公開日:2018/05/30 

ダイエット中にお酒が飲める♪ブランデーダイエットの驚くべき効能とは?

お酒は嗜好品とも呼ばれ、生活をしていてとくに必要なものではありません。しかし毎日のように飲むというファンも多く、ブランデーもそのひとつです。

ダイエットとの結びつきがないように思えますが、なんと他のお酒にはない効能によって、ブランデーはスタイルの維持に役立ちます。

ダイエットで飲めるアルコール類といえばブランデー

失敗する原因を探しているとほとんどの場合が食べすぎで、カロリーや糖質が体にたまってしまっています。

このカロリーなどがお酒は多いといわれていますが、ブランデーに限っては以下の特徴があるので、飲みすぎなければそのデメリットをいい働きに変えてしまいます。

だからこそダイエット中に飲んでも太りにくく、むしろ効能をうまく取り入れれば楽しみながら、アルコールを摂取できるでしょう。

余計なものが入っていないお酒だから太りにくい

そもそもお酒が太りやすいというイメージは、甘くておいしいカクテルのようなものが多いからというのも、ひとつの原因でしょう。甘いものというのは、どうしても糖質が高くなってしまい、体に蓄えられてしまうものです。

しかしブランデーはそんなに甘いというお酒ではなく、どちらかというとアルコールのような味がすごくします。これは作り方に差があるからで、余計なものをいれていません。

だからこそ主成分であるアルコールが、味として残りやすいわけです。

余計なものがないということは、太ってしまう糖分も入っておらず、ダイエットとしてもちょうどいいでしょう。

割るものがあまり選べない!飲み方が限られているから!

もともとお酒が好きな人だと、ソフトドリンクと割って飲むのも楽しみのひとつです。しかしブランデーはとくに割って飲むにしても、しっくりくる味のものがあまりありません。

他のお酒はジュースで割ってしまうこともあり、甘いものをたくさん入れてしまうと、ダイエットできなくなってしまいます。お酒はもともとカロリーなどが多いものなので、なるべくそのまま飲めたほうがベストです。

つまりブランデーは割って飲めるもの自体があまりなく、太ってしまう確率もあまりないと思っていいでしょう。

おつまみはよく選んでから決めよう!

中にはアルコールのみでお酒を楽しむ人もいるでしょうが、ほとんどの人は何かと一緒に食べながら、飲んでいるでしょう。とくに欲しくなるものは油がたっぷりついた、こってりした揚げ物などが定番です。

ダイエット中ならそんなものを食べるとすぐに太ってしまい、やめておいたほうがいいとわかっていても、お酒を飲んでしまうとやめられなくなってしまいます。

ブランデーは他のお酒と違って、欲しくなるおつまみがナッツやチョコなど、控えめなものばかりです。意外に太りにくいものが多く、これも大きなメリットでしょう。

しかしブランデーもお酒の一種なのはたしかです。どんなおつまみも、食べすぎないように気を付けてください。もちろんブランデー自体も飲みすぎると、太る原因になってしまいます。

ブランデーダイエットの効能とおすすめの飲み方

たしかに他のお酒に比べると、痩せやすい特徴が存在し、痩せるために向いているのは以下の効能があるからなんです。気になる人は具体的に確認するといいでしょう。

さらに飲み方を活用すれば、効率よく痩せられるのでブランデーに興味が出てきた人は必見です!

他のお酒だと欲しくなるおつまみがあまり欲しくない!

もともとお酒を楽しんでいると、なぜか油がたっぷりのものが欲しくなるケースが多いでしょう。それは糖質が問題で、自然と食欲が出るようになっているからです。

しかしブランデーは余計なものが入っていないので、食欲だってわいてきません。おつまみが欲しくならず、食べるとしても合うものがナッツ類などの油があまり入っていないものが、大半なので心配もないわけです。

もちろんすべてが安心なわけでなく、かえって太りやすいおつまみに手を出さないでください。

脂肪を少なくできる!燃えていくから!

飲むことでお酒を楽しむ人もいるでしょうが、上級者になってくると匂いまで楽しみになるらしいです。ブランデーは独特の香りが出ており、それを楽しむ人も中にはあるでしょう。

必ずこの匂いと一緒に飲んで、ダイエットに活かしてみてください。

この香りには脂肪をもやしてくれる効能があると、最新の研究で分かってきたというんです。つまりアルコールの代謝がアップする効能だけでなく、ブランデーの香りもプラスして、さらにダイエットしやすくなるでしょう。

初めて飲むならコレ!飲み方次第で痩せられる!

匂いが独特な特徴があるブランデーですが、味も独特で他のお酒にはない、ある特徴があります。それは割る必要もないくらい、味が完成されていることでしょう。

そのものの味を楽しむために、ストレートかロックがおいしくブランデーを飲めます。

それだけでもダイエットとして優秀なのですが、初めて挑戦する人にとってハードルが高いかもしれません。そこで痩せやすい効能がたっぷりのものと割ると、ダイエットの邪魔にならないでしょう。

◆炭酸水とブランデーを混ぜるハイボール

もともとウイスキーを使って炭酸を混ぜるものが、人気になっているカクテルがこのお酒です。しかしブランデーでもこのハイボールが作れてしまうので、作ってみてください。

炭酸水をブランデーの3倍に薄めるだけでできてしまいます。炭酸がシュワシュワしているおかげで、お腹が膨れて他のものが欲しくなくなり、食べすぎを防いでくれるでしょう。

◆味を変えるなら果物と炭酸で割るスプリッツアー

先ほどは炭酸のみを入れてしまうハイボールでしたが、それでも味になれない人であれば、そこに果物を入れてしまうのはいかがでしょうか?あなたになった果物を組み合わせて、飲みやすく作ってみるといいでしょう。

ブランデーダイエットはウイスキーでも大丈夫なの?

痩せるためには脂肪になりにくいものを選ぶべきですが、ブランデーも意外に高いものでもあるんです。しかし余計なものが入っていないので、アルコールで代謝があげられて帳消しにしてくれます。

そしてお酒を割って飲まなくても完成された味なので、さらに太ってしまう心配もありません。

そんなブランデーに似たお酒が唯一あり、それがウイスキーです。このお酒は日本でも馴染みがあるもので、とくにハイボールなどに使われます。

穀物から作るビールのような立ち位置がウイスキーで、果物から作るワインに似たものがブランデーです。

つまりウイスキーは割りやすくできているので、お酒としては使い勝手がいいものといっていいでしょう。

その割る飲み物に気を付けていれば、ウイスキーも蒸留酒なのでブランデーと同様に痩せやすいものです。使い分けて役立てるといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

71



ページのトップへ