公開日:2018/02/08  最終更新日:2018/07/31

痩せるホルモンを分泌してくれるサバ缶ダイエット!サバ缶はいつ食べるのが効果的?

ダイエットにはさまざま方法がありますが、なかでもダイエット食品で痩せようと思うと、意外にもお金はかかってしまうものです。

ダイエットをするのにどれだけの時間がかかるかわからないのに、高額なダイエット食品を使ってダイエットするのは少し違う…などと思っている人もいることでしょう。

そこで今回は、低価格で気軽にできるサバ缶ダイエットについてご紹介します。テレビでも取り上げられて話題になったサバ缶にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

サバ缶ダイエットとは?

サバ缶ダイエットとは、一日のうちにサバの水煮缶を一個食べるだけのダイエットです。

サバ缶は長期間保存しておける保存食としてだけでなく、健康やダイエットにも効果的と言われています。

サバにはEPAが豊富に含まれている

サバにはEPA(エイコサペンタエン酸)という成分が豊富に含まれています。このEPAというのはサバに限らずイワシやサンマ、アジなどの青魚にも多く含まれている成分です。

EPAは健康を維持するのに欠かせない不飽和脂肪酸の一種ですが、体内ではほとんど作ることができないので、食事から補う必要があります。

このEPAという成分が食欲の増加を抑えてくれたり、糖質が腸の中でゆっくりと吸収される働きをしてくれるのです。

痩せるホルモンであるGLP-1の生成

上記でご紹介したEPAには、糖の代謝に関わるGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)というホルモンの分泌を促す働きがあります。

GLP-1は痩せホルモンともいわれていて、糖分が急激に体に吸収されるのを抑えてくれるほか、満腹中枢を刺激し食欲を抑えてくれる作用もあります。

サバ缶ダイエットの効果

ストレス解消

サバに含まれているDHAは神経系の細胞成分となるので、血液と共に脳まで届きます。また、DHAはEPAと合わせて摂取することで、血液をサラサラにして血流改善へと繋がります。

ダイエット中はイライラしやすいものですがDHAを摂取することで脳のリフレッシュ効果も高くなるため、イライラしにくくなるというメリットがあります。ダイエットもスムーズに進むでしょう。

血糖値の上昇を防ぐ

サバに含まれているGLP-1は胃から腸へ食べ物が送られるのを抑制する効果があります。

結果、食べ物の糖分が腸で吸収されるスピードが遅くなり血糖値の急上昇を押さえてくれます。

これにより、食べ物の吸収スピードが下がることで腹持ちが良くなり、お腹がすきにくくなるという効果が得られます。

サバ缶ダイエットのやり方は?

サバ缶を食べることにより得られる効果がわかったところで、ダイエットで結果を出すためにはどのくらいの量をいつ食べるのがいいのでしょうか?

一日に食べる適量は?

成人が一日に摂取を必要するDHA・EPAの量は、厚生労働省が発表している基準によると1g程度です。一般的なサバ缶にはDHAが1.3g、EPA1.7gが含まれています。

一般的に市販されているサバ缶の内容量が大体150g程度なので、その半分程度で一日の必要量が摂取できる計算です。一日一缶を目安に食事に取り入れて食べるようにしましょう。

おすすめは水煮缶

サバ缶には水煮や味噌煮などの種類がありますが、ダイエットに使用するサバ缶は味噌煮ではなく水煮缶がおすすめです。

水煮の方がカロリーが低いという理由もありますが、アレンジして使いやすいのです。味噌煮は砂糖を使用しているので糖質もカロリーも高くなってしまうため、ダイエットには不向きです。

どうしても味噌煮のサバ缶が食べたい場合は、他の食事の塩分を考えて調整すれば味噌煮缶を食べても問題はありません。

食物繊維の多いものと一緒に

先ほどもご紹介しましたが、痩せホルモンであるGLP-1はサバ缶と食物繊維と一緒に摂ることで、小腸の細胞が刺激されて分泌が促進されます。

なのでサバ缶を食べるときには、食物繊維を一緒に食べるようするといいでしょう。食物繊維の多い食材は根菜類やキノコ類、豆類などです。

食物繊維は善玉菌のエサとなるので、腸内環境が整って痩せ菌が増えると、便秘が解消したり、抵抗力がアップしたりと嬉しい効果をたくさん得ることができます。

サバ缶ダイエットで痩せた人はどれくらいいるの?

サバ缶ダイエットをして効果があった人、効果がなかった人、さまざまといるといえますが、鯖缶ダイエットをして痩せた、という人も多いといえます。

鯖缶ダイエットをして痩せたという人は、食物繊維をしっかりと摂りながらサバ缶を一日一缶食べていた、といっています。特に運動をしたわけではないのに、鯖缶と食物繊維だけで体重も減った、という体験談もあるのです。

また、最初はなかなか痩せなかったけれど、徐々に効果を実感したという声もあります。鯖缶を食べるだけではなく、運動を合わせてするようになってから、効果が出始めたという人もいます。

食べ飽きたらアレンジを

鯖缶ダイエットをする際には、きのこやトマトなどの食物繊維と一緒にサラダとして食べたり、タマネギなどの野菜と一緒にスープにして食べたりすると、ダイエット効果も高まり、痩せやすいでしょう。

しかし、だからといって毎日サバ缶を食べ続けるのは飽きてしまうものです。さまざまなアレンジをしながらサバ缶を食べると良いでしょう。

過剰摂取には注意

いくらサバ缶にダイエット効果があるといっても、高カロリーのサバ缶を食べていては効果が出ません。摂取カロリーは計算しながら過剰摂取にならないように注意しましょう。

またサバ缶はおつまみとしてもおいしくいただける食材ですが、アルコールをたくさん飲んでしまうと、逆効果です。アルコールの摂りすぎは腸内環境を悪くしてしまうため、適量にしておきましょう。

サバ缶を食べてキレイに痩せる

サバ缶ダイエットについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?上記でご紹介した通りサバ缶はダイエットにも、健康にもとても良い食品です。

特に水煮はおすすめであり、そのままでも食べることができますし、アレンジして食べるなどいろいろな方法があります。

このサバ缶ダイエットに取り組む際は、飽きないための自分なりのアレンジを考えるながら、ダイエットに挑戦してみてください。サバ缶を食べて体を健康にしていきながら、ダイエットも成功させましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

6,873



ページのトップへ