公開日:2018/08/08 

週1の頻度でも効果大!加圧トレーニングダイエットの方法について

血流があまりいい状態でないと、体が冷えてしまって体を絞りにくくなってしまうでしょう。

そこで加圧トレーニングを組み合わせると、ちょっとした時間で痩せられるだけでなく、引きしまったきれいな体を作れます。

しかし正しい方法や頻度を守らないと、うまく効果が出ないばかりか、体調だって悪くなってしまうんです。

高い効果で評判!ダイエットしやすい方法で続ける加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングと言われても何をするものなのか、ピンとこない人もいるのではないでしょうか。加圧トレーニング基本的に筋肉を鍛える方法になります。

しかしただ筋トレをしているだけだと、どうしても毎日続けなければならない必要があるので、忙しい人は面倒になってしまうでしょう。

そこでこの方法がちょうどいいといわれており、頻度を減らしても大丈夫です。というより減らさないと効果が出ないばかりか、体調が悪くなってしまうので、それくらい痩せられるものだと期待してもいいでしょう。

もともと加圧トレーニングをするには、トレーナーがついて体を動かすものです。無理をして自己流で続けていると、めまいなどの体調にも関わってくるので、必ずジムなどへ行って指導してもらいましょう。

適度なストレッチで筋肉をほぐしてベルトなどで腕や足の根元を締める

筋トレを中心にダイエットをしていくのが、この方法のポイントとなります。つまり筋肉が重要となるので、しっかりほぐしてからこの方法に入りましょう。

固くなった筋肉は血液の流れを悪くするうえに、体がうまく動かせなくなって、加圧トレーニングがこなすことができなくなってしまうのです。

慣れてしまってからもしっかりストレッチなどの、準備をして加圧トレーニングをしてください。体がほぐれて準備が整ったら、鍛えたいところの根元付近に、ベルトで正しい圧をかけて締めてもらいましょう。

必ずトレーナーに任せること

もともと加圧トレーニングとは、血液を流れにくくするために、ベルトなどで縛って体を鍛えるものです。

そうすることでホースを押しつぶしたら、水の勢いが増すように、血流が逆によくなる方法を取り入れています。

もちろんこのベルトなどの締め具合は日によって違うので、必ずトレーナーに任せるようにしましょう。

逆に圧をかけすぎたら、血液の流れが悪くなりすぎて効果が出ないうえに、場合によったら体調が悪くのも目に見えています。

つまりこの方法はベルトなどを使って、物理的に正しく血管を細くさせておいて、血液の流れをよくさせるということです。

ベルトなどをしたところを休みなくちょっとした筋トレで鍛える

血管を圧迫した状態になったら、筋トレを始めるといいでしょう。もちろんキツイと思うほど、体に負担がかかる方法は必要としていません。

圧を加えている状態になっているので、とくに強い負荷をかけなくても、効果が出せるんです。

だからこそあまり無理をせずに、続けるのが無難であり、それよりも回数を気にすると効果があるでしょう。もともと重さで鍛える方法は、細胞を壊すために使うのですが、加圧トレーニングと似ているんです。

つまり重さで細胞を壊しつつこの方法までしたら、それこそ2重に圧がかかって筋肉が大変なことになってしまうでしょう。ですから重さはほどほどにして、回数で稼いだほうが効果を出せるわけです。

筋トレ後は酸素がとり込めるほどの軽い運動も加える

これだけでも十分に筋トレとしての効果を出せていますが、ダイエットとなると加圧トレーニングだけでするというのは、あまりよくありません。

このダイエットだと効果が出るのが遅くなってしまい、どうしてもやる気が出なくなるからです。

軽い運動も重要

そこで加圧トレーニングをしてから、空気を吸えるほどの軽い運動をすると、脂肪を減らしてくれます。

とくにベルトなどを取り外したあとは、血液の流れがよくなって、効果が上がりやすいタイミングになります。

歩くなどの軽い運動でも効果を出しやすいので、すぐにやってみるといいでしょう。

ちなみにこの運動も20分くらい続けないと、脂肪を減らすスイッチが入らず、うまく効果を発揮できません。

血液の流れをよくするホルモンが出ている、このタイミングに合わせて、20分くらい軽い運動を続けましょう。

週1の頻度がベスト!短期間にたくさん加圧トレーニングダイエットするのはダメ!

基本的に体の働きをうまく使っており、ちょっとでも間違ったものを取り入れると、体調にも影響が出てしまいます。とくに頻度に関してはその仕組みが重要になってきます。

ダイエットは体重を減らすために必死になりがちで、毎日続けたいと思う人が多いでしょうが、この仕組みの影響で頻度は抑えたほうがいいでしょう。

毎日加圧トレーニングをしていたら、体調を崩したという声もあるほどなので、絶対に続けないでください。

加圧トレーニングは筋肉を傷つけて鍛えられる!だからこそ毎日はNG!

なぜ毎日してはいけないかというと、それは筋肉が大きくなる仕組みを知っておく必要があります。

傷が完治するまでは効果を得られない

もともと筋トレとは筋肉を崩壊させて、それ以上に大きくなるという体の働きを使っているのです。

この細胞が壊れたところは傷と同じなので、同じことをしても壊れないように前よりも頑丈に治してくれます。

この傷が完全に治されるのが3日かかるため、その期間内に筋トレをしてしまっても何の効果もありません。

むしろケガをするケースが多いので、毎日続けるメリットがないわけです。

しかも加圧トレーニングはいつもより負荷をかけた方法なので、より一層この期間を守ったほうが効果を発揮します。

3日に1回でも効果があるけどムキムキになりすぎる…

では3日に1回くらいがいいわけか…と思うでしょうが、これはあくまで筋肉をつけるための方法なので、ダイエットとしてならコレもやり過ぎでしょう。

1ヶ月という長期間から見てみると、頻度としては多くなってしまうので、筋肉がつきすぎて体つきが理想とかけ離れてしまうわけです。

1週間筋肉を休ませる

女性らしい体とはムキムキになることではなく、健康的で細くて引きしまった体型でしょう。そんな体を作るなら1週間筋肉を休ませると、ちょうどいい感じになります。

逆をいえばそれくらいの期間休みながらできるわけですが、その間は歩いて脂肪を燃やす軽い運動に切りかえれば効率がいいでしょう。

加圧トレーニングでのダイエットはまずジムで教わるのが理想的

面倒になって続けられない…という人の多くは、間違いなくジムにいくのも面倒と思ってしまいます。

加圧トレーニングもベルトを巻くだけでいいからこそ、自分でもできそうと勘違いしがちですが、実際は危険です。

もともと血管に圧をかけて筋トレをするので、体調を悪くする原因となってしまいます。

面倒に思ってもジムへ行って、専門の知識を持ったトレーナーに、見てもらうのが1番です!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

192



ページのトップへ