公開日:2018/07/09 

甘いものが食べたい!ダイエット中でも楽しめる「コンビニスイーツ」5選

ダイエット中の食欲、特に甘いものを食べたい!という欲求は、最大の試練といえます。特に仕事帰りで疲れたときや、お昼休みにコンビニに寄った際などには、誘惑との戦いになることも。

甘いものへの欲求を満たし、かつダイエットに影響しにくいコンビニスイーツを、理由とともにご紹介します。

ダイエット中でもOK! 太りにくいコンビニスイーツ5選

ダイエット中のスイーツは天敵と思われますが、「食べたい!」という欲求を我慢してそれが募ってしまうとストレスになって、かえってドカ食いなどのダイエット失敗につながることも……。どうしても甘いものが食べたいときには、太りにくいスイーツを選んでおいしく食べてしまうのも1つの方法です。

手軽に買えるコンビニスイーツの中で、太りにくいものを5つピックアップしてご紹介します!

人気の“コンビニパフェ”“プリン”は「小さめサイズ」をチョイス!

ダイエット中の間食は200kcal以下を基準に選ぶとよいといわれています。まずは、200kcal以下のカロリーが低めのスイーツを選んでみましょう。甘いパフェやプリンでも、小さめサイズを選べば200kcal以下になることもありますので、成分表を確認して選んでみましょう。

また、コーヒーゼリーも、カロリーが低めなものが多いので、ダイエット中のスイーツに向いています。コーヒーの香りとクリームのまろやかさが楽しめ、満足が得られやすいのです。

糖質の低い“ブラン”を使ったコンビニスイーツも◎

炭水化物などに含まれる糖質を、体が必要とする量以上に摂取すると、体内で大量に生産され、行き場を無くしたブドウ糖が脂肪細胞に貯め込まれていき、太りやすくなってしまいます。ブラン(小麦ふすま)入りの低糖質スイーツや菓子パンなどのコンビニスイーツは、血糖値の急激な上昇を抑えて、ブドウ糖が脂肪に変わりにくいため、ダイエット中のおやつとしてうまく取り入れてみましょう。

脂肪分が少ない“和菓子”もダイエット中にGOOD!

脂肪分が低い、わらびもちやお団子などの和菓子もダイエットにはおすすめです。

わらびもちは、きなこの香りが楽しめ、腹持ちが良いので満足感もあります。黒蜜をかけるタイプのものは、黒蜜の量を調節して糖分をカットしましょう。

ただし和菓子の中でも、あんこをたっぷり使ったものなどは、糖質やカロリーが高い傾向にあります。一度に食べる量を半分だけにするなど、脂肪分以外の栄養素も考慮して食べるように心がけましょう。

ダイエットの味方!食物繊維が豊富な“寒天”&“サツマイモ”スイーツ

寒天ゼリーやサツマイモのスイーツなどに豊富に含まれている食物繊維は、血糖値の上昇を穏やかにして、余計な脂肪を付きにくくする効果があります。また、食物繊維にはお通じを良くする作用があるので、ダイエットをサポートしてくれる効果もあります。

寒天ゼリーの中にはカロリーゼロのものもあります。そもそものカロリーがゼロなので、ダイエット中に甘いものが食べたい!という人の強い味方です。

ダイエット中の気持ちもほっこり!あったかスイーツの“ぜんざい”

ぜんざいなどの温かいスイーツは、温めることでより糖類の甘みを感じやすくなります。

また熱いものを覚ましながらゆっくりと食べることで満腹感を感じやすくなり、お餅や白玉が入っていて腹持ちも良いので、食べたあとの満足感が得られやすいスイーツです。

ダイエットのストレス解消に、手軽なコンビニスイーツを楽しもう!

ダイエットのストレス解消に、手軽なコンビニスイーツを楽しもう!

ダイエットは自分との戦いです。しかし、せっかくダイエットを頑張っていても、ストレスで暴飲暴食をしてリバウンドしてしまっては意味がありません。我慢しすぎるのもかえってストレスが溜まってしまいますので、たまには自分へのご褒美としてスイーツを楽しみましょう。

コンビニスイーツなら手軽に買うことができますし、選び方に気を付ければ案外食べられるものが多いことに気付くはずです。うまくガス抜きをしながら、ダイエット成功に向けて頑張っていきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

48



ページのトップへ