公開日:2017/06/23 最終更新日:2017/09/28

痩せ菌サプリが美腸に効果的!口コミで評判の痩せ菌を増やす方法とは?

痩せ菌サプリが口コミで話題!?痩せ菌を増やすサプリの効果とは

近年では、腸内環境を整えてお腹の調子を良くすることで体質の改善を目指す「腸活」が話題となり、腸内フローラを簡単に検査できる機関や、腸内フローラを整えるサプリなどが登場しています。一般的に腸内フローラを整えるダイエットサポートサプリには、近年注目の乳酸菌が、非常に濃度が濃い状態で配合されており、腸に吸収させることができるといわれています。

サプリを継続的に飲み続けると、腸内フローラバランスが改善されて、身体の調子やお肌の状態もよくなり、肥満を作り出している因子も解消されることによって、次第にヤセ体質になり、ダイエット効果が期待できます。

なかには、1袋当たりに1兆個もの乳酸菌を含むとされているサプリも販売されています。また、乳酸菌の一種であるフェカリス菌など、もともと体内に住んでいる乳酸菌を使用した商品や、「機能性表示食品」として消費者庁に届け出が行われている商品もあり、安全性が高いといわれています。いろいろな種類のサプリメントがあるので、摂取する目的や自分の身体の状態に適したサプリメントを選んでみてください。

口コミと効果から選ぶ痩せ菌サプリ オススメ3選

プレミアム酵母

生きたスーパー痩せ菌が1包で約200億個も摂れる!

  • 販売価格:初回限定3,800円(税別)/送料無料
  • 内容量:1袋30包/約1ヶ月分
スーパー痩せ菌がデブ菌を撃退!
痩せやすい体質作りにプレミアム酵母

KOMBUCHA生サプリメント

ダイエッターに話題の4大ダイエット成分が生のまま1粒に凝縮

  • 販売価格:初回限定980円(税別)/送料無料
  • 内容量:1袋30粒/約30日分
300名限定のトクトクモニターコースは今だけ!

プレミアムスリムビオ

乳酸菌が理想のダイエットをサポート!

  • 販売価格:スリムビオ定期便初回限定1,980円(税抜)/送料無料
  • 内容量:1袋90錠/約30日分
初回限定75%OFFで購入!

痩せ菌と腸内フローラの関係性とは?

腸内フローラとは何か?

腸内フローラとは、「腸内フローラダイエット」という言葉が生まれるほど、メディアなどでも話題になっている言葉で、腸内の菌の状態を表すといわれています。

腸の中には大きく分けると善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌がいます。これらは腸の中の細菌で、顕微鏡で見た時にちょうどお花畑のようにみえることから、腸内フローラと呼ばれます。

腸内フローラが「整っている」状態とは、腸の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが取れている時だとされています。一方、善玉菌よりも悪玉菌が多い場合は、腸内フローラが「整っていない」と考えられます。

痩せ菌とは何か?

腸内には善玉菌だけがいればいいわけではなく、悪玉菌や日和見菌も一定量程度混在していなくては、バランスのよい腸内状態とは言えません。じつは、最近よくメディアでも耳にする「痩せ菌」とは、日和見菌の一種で、正式には「バクテロイデス門」に属する菌のことです。

このバクロイデス門といわれる菌が食べ物を分解する際、短鎖脂肪酸が排出されますが、この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みがストップし、肥満の予防につながるとされています。

引用元:【医師監修】肥満の原因になっている!?腸内フローラとは | ヘルスケア大学

ヤセ体質を作るためには、腸内で善玉菌を優勢な状態にし、日和見菌の一種である痩せ菌の活動を活発化させる必要があります。また、善玉菌はその他にもビタミンの合成や消化吸収、免疫力強化などの役割を担っています。

日和見菌とは何か?

ちなみに善玉菌は20%、悪玉菌が10%、そして日和見菌が70%程度の割合でいるのが、バランスが取れた腸内フローラだとされています。

ダイエットに「美腸」がかかせない理由を調査

ダイエットと美容には「美腸」が重要

近年、腸は「第二の脳」とも言われるくらい「考える器官」として、人間の身体の働きを司る機能を持っていると考えられています。ダイエットのためには、腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラバランスをよい状態に保つことが大切です。

しかし、現代生活には悪玉菌が増える危険因子がたくさん潜んでいます。食事制限や運動をしてがんばっているのに、ダイエット効果を感じないな、という時は、まず自分の食生活をはじめ、生活環境を見直してみることが重要です。

日本人の腸内環境は善玉菌が優位!?

