公開日:2017/05/26  最終更新日:2017/10/31

保湿重視のボディーソープでしっとり肌に!おすすめ6選

ふくらはぎが粉ふきになっていませんか?手足を出しても大丈夫なように、保湿はお顔だけではなく、体全体にすると、お顔までしっとりしてきます。乾燥した体のためにボディソープも保湿重視で選んで、しっとり肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

ボディーソープの選び方!成分を確認しよう

お肌に優しい洗浄成分はやっぱり石けん

敏感なお肌で少しアレルギーのある人は乾燥しやすいようです。そういう人は洗浄成分があまり強くないものおすすめです。肌にもっともソフトなものは「脂肪酸炎」です。つまり、石けんです。石けんは皮脂と結びつき弱酸性になり、界面活性が消失するので、皮膚に負担をあまり与えず、肌に優しい洗浄物質です。

しかし、石けんは強いアルカリ性ですから、お肌が乾燥して弱っている場合、刺激が強いかもしれません。皮脂が少ないと石けんを弱酸性にする力が弱いのです。そういう場合は、アミノ酸系などのボディソープで保湿成分の入ったものを選ぶとしっとり肌を目指せます。

石けん以外の優しい洗浄成分は?

弱酸性の成分が入ったボディソープが、敏感で乾燥しがちな肌にはおすすめです。弱酸性の成分とはアミノ酸系ボディソープやグルコシド系などがあります。もちろん弱酸性であっても界面活性剤ですが、お肌に残っても洗浄する力が弱いので、強いものに比べると肌にダメージを与える力が少なくなります。

また、アミノ酸系のボディソープはアシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルサルコシンNaなどが洗浄成分として使われています。こういった優しい界面活性剤は泡立ちが悪いようですが、泡立てネットなどを使えば、ちゃんと泡立ちます。泡立てた方が、肌への刺激も減るので、おすすめです。

潤い成分でしっとり肌に

刺激が少ないかどうかだけではなく、どのような保湿成分が入っているかもチェックしましょう。セラミドやアルギニンなどが含まれた保湿重視のボディソープを選びましょう。セラミドとは、皮膚の細胞間脂質で、スポンジのように水分を吸収し潤いに欠かせない成分です。

皮膚のセラミドが落ちてしまうと、肌の潤いが無くなります。外からの供給でしっとり感が戻りやすくなります。セラミドは人工的に作っても、人のセラミドに近いものとそうではないタイプがあります。人のセラミドに近いものが当然、肌への吸収率が上がります。人のセラミドに近いものは、セラミド2またはセラミド3と成分表に表記されています。

保湿重視のしっとりタイプおすすめ3点

「ロート製薬 ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ 」

目薬でおなじみの「ロート製薬」はフェイスケア、ボディケアの部門でもお肌がきれいになると評判が良いようです。そのような「ロート製薬」が提供するボディソープは弱酸性のアミノ酸系泡タイプです。

ポンプを2、3回押してそのまま泡立てずに即使え、保湿成分がたっぷり入っています。そのひとつが天然型マルチセラミド配合で保湿効果が期待できます。

その上、タンブリッサトリコフィラ葉、フキ葉・茎エキス、カミツレ花エキスの3種の植物由来の保湿成分が入って、洗った後しっとり肌を目指せます。防腐剤として使われ、アレルゲンになるパラベンが無添加で敏感肌の人も安心です。

「ニベア クリームケア ボディウォッシュ」

リーズナブルなお値段にも関わらず、セレブにも人気だと言われる「ニベアクリーム」でおなじみの「ニベア」で販売しているボディソープです。「ニベアクリームケアボディウォッシュ」は「ニベアクリーム」の成分である、ラノリンアルコール、グリセリンを配合しています。そのふたつの保湿成分の効果で洗ったあとも、しっとり感が期待できます。

このボディソープの特徴はクリームのような固い泡立ちです。泡立ちが良いので汚れをきちんと落としながら、潤いはしっかりキープするボディソープです。粉ふきになっている乾燥肌の人にも好評です。お風呂上がりはニベアクリームでケアしましょう。

「BOTANIST ボタニカル ボディソープ モイスト」

アレルギーを引き起こす原因になりがちな硫酸系成分をカットしたボディソープです。植物由来(ボタニカル)の保湿成分を使ったボタニカルバターでしっとりしたお肌になります。ボタニカルバターに使われているのは、シアバター、アーモンド、ココナッツミルクなど。顔にも使えるくらい優しいので、小さなお子様でも安心して使えます。

ボトルもおしゃれで、バスルームがスッキリした雰囲気になるのもうれしいポイント。お肌の保湿成分は落とさず、汚れだけ落とす泡立ちの良いボディソープです。泡立ちが良いから、少ない量ですむのでエコノミーでエコロジーのエコエコ商品です。

オーガニック系の保湿重視のボディソープ3選

「コレスバジルレモン シャワージェル」

ヒポクラテスの時代からハーブの力を信じてきたギリシャ。そこで生まれた自然の恵みを大事にしている「コレス」の製品になります。マーシュマロウとイモーテルの蒸留水を使って作られたこだわりのボディソープです。保湿成分として、アロエエキスをたっぷり使っているので、しっとり感のある洗い上がりになります。

そのほか、肌の保護のために小麦プロテインを配合しています。大地で育てられたバジルレモンの香りでリラックス効果も期待できます。ミネラルオイル、シリコン、レチノールなど、アレルギーの原因になり、地球環境にも悪影響になるものは使っていません。

「パティカ オーガニック ボディウォッシュ M」

ヨーロッパキイチゴ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮油、リモネンなど植物エキスの保湿成分が配合された体に優しいオーガニックタイプのボディソープです。

マンダリンはヨーロッパのみかんで、日本のポンカンに似た果物です。柑橘類は皮にオイルを含有していますが、そのオイルを配合したボディソープです。マンダリンオレンジ果皮油の香りもオレンジ系の爽やかな匂いで、入浴後も爽やかさが残ります。

マンダリンオレンジ果皮はデトックス効果も期待できるので、毛穴の汚れも取れてすべすべになります。そして、男性用のヘアトニックのような無駄のないデザインのボトルがおしゃれで、素敵です。

「デルベ ローズブラックベリー バスシャワージェル」

センチフォリアバラ花エキス、セイヨウヤブイチゴ葉エキスといった天然由来の保湿成分がたっぷり入っている上、加水分解コムギタンパクがお肌を保湿し、しっとり感があります。グリーン・ローズの香りに、同じバラ科のブラックベリー・リーフエキスを加えているので甘すぎず、理想的な色合いの香りです。

デルペ社はイタリア・フィレンツェ発祥のハーブ化粧品メーカーです。イタリアですから、容器のデザインも楽しめます。デルベ社は保湿重視で、ボディソープだけではなく、全ての製品に保湿成分をたっぷり使っています。

保湿重視のボディソープでしっとり感!

  • 保湿重視のボディソープを選ぶ
  • 気軽に買えるタイプは、ケアセラ、ニベア、ボタニカル
  • オーガニック系は、コレス、パティカ、デルベ

しっとりしたお肌になるには、まずボディソープを正しく選ぶことが大事ですね。体がしっとりしてきたら、顔も乾燥の悩みから少しずつ解放されるかもしれませんね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

6,220



ページのトップへ