公開日:2018/04/12 

良いことだらけの黒酢ダイエット!おすすめの飲み方と効果を上げる方法

黒酢はダイエットに適した健康食品として、高い評価を得ています。しかし、黒酢の味が苦手な人なども少なくありません。

そういう時は、はちみつやバナナなどを混ぜることで、黒酢の酸っぱさを軽減できるのでおすすめです。

今回は黒酢のおすすめの飲み方や、効果を上げる方法について紹介します。

7つの健康効果が得られる黒酢ダイエットの方法

黒酢を飲むことで、さまざまな健康効果が得られるのは知っていますか?

こちらでは、黒酢が与える健康効果や効果的なダイエット方法について紹介します。

黒酢が持つ健康効果とは

黒酢には大きく分けて7つの健康効果があります。どのような効果があるのかを説明します。

  • ダイエット効果
  • 黒酢にはアミノ酸が含まれていて、体脂肪の分解を助けるだけではなく脂肪燃焼を促す効果もあります。

    そのため、運動前に黒酢を飲むことで更に高いダイエット効果を期待できると言われています。

    ただ、飲みすぎると胃もたれを起こす可能性があるので適量を守るようにしてください。

  • 悪酔いや二日酔いを防ぐ
  • お酒を飲む人は、なるべく翌朝に酔いを残したくないのが本音です。

    黒酢はアルコールの分解を促し、代謝を速める働きをしてくれます。そのため、お酒を飲んだ後に黒酢を飲む人も珍しくありません。

  • 血流改善効果
  • 黒酢に含まれているアミノ酸には、血液をさらさらにする効果が期待できます。

    中性脂肪やコレステロール、糖分を過剰に摂取すると血液が粘つき、固まりやすくなります。

    そのため、動脈硬化などを引き起こす原因になるため、健康のために黒酢を飲む人も多いのです。

  • 免疫力アップ
  • 忙しい毎日を送る人は、疲労やストレスで免疫力が落ちて風邪を引きやすい人もいます。黒酢には免疫力をアップさせる効果があります。

    黒酢を飲むと風邪を引かないという言葉もありますが、これは単なる迷信ではなく、科学的に根拠があって言われていることなのです。

  • 筋肉を増やし、持続力もつく
  • 黒酢に含まれているバリン、ロイシン、イソロイシンは筋肉の主成分となるだけではなく、運動によって損傷した筋肉を抑え、回復を高めてくれる働きをしてくれます。

    そのため、アスリートやスポーツマンにとって黒酢は欠かせない存在です。黒酢を飲むことで自給力アップにも繋がるので積極的に飲む人が多いです。

  • 高血圧予防と肌にハリとツヤ
  • 黒酢は血行を良くしてくれる働きがあります。血行を良くすることで高血圧予防、肌の新陳代謝も促してくれるので若々しいハリとツヤのある肌を作ってくれます。

    ターンオーバーも促進してくれるため、シミやくすみを改善するために黒酢を飲む女性が多いようです。

冷え性の改善にも良い

女性に多い傾向がありますが、冷え性に悩まされる人も多くいます。冷え性は赤血球が固くなって、毛細血管を通り抜けられないから末端まで血液が行き届かなくなることが原因です。

黒酢を飲むと固くなった赤血球を柔らかくしてくれるので、身体がポカポカとします。生姜にも同じ作用があり、黒酢とすりおろし生姜を混ぜて飲むことで、冷え性の改善効果を更に高めてくれます。

クエン酸で痩せやすい身体を作る

アミノ酸でもダイエット効果はありますが、クエン酸は痩せやすい身体を作る働きがあります。その理由としてクエン酸は活性酸素を除去して血流を良くしてくれるからです。

食前に飲むことで、血糖値の上昇も緩やかになり、脂肪もたまりにくくなります。腸の働きも活発にしてくれるので、便秘に悩まされている人にも効果が期待できます。

ダイエットにとって便秘は天敵と言っても過言ではありません。きちんと便を出して、お腹をすっきりさせておくといいでしょう。

黒酢ダイエットの効果が上がる飲み方

黒酢ダイエットと言っても、適当に飲めばいいわけではありません。

きちんと適したタイミングで飲まないと、ダイエット効果も半減してしまうので注意しましょう。

こちらではダイエット効果を高める黒酢の飲み方について紹介します。

黒酢は朝に飲むのが良い

朝、黒酢を飲むことで通勤時の移動や家事などで脂肪燃焼効果をアップさせることが出来ます。ダイエットに良い運動は有酸素運動ですが、意識しなくても日常生活の中で有酸素運動は行っているのです。

そのため、朝に黒酢を飲むことでダイエット効果を高められるのでおすすめです。ただし、起き抜けで飲んでしまうと気持ち悪くなる人もいるので気をつけてください。

食事中~食後に飲むのが良い

黒酢の他に食事をメインとしたダイエットを行っているのであれば、食事中~食後に黒酢を飲むことをおすすめします。

その理由は血糖値の上昇を緩やかにして脂肪になりにくくしてくれるからです。しかし、味が独特なのではちみつなどを混ぜて飲むのがいいでしょう。

ただし、はちみつを多く入れ過ぎてしまうと、糖分の過剰摂取に繋がってしまうので注意してください。

黒酢を飲む量とは

黒酢は大体15cc~30ccを目安に飲みましょう。原液のままだと喉や消化器官を傷つける可能性があるので、10倍程度に薄めて飲んでください。

最近はダイエット用に最初から薄めてある黒酢も販売されているので、そういったものを飲むと比較的楽かもしれません。

どうしても酸味が気になってしまう人は、牛乳と混ぜることで味がまろやかになって飲みやすくなります。これはおやつ感覚でも飲めるので、朝飲む時におすすめです。

黒酢ダイエットの注意点※空腹時に飲むのは危険!

黒酢は胃腸へ与える刺激が強いため、空腹時には飲まない方がいいと言われています。起床後、すぐに飲むのもおすすめできません。

食前に飲むのがおすすめされていますが、まったくの空腹時に飲むと胃腸に影響を与えるため、食事をひと口、ふた口食べて胃がからっぽではない時に飲んでください。

普段は10倍程度に薄めてから飲むのが推奨されていますが、胃腸が弱い人はもう少し薄めた方がいいでしょう。

そして、黒酢には食欲増進作用もあるため、食事中などに飲む時は腹八分目を心がけるようにしましょう。

胃腸に負担をかける飲み方をすると、下痢や腹痛を引き起こすことがあるので注意してください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

40