公開日:2017/09/21 

脱毛クリームでデリケートゾーンも脱毛できる?そのメリットとリスクを検証!

生理中の不快感を和らげたい、好きな水着や下着を着られるようになりたい、といった理由でデリケートゾーンの脱毛を考える女性はたくさんいます。

しかし、サロンでの脱毛は抵抗があるという方が多いことも事実です。デリケートゾーンの脱毛を自宅で行えたら便利ですよね。その際、手軽に行える方法として、脱毛クリームがあげられます。

そこで今回は、脱毛クリームを使用して、デリケートゾーンの脱毛をするメリットとデメリットをご紹介します。

脱毛クリームでデリケートゾーンの脱毛は可能?

脱毛はサロンやクリニックで行うことがもっとも肌に負担が少なく、仕上がりもきれいになります。しかし、自宅でデリケートゾーンの脱毛を行うことも可能です。
1番手軽な処理方法は、カミソリや電気シェーバーの使用です。こちらは時間をかけずに手軽にムダ毛を処理することができます。
ただし、けがをする危険性があったり、処理をしても毛穴の断面が残ってしまったり、少なからずデメリットがあります。
また、脱毛ワックスを使用する方法があります。ブラジリアンワックスという名前で売られていますね。専用のワックスを脱毛したい箇所に塗り込み、専用のペーパーをその上にかぶせ、一気に引き剝がすという方法です。この脱毛ワックスなら、刃物によってけがをする心配がなく、そり跡も残りません。ただし、ムダ毛を一気に引き抜くため痛みが強く、お肌へのダメージが大きいのが難点です。

その他には、脱毛クリームを使用する方法があります。脱毛クリームとは、脇や手足に塗ってムダ毛を溶かすためのクリームです。脱毛クリームは刺激が強いため、デリケートゾーンへの使用はおすすめできません。ただし、刺激が弱い脱毛クリームを選べばアンダーヘアの脱毛も可能です。

脱毛クリームをデリケートゾーンの脱毛に利用するメリットとは

デリケートゾーンのムダ毛処理には、脱毛クリームを利用すると便利です。脱毛クリームを使うメリットをご紹介します。

けがをする心配がない

カミソリを使用すると、デリケートゾーンのお肌を誤って傷つけてしまうおそれがあります。 デリケートゾーンは皮膚が柔らかく雑菌が繁殖しやすいため、カミソリでのムダ毛処理は避けたほうが良いです。脱毛クリームでのムダ毛処理であれば、誤って皮膚を傷つける心配がありません。

仕上がりがきれい

脱毛クリームは皮膚の表面から少し下あたりのムダ毛まで溶かしています。そのため、毛穴の断面が見えることなく、仕上がりがとてもきれいです。面積の狭い水着も安心して着ることができます。

チクチク感がない

脱毛クリームでムダ毛が溶けると、後から生えてくるムダ毛の先端が少し丸くなります。そのため、新たにムダ毛が生えてきてもチクチク感がなく快適です。

痛みがない

毛抜きやワックスで脱毛すると、強い痛みがあります。しかし、脱毛クリームなら、わずかな肌のひりつき以外に、痛みを感じることがありません。

VIOの体毛は他の部位と比べても痛みを感じやすい部分であるため、無痛で脱毛できるのは大きなメリットです。

簡単に脱毛できる

脱毛クリームの使用方法は簡単です。脱毛したい部分にヘラでクリームを塗り、10分程待ってから洗い流すだけで簡単に毛を除去することができます。手軽に脱毛したい方には大変便利な処理方法です。

脱毛クリームをデリケートゾーンの脱毛に利用するリスクは?

脱毛クリームの使用には、デメリットもあります。特に、脱毛クリームを使うことで起きる可能性がある肌トラブルには注意が必要です。

効果が長続きしない

脱毛クリームは毛抜きやワックス脱毛と異なり、ムダ毛の表面に出ている部分を除去することで、除毛効果を発揮します。つまり、またすぐに次の毛が生えてきてしまうということです。個人差はありますが、効果が持続するのは1週間程度のようです。

ツルツルのお肌を維持するためには、定期的に脱毛を行う必要があります。

粘膜にクリームがつくと危険

脱毛クリームが誤って粘膜についてしまうと、かゆみやただれを引き起こす可能性があり危険です。粘膜部分には皮膚と違って角質層がないため、少しの刺激でも大きなダメージを受けてしまいます。

デリケートゾーンに脱毛クリームを塗るときは、粘膜に付着しないように細心の注意を払いましょう。

デリケートゾーンに使える脱毛クリームは少ない

脱毛クリームは毛を溶かすことができる程強い薬剤であるため、デリケートゾーンに使える脱毛クリームは少ないです。アンダーヘアに使用できない脱毛クリームを使うと、深刻な肌トラブルを起こすおそれがあります。

脱毛クリームを選ぶときは、必ずデリケートゾーンにも使えるものを選びましょう。

肌が弱い人は使えない可能性がある

肌が弱い方は、脱毛クリームの刺激で肌トラブルを起こす可能性があります。敏感肌やアトピーの方は特に注意しましょう。

自分では肌が丈夫だと思っている方でも、クリームによって肌荒れを起こす可能性はあります。脱毛クリームの使用前は、パッチテストは必ず行ってください。

コスパが良くない

脱毛クリームは1つ1000円~3000円程で買うことができます。こちらを脱毛1回分に換算すると200円~600円程となりますが、頻繁に使うと少し金額がかかってしまいます。 脱毛クリームで脱毛している限りは毛がなくなることはありませんので、延々とお金がかかり続けてしまいます。

長期間脱毛クリームを使い続けるならば、脱毛サロンで脱毛してもらった方がコスパは良くなります。

脱毛クリームを使うならメリットとリスクに気をつけて

今回は、脱毛クリームを使用して、デリケートゾーンの脱毛をするメリットとデメリットをご紹介しました。

脱毛クリームは刃物を使うことなくムダ毛処理ができるため、けがをする危険が少なく、かつ仕上がりもきれいにできる便利なアイテムです。しかし、刺激が強いためお肌に負担をかけてしまう可能性もあります。

デリケートゾーンの皮膚は繊細ですから、特に注意して使用しなければなりません。肌トラブルを起こさないためにも、必ず使用方法を守るようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

75