公開日:2018/07/19 

ダイエットで使うならブラックコーヒーを運動の前にとると効果あり!

普段から飲んでいるものを使って、体の細くできるものは意外に多いものですが、それに気付かずに毎日を過ごしているでしょう。

そのなかでも人気があるブラックコーヒーは、正しい方法を守って飲み続けていると、痩せやすくなります。

方法といってもすごく簡単で続けやすく、とくに運動をしている人なら、成功しやすくなるのがブラックコーヒーを使ったダイエットです。

ブラックコーヒーは脂肪を燃やす効果があるので運動の前に飲もう!

食事をしたあとに飲むのはおいしいとよく耳にするこの飲みものは、じつは他のタイミングで飲むのも高い効果を得られます。とくに運動をする前がちょうどよく、代謝が高まるときに使うのがいいわけです。

そもそもブラックコーヒーに入っている成分が、その手助けをしてくれているからで、必ずしも食後に飲むといいというわけでありません。さまざまな方法でブラックコーヒーを使うのが、うまく痩せるコツになります。

脂肪がつきにくくする効果を活かすなら食後に

もともと食事をしたあとに飲むのが定番といいますが、それは食べたものが体にたまらないようにできるからなんです。

太ってしまうのは脂肪が全ての元凶であり、これさえ体につかなければ、ダイエットをする必要はありません。

運動をしてから飲んでもOK

しかし運動の量が足りず、食べた栄養を使いきらなければ、残ったものすべてが脂肪になります。

その余るはずだった脂肪が、ブラックコーヒーによって減らすことができ、ダイエットしやすくなるわけです。

もちろん飲んでから運動をしていたら、その量が同じでも脂肪が減らしやすくなるので、さらに痩せられます。

食後と運動をする前に飲むと決めておけば、それぞれの効果によって、痩せるための効果を高められるでしょう。

脂肪が減らしやすいお風呂なら入る前に飲むのも効果あり

もし時間がなくて運動がなかなかできないというのなら、お風呂に入る前に飲むのも、効果を高められます。

それは代謝がよくなる効果をうまく利用した方法で、汗もかきやすくなって、体の老廃物を外に出せるようにもなるでしょう。

体に老廃物がたまるのも、代謝を落とすのが原因で、この飲みものはそれを軽くしてくれるんです。

つまり代謝が高まるお風呂を利用して入浴の前に飲むようになれば、さらに痩せられるでしょう。

ただし夜遅くなる場合は注意を

しかしブラックコーヒーを飲むと眠りが浅くなるケースもあるので、飲む時間は注意してください。

お風呂に入るのは夜という人が多いでしょうから、あまり遅くに飲んでお風呂に入らないようにするべきです。

イライラして甘いものを食べる前にブラックコーヒーを飲む

今の時代ストレスがたまりやすいといわれており、その解消法として甘いものを食べる人も多いでしょう。たしかに甘いものはおいしいですが、それだと痩せられなくなって、あまりよくありません。

そこで先にブラックコーヒーを飲んでおけば、そのイライラを少なくできるんです。とくに独特のいい香りを使えば精神的におちつけて、そしてホットの状態でブラックコーヒーを飲んでおきましょう。

すると甘いものに手を出さなくても、ストレスがおさまってしまうので、脂肪になりにくくてちょうどいいわけです。さらにリラックスというのは血液の流れをよくして、代謝が高まった状態になります。

つまり痩せやすくなるタイミングだからこそ、体を絞るときに飲むのがピッタリなんです。精神的に不安定な人はあらかじめ準備しておくと、失敗を防げるので安心できるでしょう。

散歩やランニング前に♪ブラックコーヒーのダイエット効果を上げる飲み方

上記のように飲むだけでも効果があるのですが、それよりも痩せやすくする方法があるんです。それは外に出歩く前に飲んでおくと、自然と血流をよくできます。

体を動かす前に飲むといいのはたしかですが、なかなか時間が作れない人も多く、続けるとなると意外に難しいものです。

そこで普段外に出歩くときだけでも、先にブラックコーヒーを使っていると効果を高められるでしょう。このようなちょっとしたことも積み重ねで毎日続けていると、うまくダイエットができます。

効果が高く出るドリップをメインで使うのがベスト

そしてブラックコーヒーそのものにも、痩せやすくする方法があり、それはドリップタイプに変えるだけでいいんです。

もちろんインスタントでも十分に効果があるのですが、栄養が少しおちた状態で、スーパーなどに並んでいます。

ドリップタイプは豆そのものを活かしているので、栄養がタップリ入っており、とくに脂肪を減らす効果が高い状態になっているんです。

インスタントでも〇

しかしインスタントでも成分が薄くなっているだけなので、無理にドリップにしなくても問題ありません。

時間がない人はインスタントタイプを使ってもいいので、続けやすいほうを選ぶのがこの方法のポイントです。

夏でも体を温めるために80度くらいのホットにして飲むと効果大

じつは脂肪を減らす効果のあるブラックコーヒーの栄養は、熱に弱いという意外な特徴をもっており、沸騰させる前のお湯を使うのがいいでしょう。

この栄養が働いてくれるのはかなり大きく、あまり効果を落とさず、体にとり込みたいものです。しかし温かい状態のほうが、体の中が温まって代謝を高めてくれます。

そこで沸騰する前の温度である80度というのが、この効果を高めるベストの温度であり、それを守って作ってみるといいでしょう

甘くするために砂糖などを入れると効果ダウン!混ぜるなら豆乳がいい!

この飲みものは独特の苦みがあって、それが苦手という女性も少なくありません。そこで砂糖などを入れる人も多いのですが、ダイエットとして使うのなら避けたほうが無難です。

それはブラックコーヒーで痩せられる栄養が減ってしまうだけでなく、なんとその甘いものが脂肪になってしまう可能性があります。

なるべく使わないようにし、カロリーなどを考えれば豆乳などの、味をまろやかにするものと混ぜてしまいましょう。苦みが減って飲みやすくなります。

ブラックコーヒーダイエットの方法は簡単でストレスも少ない

すぐに作れて飲めてしまうこの飲みものは、面倒なことをしなくてもいいので、痩せるために使うのもちょうどいいものです。

運動をする前に飲んでおけば、代謝が高まって脂肪をもやしてくれるだけでなく、食事の前に飲めば脂肪がつきにくくなります。

そしてイライラしたときだって飲んでおけば、リラックスしやすくなって、無駄な食欲だって減らしてしまうでしょう。

気軽に続けられるブラックコーヒーを使っていれば、無理なくダイエットができるので、運動をしている人以外でもやってみる価値があります。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

232



ページのトップへ