公開日:2017/10/17 

キャビテーション基礎講座!効果や費用を徹底調査

普通のダイエットよりも確実に即効性のあるキャビテーションですが、そもそもキャビテーションとは何なのでしょうか?キャビテーションの効果や費用など、気になる情報を調査しました!

キャビテーションにはどんな効果が期待できるの?

普段の生活で脂肪燃焼を心がけても、なかなか思うようにいかないものです。エステでの痩身法では、EMS、LEDなどの脂肪燃焼を促す

機器の利用が一般的でしたが、持続性が短く、火傷などのデメリットもありました。効果の高い脂肪吸引は、痛みや安全性に不安があって、踏み切れない人が多いのではないでしょうか。

今、「切らない脂肪吸引」として注目を集めているのがキャビテーションです。 キャビテーションで脂肪燃焼できる仕組みをご紹介しましょう。キャビテーションとは、液体の流れの中で圧力差によって気泡の発生と消滅が短時間で起こる現象で、物体を破壊したりダメージを与えたりします。

この仕組みを利用して、脂肪細胞に超音波を当てて気泡を発生させ、泡が弾ける衝撃で脂肪細胞を破壊し減少させるのがキャビテーション痩身法です。 脂肪細胞自体を除去する仕組みなので、リバウンドの心配はなく、がんこなセルライトにも効果があります。即効性があり、痛みや火傷の心配のない安全な施術です。


キャビテーションは、脂肪燃焼率をアップさせる効果が期待できます。まず、お肌にキャビテーションを照射することで、体の奥に特殊な超音波を届けられるようになってきます。体の奥に特殊な超音波を当てることで、脂肪を分解させ体外に排出することが可能になってきます。

キャビテーションでは、体にメスを入れることなく施術を行うことができますし、皮膚近くに存在している脂肪だけではなく、内臓の付近に存在している脂肪についても除去することができますので、脂肪燃焼率をアップさせるだけではなく、病気の原因となる内臓脂肪も解消できるようになるのです。

キャビテーションを行うことで、除去したい部分の脂肪燃焼率をアップさせることができますので、病気の予防だけではなく部分痩せ等、特定の部位の脂肪を除去したいときにも最適となるでしょう。運動しても効果が出にくい方については、キャビテーションの施術を受けてみると脂肪燃焼に効果的になります。

キャビテーションの効果は約2週間ほど持続する

キャビテーションの効果は約2週間ほど持続します。これは体が痩せやすい体質になっているからです。超音波を利用し、脂肪を分解するという方法を行うために、体が脂肪を利用しやすい状態を維持することができるのです。その効果が約2週間ほど持続しやすくなるのです。

キャビテーション後を行うとすぐに痩せる、というわけではなく、キャビテーションを行うことで、脂肪の分解を行い、そして日常生活での脂肪の利用料を増やすことにより、痩身効果を発揮することができるのです。そのためこの期間中は特別なことをしなくても、痩せることができるのです。

ただ、この期間中はせっかく痩せやすい状態なので、積極的に体を動かすことにより、さらに体脂肪を燃焼させることができます。なのでさらに効果を実感したいのならば、有酸素運動や日常生活の行動量を増やすことが、キャビテーションの効果を上昇させるために必要です。

キャビテーション費用の相場はどれくらい?

痩せたいと考える時に、まず思うのがダイエットですが、体重がおちても理想のスタイルになれるとは限りません。 そこで、注目されているのがキャビテーションというやり方です。 このキャビテーションは、まだ知名度は低く知らない人も多くいるはずです。

キャビテーションは「切らない脂肪吸引」と言われています。その方法は、中性脂肪を乳化させることで老廃物と一緒に排泄するようにします。 これに、マッサージを合わせることで効果が高くなります。ただ、従来の脂肪吸引とはことなりメスを使わないので痛みなどはありません。

費用の相場は、エステサロンで異なりますが、初回は割引をしているところ多くあります。その際の初回費用の相場は2,000円から4,000円くらいです。また、一度では終わることはないので何回か通うことになります。その費用の相場はだいたい一回当たり10,000円前後になります。自分の希望する部分を、してもらえ効果も早く実感できます。

エステサロンはキャビテーション体験プランも充実しています。いきなり本契約するのはちょっと…という方は是非お試しで体験してみて下さい。
参考>> キャビテーション完全ガイド【効果で選ぶ痩身エステ】

キャビテーションは1回でどれくらい時間がかかるの?

