公開日:2017/12/06 

ベースメイク向いている!オススメのCCクリームランキング

ベースメイクの使用にも適しているCCクリームとは、保湿と美肌効果があり、その効果が長時間続く物です。また、仕上りが素肌に近くなることも人気の特徴です。では、どのCCクリームがベースメイクに向いているのでしょうか?気になる人気商品をランキングでご紹介します。

ベースメイクとして使用するのにおすすめなCCクリームは?

CCクリームはBBクリームの進化系として登場した下地クリームです。

CCクリームの特徴は、下地と肌の補正をするコントロールカラーの機能がひとつになっており、肌の色ムラを整えナチュラルな質感に仕上げることができます。CCクリームはベースメイクには向いているアイテムで、ファンデーションをより綺麗に見せる役割があります。

数あるCCクリームの中でも、ベースメイクに向いているのはどれなのでしょう? ランキングトップ3をご紹介します!

ベースメイクに使いたいCCクリーム3つの特徴

CCクリームをベースメイクに使用すると色々なメリットがあります。とはいってもCCクリームによってその効果や特徴はバラバラ。どれを選んでよいのかわかりにくいですね。そこでベースメイク向けで使用する場合にはどこに注目すればよいのか、ポイントを3つ上げました。

まず、必要な機能はコントロールカラーです。CCクリームは、下地と肌の色補正が基本ですが、CCクリームでナチュラルな肌の補正を行うことで、ファンデーションを綺麗に仕上げることができます。

次は様々な効果があり、時短メイクに向いているかという点です。1本で肌を潤わせてくれて明るくトーンアップ、さらにシワを防ぎながらスキンケアや保湿もできる。通常ならいくつかある工程が1回で済むのは助かりますね。

そして最後に大事なことは、化粧崩れしにくいということです。元々、CCクリームは薄づきできるので化粧崩れには強いですが、その中でも差はあります。化粧崩れに強い成分が入っているCCクリームだと、崩れにくのはもちろん、メイク直しも非常に簡単です。

  • コントロールカラーで色ムラを防いでくれる!
  • 多機能で時短メイクが可能!
  • 化粧崩れしにくく、持続力がある!

1位:米肌 澄肌CCクリーム

価格 3,500円(税抜 / 送料無料)
内容量 30ml
カラー 2色
・やや明るい自然な肌色
・普通の明るさの自然な肌色

肌色コントロールパウダー等のパウダー効果でくすみ知らず、キレイな美肌が長時間持続します。

保湿効果の高い美容成分も豊富に含まれていますので、乾燥からもお肌を守ってくれます。UVカットやファンデーション効果もあるので時短メイクにも有効です。



2位:ピカイチ リプロスキンCCクリーム

価格 2,350円(税抜 / 送料500円)
内容量 20g
カラー 1色

保湿やスキンケア効果、化粧崩れ防止の面ではとてもで優秀ですが、多機能という面では一歩劣る印象。

ただ、日焼け止めが不要であったり、ニキビ肌トラブルや敏感肌の場合はリプロスキンの方が向いています。



3位:VINA CCクリーム パーフェクトフィット

価格 2,500円(税抜 / 送料不明)
内容量 40g
カラー 1色

6つの機能が備わっていて、表情ジワにも強く、肌に密着するのが特徴。

化粧崩れにも強く、キープ力もあります。価格の安さも魅力。選べる色が1色だけで、合わない場合もあるので注意が必要です。

買うならコレ!

澄肌CCクリームは持続力とマルチな活躍が魅力!


お肌に毛穴やシミなどが目立つ場合、通常のベースメイクではなかなか隠し切れないものですが、澄肌CCクリームなら、これ1本で毛穴やシミをしっかりとカバーすることができます。


さらにメイク仕立てのような透明感のある美肌を長時間キープできますので、これまで何度もメイク直しが必要だったという方でも、メイク直しを気にせずに済みます。


高いUVカットの効果もありますので、紫外線からお肌を守ってくれるというメリットもあるのです。また保湿効果の高い美容成分も含まれているので、紫外線による日焼けだけではなく、乾燥からもお肌を守ってくれます。

CCクリームがベースメイクに向いている理由

ベースメイクに大事なことは保湿です。お肌が乾燥していると化粧崩れや肌荒れの原因になります。仕上がりも、カサついた感じになります。メイクのノリが悪いかも…なんて時は乾燥が問題かもしれません。CCクリームは保湿成分が含まれている商品が多く、使いながらにしてスキンケア可能です。

また、コントロールカラーの効果で顔色を明るく補正してくれ、ナチュラルなお肌に見せてくれます。そのため、ファンデーションのノリも良くなり、より美しくなるのです。

ピンク系は顔色を良く見せてくれ、オレンジ系はクマ隠しに、イエロー系は肌のくすみをカバーしてくれます。透明感をより出したい方はパープル系がおすすめです。ポイントはCCクリームもファンデーションも薄く塗ること。薄付けすることによって、肌の透明感が出てきますし、メイクの持ちの良さにもつながります。

UVカット効果のあるCCクリームなら日焼け止めを塗る必要はありません。美容成分が含まれているものも多いので、忙しい時でも時短メイクに役立ちますね。このようにCCクリームにはベースメイクに向いている面が多々あるのです。普段のメイクに加えるだけで素肌美人になれちゃいますよ!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

37