公開日:2017/09/21 

美肌への近道は食事にあり!体の内側から綺麗になる腸活レシピ

最近テレビでも話題の腸活。腸を綺麗にすることで便秘を解消し、体の不調やお肌の調子などが改善するといわれています。季節の変わり目になると、お肌の調子もゆらぎやすく、乾燥になやんだり、予想外の吹き出物に悩まされたりする女子も多いはず。

でも、そのお肌の不調、もしかしたら環境のせいだけではないかもしれません。腸を綺麗にすることで、お肌の調子を整え、内側から綺麗を目指したい女子のために、是非取り入れたい発酵食品と美肌をつくるための食事のアイデアをご紹介します。

最近話題の腸活とは

女子たちのひそかなお悩み、便秘

働き女子たちを悩ませるものの一つに便秘があります。ファッション雑誌をぱらぱらとめくっていても、便秘は特集として頻繁に取り上げられており、ひそかに悩んでいる人たちが多いことを物語っています。

便秘の原因は、無理なダイエットなどによる食事の偏り、ストレス、運動不足、不規則な生活などが挙げられます。日々忙しい働き女子にとって、悩みの種であるものの、忙しさや時間のなさを理由に根本的な解決に至らないケースも多いようです。

実は怖い!腸内環境の悪化による体の不調

便秘は頭の痛い問題ですが、実は、長い間お通じがなく腸内の環境が悪化することで知らず知らずのうちに体の不調にもつながること知っていましたか?肌荒れや冷え、肩こりなどの症状はもとより、免疫力の低下、はたまた肥満や糖尿病、うつなどにも関連することが最近の研究でわかっています。

腸を綺麗にする腸活が健康と美容への近道

そこで最近注目されているのが腸活。腸活とは腸内環境を整えるための活動のこと。大きくわけて運動と食事にわけられます。腸の環境をよくするためには、腸の環境をよくするための菌(善玉菌)を増やし、悪玉菌が発生しないように食べるものから変える必要があります。そして、特に、長い間お通じがなく腸自体の働きが弱っている場合、腸の運動を刺激するための適度な運動も不可欠です。

腸内環境が整うと、体の調子だけでなくお肌にも良い影響があります。あごにできていた小さな吹き出物は、自然となくなり、お肌にハリもでてツヤもでてきます。まさにインナービューティーとはこのことですね。まずは腸内環境から改善することが、健康と美容の近道といえます。

美肌をつくるための腸活

美肌になりたければエステよりも腸活

内側から輝く真に美しい肌になりたければ、エステや高いお化粧品よりもまず先に腸内環境を整えることをおすすめします。中でも、食事の改善は一番簡単でお金のかからない美容法といえます。

腸にいいといわれる食事

食事内容の改善のために腸内環境を整えるための食事についてのポイントを紹介します。

【腸内環境改善のための食事のポイント】

  • 水溶性、不溶性の食物繊維を摂取する
  • 良質な油を摂取
  • 発酵食品を取り入れる。

まず、便秘ときいて一番に思い浮かぶのが食物繊維だとおもいますが、実は食物繊維には2種類あることご存じでしたか?一つ目はキウイフルーツ、りんごなどの便の水分を増やして排出しやすくる水溶性の食物繊維。そしてもう一つは、さつまいもやきのこ、わかめなどの便のかさを増やして腸のぜん動運動を促進する不溶性食物繊維です。

どちらも腸内環境を整えるには大切なのでバランスよく摂取できるといいですね。また、排便を促すのに必要なのが良質な油をとること。オリーブオイルはその代表的な例です。そして最後に発酵食品を取り入れることもポイントです。

腸活に欠かせない発酵食品

発酵食品は、微生物の働きによって食品を発酵させてつくられた食品のことをいいます。チーズやヨーグルト、キムチなどに含まれる乳酸菌の働きによって腸内の善玉菌を増やし、腸内環境整える働きがあります。

【主な発酵食品】

醤油、味噌、甘酒、酢、チーズ、ヨーグルト、塩糀、醤油糀、キムチ、ヨーグルト 等

無理なく発酵食品を取り入れるコツ

発酵食品はなんとなく体によさそうとおもっても続けられなくては意味がありません。

毎日無理なく続けるポイントは、普段の食事にプラスアルファでいれること。例えば、甘酒は普段の料理に甘みをつける際に、砂糖の代わりにいれてみましょう。また、塩糀は塩の代わりに、醤油糀は醤油の代わりに使うと、糀ならではのコクが加わります。ヨーグルトはサラダのドレッシングや、生クリーム、マヨネーズの代わりにもなります。

豚肉とズッキーニのこくうま甘酒味噌炒め

【材料】2人分
豚小間切れ肉    200g
ズッキーニ     1本 ※5㎝長さに切ってから3mm厚さに切る。
ミニトマト     4個 ※へたをとりタテ半分に切る
A
あわせ味噌、甘酒  各60g
おろし生姜     20g
菜種サラダ油    適量
白炒り胡麻         小さじ1

【作り方】

  1. Aの材料を混ぜ、豚小間切れ肉をいれてもみこみ、冷蔵庫で30分置く。
  2. フライパンを中火で熱し菜種サラダ油を引いて、ズッキーニを炒め 全体に火が通ったら器にあける。
  3. 1のフライパンに1を味噌ごと入れ焦げないように炒める。
  4. ズッキーニとトマトをいれさっと炒めて器に盛り、白炒り胡麻をふる。

お砂糖の代わりに甘酒を使い発酵食品をダブルでつかった一品です。

豚肉を発酵食品である甘酒と味噌につけることにより、コクと旨味も増します。つけ時間は長すぎると身がしまりすぎてお肉が固くなりますのでご注意を。ご飯がすすむおかずです。

美肌は毎日の発酵食品を取り入れた食事から

美肌をとりいれるためには日々の食事から。発酵食品なら、日常の食生活を大きく変えなくても日頃つかっている調味料がわりにとりいれることで簡単に取り入れることができます。毎日の食事にほんのひと工夫で、内側から輝く美肌を手に入れましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

190

Editor's Information

美肌への近道は食事にあり!体の内側から綺麗になる腸活レシピ
河合真由子(かわい まゆこ)

フードスタイリスト、フードコンサルタント

大学卒業後、流通業界に就職。その後、海外で飲食店の出店支援やカフェの立ち上げに携わる。海外滞在中の仕事や日常生活をとおして、食は万国共通のキーワードであることを実感。帰国後、祐成陽子クッキングアートセミナーでフードコーディネーター資格取得後、独立。
現在は、TV、書籍、広告のスタイリング、メニュー開発、食にまつわる新規事業のコンサルティングを行う。朝のTV番組での仕事がきっかけとなり、OL女子のための朝活コミュニティ「とっておきの朝食会」を主催

HP:http://recipeoflife.jp/
とっておきの朝食会 https://www.facebook.com/choushoku/