公開日:2017/10/17 

キャビテーションの疑問を解決!通う前に知っておきたいキャビの基礎

キャビテーションは気になる部分に超音波の機械を当てるだけなので、痛みも無く簡単! 脂肪細胞を破壊することでその部分の脂肪は減ったままなので、元に戻る事も無く即効性の高い施術です!

部分痩せが行えるので運動では落としにくい場所や気になる部分に集中的に行えるのがキャビテーションの人気の秘密。 キャビテーションを始めるなら、まずはキャビテーションについて知ることから始めましょう!知っておけばもっと効率良く効果を引き出せますよ。

エステのキャビテーションは危険って本当?

キャビテーションシェイプは、超音波の力で脂肪細胞の細胞膜を壊して身体をシェイプする痩身術です。超音波には横波と縦波があるのですが、横波は一般に低速で進み、固体の物質中を伝わるという性質があります。

一方、縦波の場合は横波に比べて進む速度が速く、固体の物質だけでなく液体の中でも伝わっていきます。脂肪細胞内は液状になっているので、超音波の縦波を脂肪細胞にあてることによって、脂肪細胞を振動させ、脂肪細胞内に気泡を発生させます。この脂”キャビテーションとは、メスを使用しない脂肪吸引と言われている痩身施術法で、キャビテーションという機器を使用します。

脂肪層にまで届く超音波を脂肪のある部分に当て、その効果で脂肪細胞を破壊して脂肪の数を減少させます。 固い脂肪やセルライトは、脂肪吸引などでしか除去できませんでしたが、キャビテーションを使用すると、超音波が脂肪細胞を破壊させたのちに代謝され、消費、排出される仕組みになっています。 脂肪細胞自体をメスを使用しなくても超音波の力で破壊する事ができるので、体に負担が少なく、人体に危険な影響を及ぼすこともないので、危険性も少ないのです。

しかし、施術を受けるにあたり、少しだけ注意が必要です。 キャビテーション機器からは、細かい超音波が発せられるため、骨伝導が起こり、頭蓋骨や胃にまでその振動が響いてしまい、それを音として耳が認識してしまいます。
音の感じ方には個人差があるものの、まれに大きな音のように感じてしまい、驚いてしまったり、胃に違和感を感じることもあるようです。これらは、時間の経過とともに自然に解消していくので心配はありません。

また、キャビテーションを行ってから2時間以内にマッサージなどを行って、脂肪細胞をリンパに流してあげる必要があるのです。これを行わないと脂肪が固まってしまって効果がなくなってしまいます。キャビテーションは、これまでの痩身法よりも脂肪除去能力が高い上に、脂肪吸引手術よりも体に負担がかかりにくく、リスクの少ない痩身法なので安全です。

肪細胞内で発生した気泡が、キャビテーション原理によって圧力波をうみ、この力で脂肪細胞を破壊させるのです。キャビテーション原理は、この気泡の周囲の液体は泡の中心に向かって殺到して、気泡が消滅する瞬間に強い圧力波を発生して振動を生むという現象のことです。

この圧力波非常に強力で、キャビテーション現象が発生しやすいスクリューや水冷エンジン等は、それ自体を破壊する事もあるため、キャビテーション対策が特別にとられているほどです。また渦巻きポンプは、このキャビテーション原理を利用して水をくみ上げるもので、アクアリウムのポンプなどによく使われています。

このポンプの仕組みは、内部に組み込まれた羽根車が回転することで内部の水を回転させるのですが、水は遠心力によって外側に押し付けられ、 ポンプ内側の外周部の圧力が高くなります。そうすることで出口側の回転していない水は静止状態で内部よりも圧が低い状態となり、その結果、遠心力で高圧となった内側の水が、圧力の低い出口側へ流れ出るのです。ポンプによって水圧に差を作り出すことで、水を高圧側から低圧側に流しているのです。

ラジオ波とキャビテーションの違いは何?

