公開日:2017/06/26 最終更新日:2017/08/09

デトックスの効果を知る!その種類と効果について徹底解説

「デトックスって良く分からないけれど体に良いの?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、デトックスについて、その意味や効果、具体的な方法などをご紹介します。気になるデトックスの方法をチェックしてみてくださいね。

デトックスとは何かを知ろう

デトックスとは解毒作用のこと

デトックス(detox)とは、英語の「detoxification」の短縮形で、単語の意味の通り「解毒」という意味です。食べ物や呼吸などから体内に入ってきた化学物質や、体内で生成された老廃物などは、体の中に現在進行形で有害物質が蓄積されていきます。人体に有害な体内の物質を、何らかの形で排出させるように促すことをデトックスといいます。

体内の有害物質の実に75%が腸から排出されるため、有害物質の排出には腸内環境の整備が不可欠です。腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすようにコントロールすることを意識することでデトックスの効果を高めることができます。デトックスを試したい方は、まず自分の腸内環境を整えることから始めましょう。

デトックスの効果は代謝アップと免疫力を高めること

デトックスの効果については、有害物質の排出が1番に挙げられます。有害物質を排出することがどのような効果につながるかは、以下のようにいわれています。

デトックスにより有害物質や老廃物を排出すると、代謝がアップし、それにより肥満や脂質代謝、冷え性が改善され、免疫力を高めることが期待できます。また、ニキビやアトピー性皮膚炎をはじめとした、肌の悩みにもよいといわれています。

引用元:【医師監修】そもそもデトックスって何? | ヘルスケア大学

デトックスは、美容面でも健康面にも良い影響を与えることが期待できます。デトックスを促す手段については様々な方法がありますので、その方法を整理してみましょう。

デトックスのやり方

デトックスのやり方は、大きく分けて5つあります。これらの手段で、体内の有害物質を排出することができるといわれています。

  1. 適度な運動や岩盤浴などでの発汗
  2. 1日あたり1.5~2リットルを目安に、小分けにして水を飲んで排泄物として排出
  3. 解毒作用のある食材(玉ねぎやキャベツなど)を食べる
  4. 解毒を促す成分を含んでいるサプリメント利用
  5. 医療機関にて、薬剤や天敵によって有害物質を排泄物として排出を促す療法を受ける

これらの手段の中で、今回は特に、日常生活に取り入れやすい具体的な方法を見ていきましょう。

デトックスウォーターやデトックス茶のご紹介

デトックスウォーター

デトックスウォーターとは、自分の好きな野菜やフルーツ、ハーブなどを入れて香りづけをしたミネラルウォーターのことで、砂糖を一切入れないことが大きな特徴です。

ほんのりと香りがついたミネラルウォーターは飲みやすく、デトックスのために大量に水分を摂取している方には嬉しいでしょう。真水は飲みにくいし、スポーツドリンクは糖分が多過ぎると感じている方にはまさにピッタリのドリンクです。

さっぱりとしたレモンやミントをベースに、きゅうりやオレンジなどをミネラルウォーターに漬け込み、冷蔵庫で1時間冷やすだけ!アイデア次第でアレンジは無限大という点がうけ、欧米や日本でも、今やすっかり人気が高まっています。

デトックスウォーターを自作する際の注意点

デトックスウォーターを自作し始めると、色々なフレーバーを作ってその風味を確かめたくなりますよね。そして、また新しいフレーバーを試作するということもあるでしょう。デトックスウォーターを自作する際は、砂糖など甘味料を足さないように気をつけましょう。

ついつい風味を生かしたくなると思いますが、本来の目的を阻害しかねませんのでグッとガマンしましょう。どうしても飲みにくい場合は、はちみつを少量加える程度に留めてください。炭酸水がお好きな方は、水の代わりに炭酸水を用いても良いですね!

