公開日:2018/04/12 

あなたは大丈夫?自分では気づきにくい”ダイエット中の臭い”原因と対策

ダイエットをしている時、気をつけたいのが「ダイエット臭」です。ダイエット臭は自覚しづらいため、自分で気づくために時間を要することがあります。

周囲も言いづらいため、自分で気づいた時には結構ひどい臭いになっていることも珍しくありません。ここではダイエット臭の原因と対策について紹介します。

ダイエット中の臭いって知ってる?

ダイエットの時に極端な食事制限で肌荒れや髪を傷めてしまうことは知っている人も多いでしょう。

しかし、ダイエット臭については知らない人も少なくありません。こちらでは、ダイエット臭がどんなものかについて説明します。

ダイエット臭はどんなものか

ダイエット臭といっても、どんな臭いがするのか分からない人もいるのではないでしょうか。どのような臭いかというと、独特の甘酸っぱい臭いです。

ほとんどの場合が自分では気づけずに、周囲から「臭い」といわれて自覚する人が多いです。ダイエット臭だけではなく、体臭や口臭も自分では気づきにくいものです。

しかし、ダイエット臭に気づくための方法もあります。それは「おしっこの臭い」に注意しておくことです。ダイエット臭は身体だけではなく、おしっこからも臭うのが特徴です。

おしっこをした時に、甘酸っぱい臭いを感じる場合はダイエット臭が出ているのだと思いましょう。

ただ、すべての人がおしっこからダイエット臭がするわけではないので、それだけを判断材料にしないようにしてください。

ダイエット臭は治らない場合もある

ダイエット臭は、基本的に原因になっていることを改善することで治ります。しかし、ごくまれにダイエット臭が治らない場合もあるのです。

これは、ダイエットが原因ではなく「糖尿病」などの病気からくる臭いかもしれません。ちなみにダイエット臭は糖尿病などの病気の時にも同じ臭いがします。

一般的にケトン臭と呼ばれるものであり、ダイエット方法などを改善しても臭いが収まらない場合は病気を疑いましょう。その際は放っておかずに、きちんと病院で診てもらうことをおすすめします。

ダイエット臭は体臭だけではなく口臭もありえる

ダイエット臭は体臭として現れることがほとんどですが、口臭として出てしまうこともあります。このダイエット臭は口臭として出てしまうと、口臭対策をしてもなかなか消えてくれないことが多く悩みの種になります。

なぜ、体臭として出るはずのダイエット臭が口臭として出るのかというと、原因になっているケトン体が血液中に多く含まれてしまい、体中に流れてしまっているからです。

血液に含まれている成分は、肺に大きく影響を与え、それが口臭として出てしまうのです。口臭として出てしまうと、体臭よりもキツい臭いになる人もいるようです。

ダイエット中の臭いの原因と対策

ダイエット臭はどのように発生して、何をすれば改善できるのでしょうか。原因が分かれば、後は改善するだけなので簡単に思えます。

しかし、ダイエット臭はなかなか消えてくれないので、ダイエット臭が出ないように対策をすることが大切です。

ダイエット臭の原因とは

ダイエット臭の原因、それは「間違ったダイエットをしているから」です。ダイエット臭が出ている時点で、現在行っているダイエット方法は間違っているのだと思いましょう。

ダイエット臭の原因となっているのは、過度の栄養不足による代謝低下が原因といわれています。代謝が低下すると、ケトン体が増えてしまい、それが甘酸っぱく不快な臭いを発生させているのです。

そのため、原因は「食べていないこと」なので、不足している栄養をしっかり補うことで代謝をあげていき、ケトン体を減らしていくように心がけてください。

ダイエットは「食べることを我慢」というイメージもありますが、やりすぎることによって健康だけではなく悪臭を放つことになるので気をつけなければいけません。

ダイエット臭の対策とは

ダイエット臭の対策、それは栄養バランスを考えた食事を摂ることです。栄養が不足することで、ケトン体が増えてしまいます。逆をいえば、きちんと栄養を補っていればダイエット臭を放つ原因を生み出さずに済むのです。

ダイエット中に食事制限は当たり前のようにありますが、それが原因で悪臭が出てしまっては本末転倒です。余計な悩みを作らないためにも、無理のないダイエットを実践していきましょう。

規則正しい生活を心がける

ダイエット臭の予防として、食生活の改善だけではなく、夜更かしもせずに規則正しい生活を心がけることをおすすめします。

睡眠不足なども代謝低下をさせてしまうので、ケトン体が作られるので注意しなければいけません。

更に糖質制限ダイエットをしている人は、特に気をつける必要があります。過剰な糖質制限を行うことで、ダイエット臭が発生するからです。

なぜ糖質制限でダイエット臭がするのかというと、糖尿病によってケトン臭がするのと同じ原理といわれています。

他のダイエット方法と比べて、ダイエット臭がしやすい方法となるので、きちんと身体に必要な糖を摂取するようにしましょう。

ダイエット臭は一度発生してしまうと、すぐに解消が出来ません。そのため、発生させないために予防や対策をすることが大切なのです。

ダイエット中の臭いはダイエット後にも残る可能性があるので注意

ダイエット臭は、原因の改善を行ってもすぐには消えてくれません。ダイエットをやめても、ダイエット臭のみが残ってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

発生したら二度と消えないわけではありませんが、改善のためにかなり時間がかかる人もいます。

ダイエット臭の消え方についても、個人差はありますが臭いがひどければひどいほど解消されるまでにも時間がかかるのだと覚えておきましょう。

ダイエット臭は自覚しづらいので、ダイエットをしている人は尿の臭いを気にかけておくと、自分でも自覚しやすくなります。甘酸っぱい臭いではありますが、決して良い臭いではないので周囲にも迷惑をかけてしまいます。

ダイエットをしたことで、他人から距離を置かれるのは悲しいので、やりすぎないように気をつけてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

31