エステなどで行われるメスを使わない痩身方法にラジオ波とキャビテーションがあります。ラジオ波は医療機関でも使用されるもので、高周波を当てることで、体の分子がぶつかり合い、摩擦熱を発生することによって体を内側から温め、新陳代謝が活性化します。これによりたるみやむくみが改善することで痩身効果が出ます。また、セルライトを除去したり、中性脂肪を液状化して体外へ排出する効果もあります。

キャビテーションは超音波を使用する痩身方法です。脂肪だけに超音波を当て、脂肪細胞を破壊して液状化し、体外に排出します。切らない脂肪吸引とも呼ばれる方法であり、痩身効果は高いです。いずれの方法も熱さも痛みも感じない痩身方法であり、体への負担が小さいです。液状化した脂肪は便や尿として体外へ排出されたり、エネルギーとして消費されます。

両者を比較した場合、直接脂肪細胞の破壊を行うキャビテーションがラジオ波よりも即効性、持続性が高くなります。キャビテーションは単体で行っても効果がありますが、効果を高めるためには液状化した脂肪を効率良く体外へ排出する必要があります。そのため、新陳代謝の向上が効果的になります。ラジオ波には新陳代謝を向上させる効果があるため、組み合わせて受けることでより効果が高まります。この2つを組み合わせたコースを用意しているエステも多くあります。

このようにラジオ波とキャビテーションは組み合わせることで効果が高まるため、利用する際は一方だけしか受けられないエステではなく、同時に受けることができるエステを利用するとよいです。

キャビテーションは生理中でも受けられる?

キャビテーションは生理中には受けることが出来ません。その理由としては、体内のホルモンのバランスが乱れているために、体に対して悪影響を与えてしまうことになるからです。

キャビテーションは脂肪の細胞に対してダメージを与えることになります。そのため体に対する負担があるために、生理中に行ってしまうと、体調不良の原因となってしまうのです。

キャビテーションは超音波を利用し、体脂肪を分解します。そして分解した体脂肪を血中に流し込み、そして体外へ排出されることになります。この時に脂肪と同時に、老廃物も処理することになります。そのため体に対しての負担がとても大きいために、健康な状態の時に行わなければならないのです。

生理中には体内の血液の量が少なくなってしまいます。なので血中に脂肪や老廃物を大量に流し込むことは、体にとって大きな負担となってしまうのです。そのため生理中にキャビテーションを行うことは、体にとって良くないことなのです。

もちろん妊娠中もNG

痩身エステでは痩せるだけではなく、美しいボディラインを得られることが魅力ですが、その施術方法も様々あります。ハンドケア中心で行うサロンもあれば、最近は最新の美容マシンを利用して効果を出していく施術も注目されています。
美容マシンではキャビテーションも高い人気となっています。 キャビテーションはマシンを当てるだけで痩せやすい体を作ることができると注目されており、ハンドケアなどと合わせて行われることが多くなっています。

そして気をつけたいのは妊娠中の施術です。キャビテーションは安全性の高い施術ですが、やはり妊娠中の場合はいつもと体が違いますので、施術を行わないことが一般的です。

キャビテーションにかかわらず、他の痩身の施術、脱毛なども妊娠中は行わないことが一般的です。 妊娠中は体もデリケートとなっていますので、施術で肌が荒れたり、施術中に気分が悪くなってしまう場合もあります。

さらに少しの刺激でも胎児に影響が出る可能性もないとは言えませんので、エステの利用は出産後に体が落ち着いてからとなります。

キャビテーションはセルライトに効果的?

キャビテーションを受けることで、セルライトの除去を行うことができます。セルライトは、余分な水分と脂肪が凝り固まっている状態になるため、取り除くことが難しくなるのですが、キャビテーションでは超音波を使っていくため、水分と脂肪を分解できるようになるのです。

凝り固まってしまった脂肪も乳化されて排出されていきますし、水分についてもスムーズに取り除くことができるため、長年悩みを感じていたセルライトを除去できるようになるのです。

また、キャビテーションでは、低下してしまった血流やリンパの流れを活発にさせることができるため、施術後に再度セルライトができてしまうことも防止できるようになってきます。

キャビテーションは、現在存在しているセルライトの除去だけではなく、将来的にできてしまうことも防止することができますので、美肌やダイエットの点からも効果的になるでしょう。自分で努力しても改善しないときには、キャビテーションが効果を発揮してきます。

脂肪を燃焼しやすくする有酸素運動について

キャビテーション後に有酸素運動を行うことにより、脂肪燃焼をしやすくなります。これはキャビテーションを行うことにより、脂肪を分解した状態に体がなるからです。

キャビテーション後には脂肪が分解した状態であり、そして老廃物が体に溜まっている状態になっています。この老廃物を処理するために、キャビテーション後にはマッサージを行い、そして排出を効率良くしようとするのです。

