公開日:2018/07/27 

ダイエット日記で痩せる意識を付ける!おすすめのアプリと書き方

仕事などをしていたら毎日の習慣などは見えにくいもので、いつの間にか乱れた生活をしていた…なんて話はよくあります。

そこでダイエット日記をつけてみると、一日の流れを把握できるので、間違っていた習慣を見直すことができて失敗を少なくすることができます。

しかも日記といっても手書きではなく、今ならちょうどいいスマホ向けのアプリが出ているので、気軽に続けることができるでしょう。

ダイエット日記を付けると痩せるその理由

そもそも毎日何かしらの対策を続けていないと、体は細くなりにくいものですが、忙しいとそのことを忘れてしまうものです。

しかし寝る前というのは少しでも時間がとれるわけですから、そのときにダイエット日記をつけてみると、間違った習慣をすぐにわかることができるでしょう。

日記というと出来事を残していくイメージですが、その機能をうまく利用したのが、この方法の特徴になります。

だからこそ、ダイエット日記をつけるだけでも意識が変わってきて、痩せられるというのがわかるのではないでしょうか。

運動のメニューなどをチェックできて反省できる

ダイエットをする際に、まずやるべきことといえば運動ですが、その内容を残しておくと、一日にどれくらいの運動量をこなしたのかが把握できます。

逆をいうと運動をさぼっていると、それもすぐに記録を見るだけでわかってしまうため罪悪感だってでてくるはずです。

その気持ちを忘れずにいると、次の日からいつもより多く運動をしようと、やる気だって出せるようになるのが効果といっていいでしょう。

それくらい反省ができるので、痩せられる原動力にできるわけです。スケジュールを細かく残していると、運動量が把握できるので、そのあたりも成功するポイントとなります。

しっかりと記録する!

なるべく一日の内容を、しっかりと記録しておくといいでしょう。だからこそいつも持ち歩いているスマホに、ダイエット日記用のアプリを入れておくと、ちょっとした空き時間に入力できてしまいます。

食事の内容がすぐにわかるので対策がたてられる

また体に栄養をとり込むためにする食事でも、ダイエットではかなり重要な部分になってくるので、そのレシピについても記録を残しておきましょう。

手作りのときはダイエット日記として残しやすいですが、惣菜などの出来上がったものを食べた場合は、入っているものをしっかり確認してから食べるようにしてください。

食材によってはわかりにくいものが多いですが、できる限り細かく情報を残しておくというのが、この方法のポイントとなります。

誰かと食事にいくときは忘れがちですが、そんなときは食べたものを写真で残しておいて、あとで確認できるようにすると入力漏れを防ぐことができるでしょう。

そして食事の内容を見直して、異常に食べた量が多いのなら、次の日に量を減らすなどの対策が立てれます。これがダイエットの日記をつけるメリットですから、細かく残していくほうがいいわけです。

何をしても体重の減らない時期がわかってやる気を維持できる

必ずといっていいほど、食べる量を減らしたのに効果がない…と、落ち込む時期がやってくるでしょう。これは何をしても変化がない停滞期なので、それほど気にせずに続けてください。

この方法が合わないからと、やめてしまうことのほうが間違った選択です。しかしダイエット日記をつけていて、そのタイミングで見直した場合、その時期に入っているのがわかります。

停滞期は重要な期間

この時期はダイエットを始めてすぐに出る症状で、2kgくらい減ったらなかなか体重に変化が来ません。

これは体の機能がそうなっているので仕方のないことで、体調をくずさないように守ってくれているからです。

痩せたい人からしたら邪魔な期間でしょうが、体調を保つ意味では重要になってくる期間です。

ダイエット日記をつけていたら、停滞期に入ったのがすぐにわかるので、やる気がなくなるのを防げます。

おすすめのダイエット日記アプリとうまく使える日記の書き方

体を絞るためにはできる限り、一日の習慣を残しておいたほうがいいということがわかったのではないでしょう。

しかしそれは正しい書き方ができていないと、意味がないものになってしまいます。必要なことが書かれていないものだとただの日記になってしまうので、ダイエットには役立ちません。

そこでダイエット日記に残しておくべき内容をしっかりと把握して、一日の習慣を残しておくようにしましょう。

成功するにはこの項目は必ず外さない!

まずダイエットをする理由をはっきりと決めておかないと、気持ちがブレてやる気がなくなってしまいます。特に理由がないのであれば、せめて目標の体重を残しておくのもダイエットをするうえで重要です。

体重

そしてその体重を毎日同じ時間に測って、その記録も残しておかないと、どういう行動で体重が減ったのかわからなくなってしまいます。

本来なら朝起きてからすぐ、そして夜に測るのがいいのですが、余裕がなければ体重を測るのをどちらか一回にしても問題はありません。

食事内容

さらに一日のうちで食べた食事内容も忘れずに記録します。わかる範囲でいいのでカロリーなどの細かい情報を残しつつ、写真でも撮っておくとなおわかりやすくなるのでおすすめです。

運動に関しても同じで、体を動かした時間やそのメニューに関しても、残しておくといいでしょう。毎日同じメニューをしても、記録を残しておけばあとで見直したときに役立ちます。

一日のスケジュール

またその日一日のスケジュールも書いておくのが、ダイエット日記の書き方の特徴です。ストレスがたまった出来事などの精神面までわかって、それをどう解消できたのかまでわかってしまいます。

そして最後に1日やってきたことの評価をつければOKです。

ダイエット日記はペンで書かなくてもOK!アプリを使えば気軽!

上記の内容をすべて日記帳に残すのも楽しいものですが、実際はそこまでできないでしょう。

そこで気軽に続けるために、スマホのアプリを使ってダイエット日記を残しておくのが、かなり簡単でおすすめです。

その中でもダイエット日記としてちょうどいいアプリがあるので、参考にするといいでしょう。

体重の数値を残していくシンプルダイエット!メモをつけられるのが便利!

このアプリは基本的に体重を記すためにできたものですが、かなり使いやすくて、しかも無料で使えます。

とくにメモ機能が好評で、細かいことろまで入力できて、ダイエット日記にちょうどいいでしょう。入力の方法としても簡単なので、気軽に使えて便利です。

外食する人にも便利な超簡単レコダイエット!

上記で紹介したものは、かわいらしいデザインをしており、それに抵抗があるなら、シンプルなこのアプリおすすめです。

体重を残せるのはもちろんのこと、食べたものを写真で残しておける機能や、さらにカロリー辞典というものだってあります。

ファーストフード店のメニューが、そのまま計算されたものも準備されているので、使い勝手がいいアプリです。

生活習慣も見直せて健康的になれるダイエット日記!

忙しい日々に追われてしまうと、体調を調整するというのも大変になってきます。しかしダイエット日記をつけていればその習慣も見直しやすく、失敗が少なくできるメリットが大きいでしょう。

必ず体重や食事の内容、運動のメニューなどの正しい書き方を守って、面倒くさがらずに習慣にすることを意識してください。

アプリで入力するだけでも、気軽に続けられます。するとダイエットだけでなく、健康の面でも反省ができるようになれるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

215



ページのトップへ