公開日:2018/04/12 

ダイエットが続かない理由は何?ダイエットを痩せるまで続けるコツ!

最近はさまざまなダイエット方法がありますが、なかなか続かない人もいるのではないでしょうか。

運動や食生活を変えてみても、継続できなければ痩せられません。

しかし、ダイエットが続かない原因があることは知っていますか?ここではダイエットが続かない原因について紹介します。

ダイエットが続かない理由とは?

比較的簡単だと言われているダイエット方法でも続かずに、悩んでいる人も少なくありません。しかし、ダイエットが続かない原因がいくつかあるのです。

こちらではどのような原因がダイエットを続かなくさせているのか紹介します。今までダイエットが続かなかった人は、当てはまっていないか参考にしてみてはいかがでしょうか。

焦りすぎて続かない人が多い

女性に多くありますが、肌を出す夏が近くなるとダイエットを焦る人がいます。しかし、超短期間で痩せるダイエット方法は身体に負担がかかり、効果は得られても継続できないのが難点です。

体重を落とす=綺麗になる、というのは別ものです。焦ったせいで髪の毛が抜けたり傷んだり、肌が荒れてしまうなど、せっかく体重を落とせてもその効果を半減させるデメリットが出てしまえば意味がありません。

ダイエットは基本的に長期的に行い、身体に負担をかけずに行うのが理想的です。そのために、普段の食生活を改善する、運動を取り入れるなどをして健康的に痩せるようにしましょう。

ダイエットに対してストレスを抱えてしまう

ダイエットは食べたいもの、飲みたいものを我慢しなければいけません。そのため、自分では気づかない間にストレスを溜めてしまい、それが原因で痩せられない人も珍しくないのです。

ダイエットをしていてストレスを溜めないのはなかなか難しいですが、影響が出ないようにある程度発散させなければいけません。

他にも、ストレスを溜めてしまう原因に「睡眠不足」があります。ダイエット中は夕食を抜いてしまい、空腹で眠れなくなるということもあるでしょう。そうなってしまっては本末転倒なので、多少でも夕食を食べてしっかりと眠れるようにしてください。

ストレスが溜まった時は、好きな映画を観る、漫画を読むだけでも軽減されるので身体に悪影響を与えないよう、ストレス軽減には気を配っておくことが大切です。ストレスが爆発してしまうことで、暴飲暴食をしてしまう人もいるので注意してください。

ダイエットが続かないのは脳が原因かもしれない

ダイエットをしていると、集中力が低下、気力が低下するなどに陥る場合があります。この症状が出ている人は、過激なダイエットを行っている可能性が高いのでダイエット方法の見直しをしましょう。

太りたくないからと言って、水しか飲まない状態を続けるとボーッとしてしまったり、仕事でもミスをしやすくなったりします。この状態が長く続くと、栄養失調で倒れてしまいかねないので極端なダイエットの仕方はやめましょう。

過激なダイエットを続けていると、脳が栄養を欲しがって過食に繋がってしまう場合もあります。そうなると、ダイエットを始める前より太ってしまうなど悪影響にしかならないので注意してください。

ダイエットが続かない原因は運動の仕方に問題あり!

ダイエットが続かない原因のひとつとして「運動の仕方を間違っている」というものもあります。

しかし、ダイエットをする時には書籍やテレビなどを参考にする人も多いでしょう。

こちらでは、どの部分が間違っているのかについて紹介します。

運動がハードすぎる

ダイエットには運動が良いと言いますが、ハードすぎる運動は身体を壊す原因になりかねないので注意しましょう。

運動をすることでエネルギーを消費して、身体がエネルギー不足を補うために空腹感を作りだします。

しかし、ハードな運動を行うことによって体重をコントロールしているホルモンのバランスを崩すことに繋がりかねません。

そのホルモンバランスが崩れてしまうことで「運動をしているのに痩せない」や「運動のしすぎで痩せすぎてしまった」などといったことに陥る場合もあるので注意しましょう。

目標が定まっていない

正しい運動の仕方として「目標を設定する」のは、とても重要なポイントです。例えば、毎日1kmは歩く、もしくは走るという目標を立てておくのです。

ダイエットをする上で、やる気を向上させるのは「達成感」です。目標を達成できたということが「次も頑張ろう」という気持ちにしてくれます。

逆に目標を立てていない場合は「いつまで走ればいいのか」「こんなに走っているのに痩せない」と、ネガティブなことを考えてしまいます。

病は気から、という言葉があるようにすべての行動は「やる気」で変わってきます。目標を立てて運動していない人は、ぜひ目標を立ててから運動をしてみてください。

理論に基づいた運動をしていない

運動でダイエットをする場合、必要なのは脂肪燃焼をさせる有酸素運動です。いくら運動をしていても、無酸素運動であればダイエット効果は低いので疲れてしまうだけです。

きちんと、理論に基づいた運動をしなければ、時間と労力を無駄に使ってしまいますので注意してください。理論に基づいた運動方法をすることで、ダイエット効果も実感できますし、挫折をしにくくなるのでおすすめです。

ダイエットを失敗させるのは、間違った知識と無理な運動や食事制限と言っても過言ではありません。

ダイエットを痩せるまで続けるのに大切なポイント

ダイエットを痩せるまで続けるためのポイントは「無理をしないこと」です。早く痩せたいから、もっと体重を落としたいからと気負ってしまうと、過度な食事制限や運動で身体を壊してしまいます。

ダイエットは基本的に焦らずゆっくりと時間をかけて行うことが理想的です。他にも「自分に見合わない運動量は避ける」ことも大切です。他の人が痩せたからと言って、誰にでも合う方法ではありません。

普段から運動をしている人と、していない人では運動による負担も変わってきます。そのため、運動量などは調節して行わないと大変です。身体を壊さないように、しっかりと知識と限界点を把握してからダイエットに臨みましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

207



ページのトップへ