いまエステサロンで痩身の話題で中心となっているのがキャビテーションです。メスを使うので身体に傷が付いてしまう今までの脂肪吸引とは違い、身体の中の脂肪細胞を分解することで体外に排出させます。最新の超音波を使ったものなので、施術の際に痛みが無いのが特徴です。

キャビテーションの施術1回にかかる所要時間はだいたい超音波の照射だけなら15?20分です。照射を行う前にエステサロンではカウンセリングを行うこともありますし、体重や体脂肪率を調べたりボディサイズを測ったりという準備があります。

またキャビテーションの前に身体を温めておくと効果が上がるので、直前にヒートマットやサウナドームを使って脂肪や老廃物が排出しやすい様にします。その後に照射を行い、サロンによってはアフターのリンパマッサージを行う所もあるようです。

これらをトータルした施術1回の所要時間は60分程度でしょう。 施術1回にかかる所要時間が1時間ほどなので、気軽に受けることが出来ます。

サロンで行うキャビテーションの施術の流れ

キャビテーションの施術の流れとしては、まず来店をする前に予約を行うことになります。これは日時を決めることにより、体をキャビテーションに向けて調整する必要があるからです。体の状態が良好でなければ、効果的に行うことは難しくなってしまうからです。

次にカウンセリングを行うことになります。これは体の状態をチェックし、どのぐらいの量を痩せたいのか、ということを決めるのです。そして体の状態に合わせ、どのぐらい使用するのか、ということを決めていきます。

キャビテーションの施術の流れは、超音波を利用して脂肪を分解します。そのためにキャビテーションのマシンを使用することになります。安全に行うために、体にジェルを使用することになります。

そして施術の最後としては、キャビテーションで脂肪を分解した後にマッサージを行うことになります。分解した老廃物をマッサージにより、排出することが大切なのです。 以上のように大まかな流れとしては、カウンセリング、施術、マッサージになります。

キャビテーションって痛くないの?

痩身エステの一つであるキャビテーションはその手軽さから各地のエステサロンなどで人気が高いようです。これは超音波を用いた細心のエステで、痛みなどを感じずにあっという間に時間が過ぎ去るようです。

このキャビテーションは、超音波つまり高調波を発生させる専用の装置を太ももなどにピンポイントに当てます。こうすることで、脂肪細胞のみを分解して溶かす最先端の技術を使います。他のエステと決定的に異なる点は、お肌・体に一切痛みが無い事です。脂肪細胞のみを作用するので、筋肉や神経を傷付けません。

さらに、キャビテーションによって分解された脂肪成分は乳化され尿として体外に出ますので、体にも無害です。このようなエステには他に脂肪吸引がありますが、これはお肌にメスを入れるので痛みを伴います。これと比べ、キャビテーションは、その気軽さから簡単に誰でも利用することが出来るので、お腹や太もも・二の腕の脂肪を中心に使われているようです。

キャビテーションの効果が期待できる回数は何回?

キャビテーションの効果は1回目から実感することが出来ます。凝り固まって取り除きにくいとされているセルライトも除去する効果が高いので、すぐに違いがわかります。確実に効果を上げたいのであれば、各サロンで目安としている回数をこなせば間違いがありません。

キャビテーションを繰り返すことによって新陳代謝が良くなる効果が期待できるので、一定回数をこなすことで、リンパの流れを正常に戻すことが出来ます。一度良いサイクルに入れば、脂肪が付きにくくなるのを実感できるでしょう。キャビテーション後は運動なども取り入れると、代謝アップしているのが実感できます。

より高い効果を得るための方法

ダイエットの基本は食事と運動ですが、努力を続けているにかかわらず十分な効果が得られない、リバウンドを繰り返しているなどダイエットの悩みを抱えている方は少なくありません。そういった場合はエステサロンの痩身コースの利用も考えてみてはいかがでしょうか。

エステサロンでは様々な施術が提供されており特に美容マシンを利用した施術は短時間でもしっかり効果を出せると人気となっています。美容マシンも様々な種類がありますが、キャビテーションは特に人気が高い施術です。

キャビテーションは気になる部分にマシンを当てることで脂肪を溶かしやすくなり、体外に排出しやすくなります。難しい部分やせもメスを使わずに行えることもあり、導入するサロンも増えています。

キャビテーションの効果は一度でも感じられる場合もありますが、やはり何度も繰り返し行うことでより実感することができます。 何度も施術を繰り返すことでより効率よく痩せることができ、体質の改善も行うことができます。そして、何度も繰り返し行う施術ですので、技術も価格も満足できるサロンを選んでおきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

81