公開日:2018/08/28 

ダイエット中にもケーキが食べたいならカステラがおすすめ!

甘いものは体に脂肪としてため込む特徴があり、なるべくダイエットの最中には、控えるべき食べものです。

しかしカステラは甘くて糖質が高めにも関わらず、とくに食べても問題ありません。

それはカステラで使われている材料とも関係があり、そのおかげでダイエットをしていても、邪魔にならないようにできているんです。

ケーキがほしいけどカロリーが…そんなダイエット時にはカステラ!

本来ならご褒美にとおやつがほしくなるのが、女性としては普通でしょう。

とくにケーキを見てしまうと味を想像してほしくなるでしょうが、カステラに変えてあげるだけでも邪魔になりません。

もともとどちらも甘いものとして有名なお菓子ですが、なぜケーキとの違いが出ているのか気になるでしょう。

じつはカステラは食べても脂肪になりにくく、ダイエットをしていても、体重が増えにくい特徴を持っているんです。

同じくらいのカロリーだけど糖が体にたまりにくくて腹持ちがいい

そうなる理由はカステラを食べたときの、糖質の流れに関係があります。

この栄養は体の燃料となってくれる効果があり、それを使い果たさないと体にたまってしまうんです。

だからこそなるべく糖質を少なくしたほうが、脂肪がたまりにくくなり、ダイエットに支障ができなくなります。

ちなみにカロリーに関しも同じで、少ないほうが脂肪になりにくく、数値を確認してからダイエットで使いましょう。

ではカステラとケーキはカロリーなどの数値が、どのようになっているのか気になることです。

実は100gで計算すると、それぞれ300カロリーを超えており、同じくらいと思っていいでしょう。

さらに糖質に関してはカステラのほうが多く、60g以上入っていて、脂肪になりやすい特徴があります。

カステラは糖質が体にゆっくりとり込まれる

それなのになぜダイエットがしやすいのかというと、この糖質が体にゆっくりとり込まれる特徴を持っているからなんです。

これが遅いと脂肪になるのも遅くなり、たまる前に燃料して使えるメリットがあります。

ケーキは反対にすぐに脂肪としてため込んでしまい、燃料として使えないという構造になっているんです。

この違いが大きく、いくら糖質が高くても脂肪にならないのなら、安心できるでしょう。

さらに糖質が血液中に増えない場合、お腹がいっぱいになっていると勘違いしてくれるので、食欲だってカットできます。

油を使っていないうえにたんぱく質がタップリで代謝を高められる

上記の栄養以外にも脂肪になるものは多いですが、その代表的なものが脂質という油です。

ケーキにはたくさんの油が使われているため、これがダイエットの邪魔をしてしまうでしょう。

カステラの特徴とは

しかしカステラは油が入っている材料が少なく、脂肪にならないという特徴があります。

さらにカステラには卵が使われているので、たんぱく質だって体にとり込めることができます。

この栄養は筋肉を増やしてくれるので、運動をしていれば代謝が高められるんです。

とくに筋トレを中心に続けていると、ちょっと体を動かすだけで汗をかいて、ダイエットしやすくなるでしょう。

切り分けてしまえばカロリーが抑えられる

しかしそれでもカロリーなどが多いのには変わりがないため、なるべく食べる量を少なくして、それでも満足できるようにしたいところです。

それをできるようにするには、買ってきた最初の段階で1回分の量を切り分けておき、そのまま保存しておくだけでいいでしょう。

するとダイエットを始めたときには、それを1切れずつ食べるようにすれば、うまくカロリーをカットできます。

もともと100gも食べていたら大変になってしまいますが、1切れにカットできていると、その半分くらいにおさえられるでしょう。

市販のカステラはやめて本格的なものを食べるともっと効果的

このおやつに馴染みが深いのは、すぐに手に入って食べられるからです。

しかし市販されているものは、痩せる邪魔になるものばかりが使われており、おやつとして食べたら失敗するでしょう。

そこで昔から手作りされているようなカステラにすると、卵の量を多く使っており、脂肪になりにくいものばかりでできているんです。

つまりダイエットで食べるなら手作りの、本格的なカステラを見つけて、それを使うのがこの方法の基本となります。

血糖値が上がりにくいカステラと食べ合わせを工夫してダイエット!

たしかにケーキよりは体を絞るときには役立つおやつになりますが、もっと効果をだしたいのであれば、一緒にとるものを変えるとうまくその効果を活かせられるでしょう。

もともとカステラはパサパサとした印象のおやつなので、飲みものは外せないはずです。そこでダイエットをしているときの飲みものとして、ちょうどいい食べ合わせのものを紹介します。

抹茶味だと糖をカットできてデメリットを消せる食べ合わせに

もともとカステラの悪いところは、カロリーなどの数値が高いところでしょう。これは抑えられる飲みものを使えば、脂肪にならずダイエットができてしまいます。

抹茶との相乗効果は?

その特徴がある飲みものとして有名なものが抹茶です。この飲みものは糖質をゆっくり体にとり込められる効果が高く、カステラとの相乗効果が期待できます。

さらにカロリーから脂肪になるものを、もやす効果だって隠しもっているので、デメリットを少なくすることができるわけです。

カステラの中には抹茶味というものもあり、わざわざ飲みものを買ってこなくても、これひとつで済ませられるメリットもあります。

コーヒーを飲みながらカステラという食べ合わせでも効果大

甘いものを食べると苦い飲みものが欲しくなるでしょうが、それこそコーヒーがピッタリです。

この飲みものもカロリーが高いカステラのデメリットを減らす効果があり、体にたまった脂肪をもやすことができます。

つまりカステラを食べたあとに飲んでおくと、その効果を実感できるでしょう。

さらにホットにして飲むと高い効果を発揮でき、インスタントではなく、ドリップしたものだともっとおすすめです。

カステラはダイエット中の朝ご飯代わりに食べるのも◎

体にたまるまえにゆっくり燃料を使えるようになるのが、このおやつの大きな特徴になります。

だからこそ朝ごはんにしておくと体を動かす時間が長いわけですから、脂肪になりにくくなるわけです。

もちろんそれができないのなら、おやつとして食べるとお腹が減りにくい効果を活かせることができ、夕食の時間まで無駄なものを食べなくて済むようになるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

226



ページのトップへ