日本人の腸は世界的に見ても長く、腸内細菌も比較的善玉菌寄りの優秀な腸内細菌だと言われています。

食物繊維を多く含む海藻を分解する酵素遺伝子をほとんどの日本人が持っており、整腸作用を持つビフィズス菌も多く、DNAが傷つきにくいとされています。日本人が長寿で肥満の少ないのは、私たちが先祖から代々受け継いだ腸内フローラのDNAがとても優秀だからだという説もあるほどです。

しかし近年では、食生活の欧米化や、不規則な生活、運動不足、ストレスなどから、腸内フローラバランスが乱れ、腸内トラブルに悩む人も増えてきました。善玉菌を増やして痩せ菌を活発化させるには、まず食生活のバランスを整えること、そして、できるだけ無理をし過ぎずにストレスを溜めない生活環境をつくることが重要です。

ウォーキングで善玉菌が増える?

善玉菌を増やすためには、食事や生活環境を整えることに加え、実は運動によっても改善効果が期待できるといわれています。特にオススメの運動はズバリ、ウォーキングです。ウォーキングをすることにより血糖値が抑えられ、その結果エネルギーの消費バランスも整えられるといわれています。食事や生活環境の改善とあわせて、毎日の生活に運動をする習慣もとりいれたいですね。

痩せ菌を増やすのに効果的な食べ物

痩せ菌を増やすためにオススメの食品とは

善玉菌を増やし、痩せ菌を活発化させるために取りいれたい食べ物は「ヨーグルト」。ヨーグルトの乳酸菌が、腸内フローラバランスを整える手段として有効だとされています。

ヨーグルトの成分の代表格といえば「乳酸菌」。乳酸菌は体にとってさまざまなよい働きをする善玉菌のひとつで、糖類を栄養にして酸を作り出します。この酸が腸を刺激して便秘を改善、予防します。便秘がなくなり腸の調子が良くなるということは腸の運動量も増加するということなので、基礎代謝も上がり、痩せやすい体質にも繋がるのです。

引用元:【専門家が監修】ヨーグルトを取り入れる美腸ダイエット | 美肌レシピ

ただ、ヨーグルトも食べる時間を間違えると、胃酸で菌が死滅してしまい、あまり効果が出ない場合があります。この問題の対策として、近年では生きたままの状態で腸に届く機能を持った乳酸菌に関する研究が進められています。

ヨーグルトと同じ発酵食品として、納豆も痩せ菌を活発化させるためにオススメの食品です。

また、善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を多く含む食品を積極的に摂取しましょう。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、善玉菌のエサとなるのは水溶性食物繊維です。これを多く含む、海藻類・果物類や、難消化性デキストリンを含む食品などを食生活に取り入れることをオススメします。

痩せ菌の量を判断する目安は?

自分に痩せ菌が多いか少ないかを判断するポイントは排便です。目安として、量はバナナ1本分かどうか、色や臭いはどうかなどに着目し、ご自身の排泄状態をチェックしてみてはいかがでしょうか。

便通は必ずしも毎日でなくても大丈夫です。2日に1度でも許容範囲ですが、数日に1度となると要注意です。さらに、極端に臭いがきつくないというのも判断基準となると言われています。

これらの便通に異常がある場合、腸内フローラが乱れて悪玉菌が多く、痩せ菌は少なくなっている可能性があります。悪玉菌が増えてしまうと、腸内腐敗が進み、アンモニアなどの有害物質が産生されてしまいます。便秘にお悩みの人は、積極的に善玉菌を増やす食品やサプリメントを取りいれましょう。

痩せ菌を増やすにはサプリが効率的!

プレミアム酵母

スーパー痩せ菌がデブ菌を撃退!痩せやすい体質作りにプレミアム酵母

腸内菌のうち、痩せ菌とは日和見菌の一種にあたります。痩せ菌を増やすためには次のような点がポイントです。

  • まず善玉菌を増やし腸内フローラ改善に取り組む
  • ストレスを溜めない生活環境、バランスのとれた食生活を意識する
  • 運動(とくにウォーキング)をする
  • 善玉菌を増やす効果が期待できる食品や有効成分が含まれるサプリメントを摂取する

ヤセ体質を作るために、美腸を目指して腸活していきましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

3,792