公開日:2017/06/15  最終更新日:2017/09/06

伸ばしかけボブでもかわいい!おしゃれで簡単なヘアアレンジ

ショートヘアに飽きて、ロングヘアを目指して髪を伸ばしかけている状態に悩んでいる方は多くみられます。ハネてしまったり、変な方向にうねってしまったりで大変ですよね。今回は、そんな伸ばしかけボブの悩みを解決する簡単なヘアアレンジをご紹介します。ヘアアレンジにお悩みの方は参考にしてみてください。

伸ばしかけボブのヘアアレンジをするなら

悩める伸ばしかけボブのヘアアレンジ方法

ショートカットやボブは人気のヘアスタイルのひとつです。お手軽にかわいくなれるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、おしゃれでかわいいボブも手入れしないとハネたり、うねったりして大変なことも多いです。

加えて、アレンジが難しく、やっぱり伸ばしたいと心変わりすることも。そんなボブも少しの工夫で簡単にかわいいヘアアレンジができますよ。

特に、伸ばしかけボブの方はスタイリングを念入りにして、外ハネスタイルやふんわりさせて毛先を遊ばせるなどバリエーションは豊富です。上手くアレンジして自然に髪を伸ばしていくためにどのようなことが必要なのでしょうか。

伸ばすなら髪を切らないほうが早い

伸ばしかけボブの状態からロングヘアを目指す場合、早く伸ばすためには髪を切らないことが大切です。毛先をカットして調整しながら伸ばしていく方法もあるのですが、伸びるまで時間がかかってしまいがち。

カットせずに伸ばしていけば、より早くロングヘアに近づくことができます。ただし、カットせずに伸ばすと重たいヘアスタイルになることが多く、ハネてしまう原因にもなります。

スタイリングするのが苦手な方や髪の手入れを怠りがちだと、ナチュラルな外はねにならず、どうしても不自然な髪型に見えてしまうことも。そこで、ヘアアレンジをすること自然に伸ばしていくことができます。ボブにぴったりなヘアアレンジで、おしゃれを楽しみながらきれいなロングヘアを目指しましょう。

自然に伸ばすならレイヤーを入れるのもおすすめ

切らずにそのまま伸ばしていくと、重たいヘアスタイルにみられがちです。そこで、表面にレイヤーを入れることで自然な軽さをだすことができます。こまめなスタイリングやヘアアレンジが苦手な方におすすめです。

レイヤーを入れるメリットは、伸びてきた毛先がハネても、自然なヘアスタイルをつくれることです。レイヤーを入れる際のポイントは、髪の下の方の厚みはそのままにして、上の方から入れることです。

表面の髪だけに段差をつけることで、ボブのかわいさを残しつつナチュラルなヘアスタイルが完成します。ただし、毛流れやクセによってハネ方はさまざまです。上手くレイヤーを入れることができるか美容師に相談してみましょう。

簡単なヘアアレンジで伸ばしかけボブを乗り切る!

アクセサリーでかわいくヘアアレンジ

伸ばしかけボブのヘアアレンジとして、簡単なのはヘアアクセサリーをつけることです。サイドの髪をピンでとめて、ボリュームをおさえるだけでも印象が変わって見えます。

どうしても伸ばしかけの状態だと、髪の長さにばらつきがでて、おしゃれに無頓着なヘアスタイルに見えがち。ヘアアクセサリーを上手につかって、顔周りを軽くすることでスッキリとしたかわいさを表現できます。

簡単におしゃれなアレンジがしたいならポンパドールがおすすめです。おでこを見せることで顔の表情が明るくなり、イメチェンにもぴったり。ゆるめのポンパドールにすれば、抜け感がでてトレンドヘアになりますよ。

おしゃれな編みこみアレンジも

アクセサリーよりも少しおしゃれにきめたいときは、編みこみアレンジがおすすめです。編みこみアレンジは、大人の女性らしさをだしながらも上品なイメージをあたえます。慣れていないと難しく感じるかもしれませんが、コツをつかめば簡単です。やってみると楽しい気分になりますよ。

また、伸ばしかけボブにぴったりなのが、前髪を編みこむポイントアレンジです。おでこをだしてすっきりとした明るいイメージに。ポイントアレンジだから編みこみに慣れてなくても成功しやすいんです。

慣れてきたら、編みこみハーフアップアレンジがおすすめ。パーティにもぴったりな大人かわいいナチュラルアレンジです。ボブにもよく似合う編みこみをマスターして印象を変えましょう。

ふんわりアレンジで抜け感バッチリ

伸ばしかけボブで大変なのが、前髪のまとまりです。長さにばらつきがでやすく、整えるのに苦労することも。そこで、ふんわりと前髪を流すアレンジをしてみましょう。

ポイントは事前にカールで巻いておくことです。ふんわりとしたニュアンスパーマのような髪の流れをつくることができます。ナチュラルな抜け感もでて、かわいさが強調されますよ。

髪がハネて気になるときは、ランダム巻きでふんわりボブに。無造作にカールするだけで寝ぐせやハネが目立たないんです。トップにボリュームを持たせることで、伸ばしかけボブの沈みがちなヘアスタイルをカバーすることもできますよ。

伸ばしかけボブのハネをおさえる方法!

まずはハネるポイントをチェック

ハネる原因をみつけることで、伸ばしかけボブのハネをおさえることができるんです。まずは、ポイントをチェックしてみましょう。

  • 毛先をそいだり、トップにレイヤーを入れると後ろがハネやすい
  • 生え方にクセがあると、髪が長くなるにつれてハネやすい
  • 乾かし方によってハネるクセをつけてしまっている

伸ばしかけボブの状態から、順調に髪が伸びてくると特にハネやすいです。

これらの原因を解決するためには、普段の髪の乾かし方を改善する必要があります。無意識に髪を乾かしている方は注意が必要です。寝起きのクセも同様に改善できますよ。

乾かし方ひとつでハネを改善!?

厄介なハネを改善するために必要なのが、髪の乾かし方を変えることです。まずは、髪を乾かす際に下を向いて、髪を下に引っ張りながらドライヤーをあてていきます。

このときに、髪の根元から乾かすようにしましょう。根元部分がハネる原因をつくりやすいため、根元から髪の流れを整えることが大切です。全体がだいたい乾いてきたら、ドライヤーをあてながらサイドの髪を逆手でつかみ、猫の手のようにゆっくりと返します。

ポイントはゆっくりと毛先まで内側に向かって乾かすことです。同じようにバックの髪も逆手でつかんで毛先まで乾かしてきましょう。乾かし方に気をつけるだけでハネのないまとまりのあるヘアスタイルがつくれます。

それでもハネがおさえられないときは

髪質や生え方のクセが強すぎると、簡単にはハネがおさえられない場合があります。髪の毛は通常、時計回りに渦を巻くようにして生えています。つむじの関係で特に右側がはねやすく、人によって生え方のクセや毛流れが違います。

そこで、どうしてもハネがおさえられないときは、ヘアアレンジでカバーしましょう。ハネが気にならないランダム巻きや編みこみハーフアップに挑戦してみてください。しっかりとスタイリングできるなら、ハネをいかした外ハネボブもおすすめですよ。

上手にヘアアレンジすれば伸ばしかけでもおしゃれに!

  • 伸ばしかけボブは切らずに伸ばす
  • 簡単なヘアアレンジでおしゃれになれる
  • 伸ばしかけボブのハネを上手におさえておしゃれに

伸ばしかけボブでもヘアアレンジで簡単にかわいくなれます。参考にしておしゃれを楽しんでみてくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

1,613



ページのトップへ