公開日:2017/08/30 

貧乳ブーム到来!胸が小さくたって魅力的になれる条件とは

多くの女性が憧れるのは、ふんわりと柔らかそうな大きなバストではないでしょうか。しかし、最近ではヒンヌー教という言葉があるくらい、貧乳が好きな男性が増えているようです。小さいおっぱいの魅力と、きれいに保つ秘訣を探っていきましょう。

小さいおっぱいが大人気!?

最近、貧乳ブームで小さいおっぱいが好きという男性が増えているそうです。小さいおっぱいの人気の高さを表すかのように、ヒンヌー教という言葉まであるくらいなのです。

ヒンヌー教とはどういうものなのでしょうか。また、小さいおっぱいがなぜ人気があるのかということについて探っていきます。

ヒンヌー教ってなに?

ヒンヌー教とは、ネット上で貧乳が好きな人が、その気持ちを宗教の信仰心と同じようにたとえて使っている言葉です。このような言葉が作り出されることからも分かるように、貧乳を愛してやまない人たちは想像以上に多いようです。

具体的に貧乳が好きな理由は人によって違ってきますが、女性と男性では理想とするおっぱいに違いがあるのかもしれません。

もちろん、男性が皆、小さいおっぱいが好きなわけではなく、多くの女性が憧れるふっくらとした大きいサイズのおっぱいが好きな男性もいます。つまり、男性によっておっぱいの好みが分かれるということなのですね。

小さいおっぱいはなぜ人気?

では、なぜ貧乳ブームといわれるくらい小さいおっぱいが好きな人が多いのでしょう。

女性の中には、バストサイズに悩んで豊胸を検討する方もいるくらい、巨乳に憧れを持つ方は多いですが、男性の中には、「大きいと圧倒される」とか「親近感がわかない」といった意見もあります。

迫力のある巨乳にマイナスのイメージがある男性たちにとっては、小さいおっぱいの方が可愛いという気持ちがあるようで、小さいおっぱいに対して「清純そう」などというイメージを持っている方もいるようです。

自分の胸は大きくない、と悩んでしまう女性は尽きないものです。ところが、小さいおっぱいを好む人も多くいることがわかりました。あまり自分の胸をマイナスに捉えずに、良い部分を探していきましょう。

小さいおっぱいのメリット

女性の中には貧乳であることに悩み、コンプレックスに思っている方も少なくないかもしれません。

しかし、貧乳ブームで小さいおっぱいが好きという男性が増えてくると、今まで悩みの種でしかなかったおっぱいの価値も変わってくることでしょう。

おっぱいが小さいことによるメリットにはどのようなものがあるのか探っていきます。

洋服がきれいに着こなせる

おっぱいが小さいと得することのひとつに、好きなファッションができるということが挙げられます。ブラジャーなどもおっぱいのサイズが大きいと、可愛いデザインのものがなかったりすることがあります。

また、バストが目立ってしまうため、洋服選びに悩む巨乳の方もいるようです。その点、小さいおっぱいは、おっぱいのサイズによって着るものを制限されることも少なく、下着のデザインも自分の好みに合わせて選ぶことができる可能性が高いのではないでしょうか。

垂れても目立ちにくい

小さいおっぱいのもうひとつのメリットとして、垂れても目立ちにくいということを挙げることができます。大きいおっぱいだと、年齢を重ねて垂れてきた時に、どうしても小さいおっぱいより目立ってしまいます。

もちろん、大きいサイズの方も小さいサイズの方も老化現象があるのは同じで、美しいバストをキープするには、垂れないように努力することが大切になってきます。ただ、見た目のインパクトが違うため、実際に垂れた時には、大きいサイズの方がよりその変化が目立ちやすいでしょう。

小さいおっぱいには小さいおっぱいなりのメリットがあります。すらりとした体のラインを出せるため、自分に似合う洋服を選べばむしろ魅力になることもあるようです。自身の体の持つ魅力を探ることが重要ですね。

ただ小さいだけではダメ!魅力的なおっぱいの条件

貧乳ブームとは言うものの、本当に美しいおっぱいを目指すなら、質のいいおっぱいを目指し、磨きをかけていくことが大切です。ここでは魅力的なおっぱいの条件について考えていきます。

小さくてもハリがあること

おっぱいのサイズの大小にかかわらず、ハリがあってみずみずしいおっぱいというのは魅力的です。きれいに上を向いた弾力のあるおっぱいを育てるためには、食べるものにも気を使っていきましょう。

特にコラーゲンは積極的に摂りたいもののひとつです。コラーゲンは肌の弾力を保ったり、水分量を保持したりするのに役立つといわれていますので、コラーゲンドリンクやサプリメントを上手に活用して、美しいバストを目指していきましょう。

トラブルのない滑らかな肌

小さくて垂れてないおっぱいであったとしても、肌のお手入れが行き届いていないとおっぱいの魅力も半減してしまいます。触りたくなるような滑らかな肌であることが、美しいおっぱいの条件のひとつでしょう。

ですから、自分のおっぱいを大切にし、乾燥対策などのケアはこまめに行うように心がけましょう。また、規則正しい生活をして肌トラブルを発生させないように意識を高めておくことも重要です。

小さいおっぱいの良さは、全ての小さいおっぱいにあるというわけではありません。小さいけれども美乳!を目指すため、美肌とハリには十分注意しましょう。

小さいおっぱいを磨いて誰もが羨む美乳に!

小さいおっぱいに悩む女性は多いかもしれませんが、小さいからこその魅力があるのも事実です。

  • ヒンヌー教という言葉が取り上げられるほど広がっている貧乳ブーム。
  • 小さいおっぱいには巨乳にはないメリットがある。
  • 滑らかで弾力のあるおっぱいを目指そう。

ただ小さいだけでなく、手をかけて最高の美乳を目指していきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

3,575



ページのトップへ