公開日:2017/12/06 

CCクリームと相性が良いのはどっち?リキッドorパウダーファンデーション

CCクリームとファンデーションに相性があるのはご存知ですか?そこでリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの相性を調べてみました。使うファンデーションによって仕上がりが違ってきます。期待する効果が出ないと感じている方はファンデーションを変えるのも手ですね。

カバー力を重視して使用するのにおすすめなCCクリームは?

皆さんCCクリームをご存じでしょうか? ケア(Care)してコントロール(Control)するクリームの意味合いがあります。 肌の色をコントロールして、肌を美しく見える機能があり、美容液のようなスキンケア効果も高く、UVケアもありとても優秀なメイクアイテムなのです。

薄塗りでもカバー力は高いと言われていて、厚塗りする必要がなく肌への負担が軽いと言われています。 顔全体になじませると、スキンケア効果だけでなく光の反射と人間の目の錯覚を利用することで美しい肌に見せてくれるのです。

使い方はとても簡単で、BBクリームとは違った使い方ができます。ナチュラルなメイクが好きな方だったらCCクリームだけで十分とも言われているくらいです。 使い方は2通りあり…

ベースメイクとして使用

CCクリーム特有の色ムラを消して肌を美しさを生かした透明感のあるナチュラルな美肌をつくることができます。

下地として使用

ファンデーションなどを一緒に使用することによって、カバー力のあるしっかりした肌にして美肌をつくることができます。

自然でナチュラルな肌質に仕上がると評判のCCクリーム。今回は、ファンデーションとの相性について調べてみたいと思います。

CCクリーム+リキッドファンデーションの場合

CCクリームは肌の色をコントロールして、きれいに補正してくれる作用がありますね。 このCCクリームにリキッドファンデーションを使用する場合は、メイクに慣れていない人が使用すると、量をつけすぎて厚化粧になってしまったり、ムラになったりする可能性がありますので、初心者にはCCクリーム+リキッドファンデーションは難しいと感じることもあるかもしれません。

しかし、パウダーと違って、一緒に使うことでしっかりと浸透させることができ高いカバー力を維持することができます。使う時は肌に均一に伸ばして、最後にはフェイスパウダーを使用するようにしてくださいね。 とてもツヤ感があり完成度の高い肌、ナチュラルな仕上がりの肌を作ることができます。

CCクリーム+パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションの場合は、何よりも手軽なのが一番の理由でしょう。普通肌や皮脂の分泌が多い女性にはおすすめかもしれません。

メイクをする時に、肌トラブルがあると、カバーを隠そうとしてコンシーターやファンデーションを何回も重ねて塗ると肌への負担も大きくなります。そういった意味からも、パウダーファンデーションは作った感のないナチュラルな肌に完成させることができるでしょう!

CCクリームを全体にのばした後、パウダーを使うとこれだけでメイクが完成します。初心者の方にもおすすめかもしれません。つけ心地はさらっとしていて、全体を作りこんだ感じのないナチュラルな肌に仕上げることができます。

仕上がり目的に合わせたファンデーション選びが大事

少し前は、BBクリームなどの肌に塗って隠すものが主流でしたが、ナチュラルメイクの流行もあり、肌を光でごまかして、本来の肌を隠さずにきれいに魅せる!という意味で、芸能人の間でも流行っている様です。美しく魅せれるのは女性にとってとても嬉しいことです。

このCCクリームの一番のメリットは、自然にきれいな肌を見せてくれながら、スキンケア効果が高いということでしょう!

肌をみずみずしく自然にきれいな肌を見せてくれるのです。今回は、ファンデーションとの相性について調べてみました…。どちらが良いということはありませんが、CCクリームのあとにつけるファンデーションによって、メイクの仕上がりが違ってきますので、自分がどんな仕上がりにしたいか?など目的によってファンデーションを選ぶとよいかもしれませんね!

今流行のナチュラル肌が好きな人には、持っておきたいメイク用品なのかもしれません。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

112