しかしそれだけではなく、有酸素運動を行うことにより、さらに血液の流れを良くすることができるのです。これが老廃物の排出により効果を発揮してくれるのです。そのため脂肪を分解した後に有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼に効果を発揮してくれるのです。

脂肪は分解をした後には使用されなければなりません。有酸素運動が効果的なのは体脂肪の燃焼に優れているからです。なのでキャビテーション後には脂肪を利用しやすい状態になるために、脂肪燃焼を効率良く行うことができるのです。

キャビテーションはリバウンドしないの?

キャビテーションの施術を受けることで、リバウンドの心配なくスリムになることができます。通常の方法でダイエットを行った場合、脂肪細胞自体は小さくなるものの、取り除くことはできませんので、食事を多く摂取してしまった時に太りやすくなってしまいます。
その点、キャビテーションの場合には、脂肪細胞自体を除去できるようになるため、リバウンドの心配もなくなってくるのです。

脂肪細胞自体を溶かすことができれば、少し食事を食べすぎてしまっても、脂肪細胞が大きく成長する心配がなくなってきますので、痩せた後に過度に食事を我慢したり運動を行うことなく過ごしていくことができるのです。

キャビテーションを受けた後には、規則正しい生活について気を使っていく必要はありますが、基本的にはリバウンドの心配がなくなってきますので、食事を楽しむことが出来たり、いらいらすることなくいつもストレスを感じずに生活を送っていくことができるでしょう。

脂肪細胞を溶かした後はハンドマッサージが効果的

切らなくてよいダイエット法として話題を集めているキャビテーションは整体院やエステサロンなどで受けられますが、キャビテーションは超音波の働きで脂肪細胞を溶かす事で体外への排出を促す機器を使って行われるので、ダウンタイムや痛みもなく脂肪細胞を部分的に溶かす事が可能なので、部分痩せができる治療として人気が高まっているのです。

キャビテーションの特徴として脂肪細胞だけを溶かすように周波数がコントロールされていて他の細胞に影響があるという事はないようですし、副作用の報告もなく臨床試験でも効果や安全性について証明されていますから安心して施術が受けられるでしょう。

またキャビテーションをエステサロンなどで受けられる場合はキャビテーション後にハンドマッサージを行う事が多いのですが、これは超音波で溶かし乳化した脂肪細胞を体外へ排出するのを促すために行っていて、ハンドマッサージを行う事でリンパの流れを良くして老廃物の代謝や新陳代謝を促進する事ができますから、より施術の効果を高める事ができるのです。

キャンペーン内容が充実したエステサロンを紹介していますので、是非参考にして下さい。
参考>> キャビテーション完全ガイド【効果で選ぶ痩身エステ】

自宅用キャビテーション美容器の効果はどれくらい?

キャビテーションは「空洞現象」とも呼ばれる物理現象のことを言います。液体の中、圧力の差が生じることで気泡が生まれては消えていく現象、沸点に到達した水に近い現象です。

これを熱ではなく、人間の耳では聞き取ることのできない超音波によって人工的に発生させます。液体の中で発せられた超音波は、極端な圧力の差を生み出し、気泡を生み出します。この仕組みを活かし、現在では多くのエステサロンなどで「美容法」としても用いられています。

また、医療機関・エステサロンで行われているキャビテーションについては、脂肪燃焼を効果的に促進する働きがあると言われており、現在では自宅で同じような効果が得られる家庭用の機械も販売されています。

高価なものではありますが、自宅でキャビテーションを行うことによって、エステに通うことを想定したトータル費用よりも安価に行うことができるとのことです。

ひとつ注意点として、自宅でキャビテーションを行う際は取扱い説明書を良く読み、理解することが勧められています。正しい使用法はもちろん、キャビテーションを行う前後のケアによっては満足のいく効果が得られない場合があるためです。

マシンのヘッド部分がなめらかに動くよう、あらかじめ決めた施術部位にマッサージクリームなどを塗り、ゆっくりと滑らせます。また、キャビテーションによって浮き出た老廃物をリンパに沿って流す術後のマッサージも大切なポイントです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

82