水を沸騰させるわけではないデトックスウォーターは生ものと同じ扱いです。その日に作ったものはその日のうちに消費してくださいね。飲む時は、一気に飲まず少しずつ小分けに飲みましょう。

デトックス茶の種類を紹介

デトックス効果が期待できる「デトックス茶」はあまり珍しいものではありません。日常飲んでいる紅茶や緑茶、コーヒーはどれも利尿作用がありますので、有害物質を排出する効果が期待できます。ただ、これらはカフェインが含まれていますので、あまり多量に飲むことは控えた方が良いでしょう。

カフェインがほとんど含まれず、同じような利尿作用が期待できる飲み物としては、ルイボスティーやドクダミ茶、たんぽぽやチコリのコーヒーなどがあります。どれも、基本は利尿効果が期待できる飲み物ですので、色々試してみて、日常で飲み続けられそうな飽きのこない味のものを見つけてください。

補足ですが、利尿作用のあるお茶類やアルコール類などの飲み物は、デトックスのために摂取する水分量には含めません。摂取しても、利尿作用で体の水分を排出するため、水分補修としてはカウントできないのです。この点はご注意くださいね。

様々なデトックス方法を知る

断食デトックス

断食デトックスとは、その名の通り、一定期間断食することによって腸内にたまった老廃物を排出させる方法です。断食のことをファスティングと呼ぶ人も増えていますね。

断食の期間は、12時間〜数日までといわれていて、週末を利用した「週末断食」や「3日間断食」がよく紹介されています。胃の中を空っぽにすることでデトックス効果があると考えられていますが、その中でも「3日間断食」について簡単に紹介します。

  • (1日目)朝食:通常 昼食:腹八分目 夕食:半分 水分を多めに摂る
  • (2日目)朝食:食べない 昼食:食べない 夕食:食べない 水分を多めに摂る、運動せず安静に
  • (3日目)朝食:消化の良いおかゆをゆっくりかんで食べる 昼食:半分 夕食:通常

土日が休日の方は、金曜日からが始めやすいので「週末断食」とも呼ばれています。この断食を短期間に何度も繰り返してはいけません。再チャレンジするのは数ヵ月後ぐらいと考えておきましょう。

腸内デトックス

腸内デトックスとは、特に腸内にフォーカスしてデトックスを促す方法のことです。腸内環境を整え、規則正しい排出を促すには、十分な水分摂取と適度な運動、食物繊維の豊富な食品や善玉菌を増やす発酵食品の摂取などが挙げられます。また、亜麻仁油は、便通を良くする効果があるといわれていますので、積極的に摂りたい油分です。

このような、自分でできる腸内デトックスの他に、医療機関で受ける腸内洗浄も腸内デトックスのひとつとして数えられます。温水で直接腸内を洗ってしまうというこの方法は、宿便を取る方法としてはかなり強力です。

現在では、自分で腸内洗浄を行えるキットも売られていますが、衛生面での問題や、肛門や腸を傷つけてしまう危険性がありますのであまりおすすめはできません。腸内洗浄をしたい場合は、専門の医師とよく相談してから医師に処置をお願いしましょう。

デトックススープ

デトックススープとは、老廃物の代謝が期待できる6種類の野菜を入れて作ったスープのことです。

代謝アップが期待できる野菜を入れたスープを飲むことで、老廃物の排出サポートが期待できます。このデトックススープは、食物繊維を豊富に含んでいるので、便秘に悩んでいる方にも活用できます。

引用元:【医師監修】老廃物排出をサポート!デトックススープとは | ヘルスケア大学

6種類の野菜とは、キャベツ、玉ねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、にんじんの6種類で、いずれも簡単に入手できる日常使いの野菜ばかりです。味付けはお好みでいいですが、生姜を入れるとさらに効果が期待できます。

デトックススープは、食前に飲むと効果的といわれています。「ベジファースト」で食事前に野菜を食べると血糖値の急激な上昇が抑えられますが、デトックススープにはベジファーストの効果も期待できそうです。

デトックスの効果を知って活用しよう

デトックスについて、その効果ややり方をおさらいしましょう。

  • デトックスとは体内に蓄積された有害物質を排出させること
  • デトックスにより代謝アップと免疫力を高めることが期待できる
  • デトックスには様々な方法があり自分のやりやすい方法が選択できる

自分にあった方法でデトックスを実践して、美容や健康に役立ててくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

178