公開日:2018/05/14  最終更新日:2018/10/30

ニューヨークで人気のカリフラワーダイエットの効果とレシピ

健康的に痩せられたらいいのに…と苦労して運動や食事に気を配って、体を細くしようといないでしょうか?

そんな人はカリフラワーを使って、無理な食事制限から卒業しましょう。

そもそもこの野菜は栄養も豊富で、痩せられる効果も高くておすすめです。レシピも紹介するので、詳しく見てみましょう。

カリフラワーダイエットはニューヨークで大流行中

じつはこの方法を使って体を細くさせようと、うまく利用しているのが、アメリカのニューヨークの人たちなんです。

今、日本以上に健康の情報をチェックしている人たちだからこそ、日本にもこのカリフラワーが人気になっています。

なぜこの野菜でダイエットをするのかというと、入っている栄養が魅力的だからでしょう。

そもそもカリフラワーは栄養がたっぷりで、その効果によって体を細くさせていきます。

代謝があがって脂肪を寄せつけない効果が高い

現代人は食生活が劇的に変化していて、足りていない栄養がたくさんあるんです。その中でもビタミン類はかなりとれていないでしょう。しかしカリフラワーを使う場合、自然と足りないその栄養を補えます。

痩せるためのものが意外に多く、とくにこのビタミンは脂肪を体に寄せつけず、体を細くできてしまうんです。つまり痩せるための栄養といってもいいものなので、人気が出ている意味がこれだけでも理解できます。

老廃物を除去!さらに脂肪をもやす体に!

おいしくて癖になってしまう味といえば、塩っ辛い食べものを思い浮かべるでしょう。たしかにおいしくてやめられませんが、塩分は必要以上にとりすぎると、水分をとりたくなってしまいます。

その水分がたまった状態が続くと、排出しにくくなって体にたまるんです。そしてむくみとなって体を太く見せるばかりか、代謝まで落としてしまいます。それをカットできるのが、カリフラワーのカリウムです。

この栄養は原因である塩分を体から追い出してくれるので、無駄に多い水分をとらなくて済むようになり、むくみをなくしてくれます。もちろんこれが取れれば血のめぐりがよくなるので、脂肪がもえやすくなるでしょう。

腸が元気になってお腹を細く!

そもそもカリフラワーは野菜の一種ですから、食物繊維だってタップリなんです。

つまりたくさん食べると、腸の働きが悪い人なら、自然とゴロゴロ動き出して便が出やすくなります。

しかしカリフラワーの食物繊維は、水分を吸収して膨らむ特性を持っており、膨らんだときに腸に当たってその刺激で腸が働くようになるわけです。

ですから水分が足りていないと、その効果が薄れてしまうので、しっかり水分をとることも頭に入れておきましょう。

生でもおいしい&効果的!カリフラワーダイエットの人気レシピ

そもそもこの方法を使って痩せる方法は、カロリーが高いものを置き換えて食べることです。

もちろんそのままカリフラワーを食べても、野菜独特のシャキシャキした食感で、おいしく食べられて続けやすいでしょう。

しかしそればかり食べていると、さすがに飽きて食べたくなくなるでしょうから、以下のレシピを参考に作ってみてください。

もともとのカロリーが少ないものなので、どんな方法で作っても痩せやすくなります。

カリフラワーを普段食べるごはんに置き換える

上記で紹介したニューヨーカーたちは、基本的にカリフラワーを使った場合、ごはんと置き換えて脂肪を減らしているんです。

つまりごはんの代わりになるようなレシピを、メインで使っていると思っていいでしょう。

とくに日本人にとってごはんは毎日食べるものなので、このレシピを使うのがおすすめです。

◆チーズリゾットの感覚!ガーリックカリフラワーライス
  • カリフラワー
  • オリーブオイル
  • 牛乳
  • 玄米
  • ニンニク
  • チーズ

まずカリフラワーライスを作る必要があります。

  1. カリフラワーを細かくブレンダーなどで切り刻み、オリーブオイルをしいたフライパンで炒めましょう。
  2. そしてその上から牛乳を入れて少し煮込み、玄米を入れてちょっとしたリゾットに仕上げます。
  3. ニンニクを入れて味を調えたら、完成です。好みによってチーズを入れてみましょう。

ここまでのレシピなら太ってしまうのか気になってしまうでしょうが、カリフラワーを使っていることで、その不安を帳消しにできてしまっています。

本格的にする人ならカロリーが高いものを減らすなどして、うまく調整すれば、さらに痩せやすいレシピに早変わり!効果を実感しやすいでしょう。

◆ライスボウル?野菜も食べられるカリフラワーボウルサラダ
  • カリフラワー
  • オリーブオイル
  • アボカド
  • レタス
  • トマト
  • ツナ

このダイエット法のメリットは野菜をふんだんに使うと、カロリーをかなりおさえられてしまうところです。

メインである主食でさえも、カリフラワーできてしまっているからでしょう。そのカリフラワーをサラダにしてそれを主食して使うのが、カリフラワーボウルサラダというレシピです。

ライスボウルのような感覚で、先にカリフラワーライスを入れてしまい、あとでレタスやトマトなどを順番に重ねていくだけで完成してしまいます。

ちなみにカリフラワーライスは上記で紹介したように、カリフラワーを切り刻んで炒めただけですが、効果を強く出したいのなら生のまま入れてしまいましょう。

体を温めて脂肪をもやそう!カリフラワーを使ったポトフ

  • カリフラワー
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • コンソメキューブ
  • ごぼう
  • ベーコン
  • ジャガイモ
  • だいこん
  • 岩塩
  • しめじ
  • コショウ
  • ローリエ

体の代謝を上げるには温かいものを入れてしまうのが、とにかくダイエットでは重要なものです。

そこでカリフラワーを使ってポトフを作ってしまいましょう。レシピとしてもすごく簡単で、忙しい人でも安心して続けられます。

  1. お湯の入った鍋に塩とコショウ以外のものを入れていき、ひと煮立ちさせましょう。
  2. 最後に塩コショウをして味付けをして完成です。

熱を加えたら栄養が落ちそうに見えますが、カリフラワーは熱に強いのであまり心配する必要はありません。

体を温めてダイエットのしやすい体を作ってしまいましょう。

ごはん替わりに食べるカリフラワーダイエットが日本では人気♪

上記でも紹介したように、カリフラワーを細かくすれば色が白いだけに、ごはん代わりに使えてしまいます。

ごはんそのものは、意外にカロリーや糖質が高く、毎日食べていると太る原因にもなるんです。そこでカリフラワーをごはんの代わりにするというレシピができました。

もちろんカロリー以外にも脂肪をカットする効果や、代謝が上げることもできてしまうので、カリフラワーを使うだけでもその価値が高いでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

192



ページのトップへ