報もありますが、基本的に体に必要なものは痩せられる効果を持っているものです。

カロリーや糖質さえ気にしていれば、食べられないものなんてありません。

無理をせずに食べたいものを食べられる食事の知識をもつ

先ほどと似ていますが、ストレスをためたあとには、食事で発散する可能性が高くなります。とくに食事で受けたストレスが強い場合は、発散できるものが食事です。

無理に食べる量を少なくして痩せる人は、どこかでストレスを発散しないと、失敗してしまうでしょう。

最初からそのストレスを少なくしておけば、食べすぎてしまう心配もないので、好きなものを食べられるように知識をつけておくのがポイントです。

そうすれば簡単に、食べたいものが口にできる方法を見つけられるでしょう。

例えばカロリーを計算できるようになっていれば、どれくらいのものが食べられるかすぐにわかります。

運動を取り入れないと食事で無理をしてしまう

そもそも食事だけでダイエットをしようとする場合、その時点で無理をすることになるでしょう。

もともとこの方法では、カロリーが使われる場合が多く、細かく計算しないといけません。さらに食べていいものがへってしまうでしょう。

つまり体を動かさない人は食事を少なくしないと、痩せられません。

リバウンドをさせなくするには体をよく動かして余裕を作り、好きなものが食べられる環境を作ると、ストレスがなくてダイエットが続けられます。

リバウンドするのはダイエットそのものの失敗

1度痩せたらもう2度と痩せられなくなるわけでなく、何度も運動や食事を我慢しなければいけません。それは少なからずリバウンドをしたからで、どこかに原因があるはずです。

結局のところ食べたものが使うカロリーを上回った時点で太ってしまうので、これが原因なのは間違いありません。

なぜそんなことが起こっているのか、よく目にする原因を見てみることにしましょう。

過度なダイエットから来るストレスで食事量が増える

まず代表的なリバウンドの原因はストレスです。仕事などもあるでしょうが、食事でストレスを少なくさせる場合のほとんどは、食べものを我慢して起こっている可能性が高いでしょう。

言い方を変えるとダイエットのキツさからストレスがたまっており、仕事などのメンタル面が引き金になって、たくさん食事をして発散させようとした結果リバウンドをしたわけです。

食事を我慢していなければ、そのストレスを食事でなんとかバランスを保ちます。

つまり食べものでストレスをためていたら、リバウンドをする可能性が高くなるので、なるべく食べたいものが食べられる環境を作っているのが重要だというわけです。

必ず訪れる停滞期!食事を戻すと大変なことに…

もともと体を細くさせようとする場合は、とにかく普段より栄養が足りなくなっているでしょう。

その影響で体はその少ない栄養でも生きていけるように、脂肪を使わなくても生活できる、一種の停滞期になります。

つまり防衛本能でどんな対策だろうと、体重が少なくならないでしょう。

そこでもう痩せられないと勘違いをし、今までどおりの食事に戻してしまい、省エネ状態のまま栄養が蓄えられて急激に太ってしまいます。

ですから必ずダイエット中は体重が減りにくくなる時期があると意識し、あきらめずに食事をそのまま継続するのがポイントです。

運動をしていないとむしろリバウンドする

もともと体にたまった脂肪は食べたカロリーが、そのまま体に残されます。つまりこの原因は使いきれなかった結果なわけです。

それでも体の脂肪を少なくしたいのなら運動で使い切るしかなく、これがたりていないと自然と体重が多くなって、ダイエットになりません。

つまり運動が日ごろからできていないと、リバウンドするかもしれないでしょう。

ですから習慣として運動を続けていると体に筋肉がついていくので、代謝があがっていき、自然とカロリーが使われるようになります。

運動を心掛けていると、リバウンドすることはありません。

ダイエットでリバウンドしない為には”短期間で無理に痩せる”事をやめる!

女性ならだれもがきれいなスタイルを維持したまま、生活を送りたいものです。しかしなかなかうまくいかないのは、リバウンドをするからでしょう。

この原因は基本的に無理をして、そのストレスのはけ口が食事にいったときに起こります。

つまりなるべく無理をせずにバランスよく食べるようにし、食べたいものがあれば、食事の知識をもとに食べられるように対策をうてばストレスもたまりません。

ですから短期間で痩せられるようにするのではなく、効率よく知識を使って食事を管理し、運動も取り入れるとリバウンドがなくなるでしょう。

ちなみにダイエットというくくりをやめて、常に運動や食事を続けられていれば、リバウンドだって起こりません。それくらい長期間を視野に、うまい方法を取り入れてみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

64



ページのトップへ