公開日:2018/05/31 

メリハリのある美ボディを作るならねじりダイエットが効果的!

運動をしないと脂肪が少なくできないので、いくら痩せようとしてもうまくいきません。

もちろんどんな運動でもいいわけでないので、女性の場合は腕などをねじりこんでダイエットに活かしましょう。

体のさまざまなところをねじっていれば、インナーマッスルがアップして、その効果をあげてくれます。

ねじりダイエットは引き締めたい箇所をねじるだけというやり方でOK!

面倒な運動だと時間をとらないといけないうえに、きついトレーニングでイヤになってしまいます。

しかしこのねじりダイエットは、基本的に体をねじるだけでいいので、空いた時間にできてしまって気軽です。

その気になるやり方は、畳1枚あれば十分なくらいの広さでできてしまうので、すごく簡単でしょう。

腕が気になるなら仁王立ちになって腕を外側にねじる

  1. 肩幅に開いてきれいな姿勢で立っておく
  2. 腕をピンと伸ばして、斜め下に向けて準備する
  3. 呼吸法をうまく使い、内側にむけた手を外にむける
  4. 息を吸って外に向けたら、吐きながら元に戻す

このやり方は基本的に腕をねじって、筋肉の奥底にある部分を鍛えます。

ですから回数が少ないとあまり効果がないので、上記のやり方を10回はせめて続けるようにしましょう。

これだけしか体を動かさないので、時間の合間を見つけては繰り返しすることで、さらに痩せやすい体になっていきます。

腰をねじりだすと骨盤の運動にもなる!

  1. 下に向けていた腕を、90度に曲げて左右は別々に、上と下に手を向ける
  2. 肘の高さも肩まであげて、片方の膝を少しまげて立つ
  3. 手をあげたほうと反対の膝を内側にねじる
  4. 次は反対の手をあげて、膝も反対にねじり、骨盤を少し意識する

先ほどは腕を外にねじるだけでしたが、次は腕をねじりつつ、足を付け加えて腰をねじりましょう。すると自然に骨盤の内部が鍛えられて、お腹周辺も痩せられます。

そして腕の効果をあげるために、肩の骨をくっつけるイメージですると、肩こりにも効くのでおすすめです。肘をできるだけ高い位置にキープして、続けるようにしましょう。

基本的に10回を2セットとして最低半月は続ける!

いつでもねじることができるこのやり方は、時間が空いたときにやっていると、高い効果を発揮します。

しかし逆にあまり時間をかけずに続けていたら、意味がありません。最低でも1日に10回を2セットすると決めておき、それ以上できそうならもっと回数を増やしてもいいでしょう。

さらにこれを毎日続けておき、半月ほど継続できると効果を実感できるようになります。回数だけ見たらすごく多そうに見えてストレスを感じますが、やっている内容そのものはねじるだけで簡単です。

寝る前や起きてすぐにするなど、空きやすいところに時間を作ると続けやすく、それを習慣化してねじりダイエットをしてみましょう。

恥ずかしいなら家に帰ってからだと、心置きなくできるのでおすすめです。

ねじりダイエットの効果を上げるにはねじってから”キープ”する

とにかくやり方をしては体をねじるだけという、簡単なやり方でできてしまうので、続けやすいのがいいところでしょう。

もちろんそれだけでも、普段からそんな筋肉に使い方ができていないので、効果が高く出るわけです。

ちなみにねじった腕をキープできていると、それだけでももっとインナーマッスルに効くようになります。

このねじりダイエットは腕だけでなく、じつは他の部分まで体の筋肉を使えるので、ダイエットとしてはもっと痩せやすい体質になるんです。

どんな効果があるのか、見てみることにしましょう。

ねじっている部分でなくても効果がある!

腕をねじって体が細くなるなんて、パッと見た感じではそんな風に思えません。

しかしこのやり方を実践して成功した人が多く、それには腕以外の部分まで効果があるからなんです。

まず腕をあげてねじることで、肩の部分まで引き締められます。もちろんそこが動くとなるとコリもほぐせて、体のだるさもなくなったという声も中にはあるようです。

それくらい広範囲に効果があるので、ダイエットができると期待してもいいでしょう。ちなみに骨盤をねじるやり方も紹介しましたが、そのやり方を実践していたら、姿勢だってきれいになれます。

体の中から鍛えられるのでマッチョのようにならない!

もともとダイエットで重要になるのは、代謝をあげて運動をしなくても痩せられるかどうかでしょう。

たしかに筋肉がついたら痩せやすいですが、見た目が男らしくなって、女性としたらそこを目指しているわけでもありません。

だからこそキツイ筋トレをしたくない人も、少なくないでしょう。

しかしこのねじりダイエットをしていると、ゴツゴツになってしまう表面の筋肉を鍛えているわけでなく、内部を鍛えているのできれいに痩せられます。

体重が減らせられて体つきも細くなれるので、女性らしい魅力的な体型になりやすいでしょう。

体をねじるのは一般的な運動では、鍛えられないやり方ですから、他の運動と一緒にダイエットとして取り入れるのもおすすめです。

姿勢がよくなる効果だってある!

ダイエットで見た目が細くなれたら、女性らしい体型になれるように、目指したくもなるでしょう。しかし一般的なやり方では体を細くさせるだけで、それができにくいのが現状です。

そもそもきれいな体型というのは、モデルさんのようなシュッとした姿勢ができていないと、どんなに体が細くてもあまりいい印象ではありません。

だからこそこのねじりダイエットなら、姿勢をきれいにしつつ、痩せられるようになります。腕をねじっていると肩が動いて肩こりがよくなると同時に、猫背がよくなったという声も多く、背筋が伸びていたらしいです。

体をねじるためには背筋を伸ばした状態でないと、うまく続けられないので、このやり方を続けていると自然に姿勢がよくなったのでしょう。

骨盤だってねじっていると背骨に影響されるので、ゆがみを軽くできます。体をねじり続けていると、これだけ姿勢にも影響するので、きれいにダイエットをしたい人にはピッタリなやり方です。

毎日少しずつでも続ければメリハリのある美ボディに!

このやり方としては空いた時間で体をねじっていると、自然と体の奥から鍛えられて、体を細くできる独特な効果があります。

しかも1日に10回を2セットという短さで、運動を一生懸命していた人からしたら、これだけで効果があるのか不安になるでしょう。

たしかに多すぎるという回数でもないので、本格的にする人は多めに体をねじるといいのですが、もちろん少なくても問題ありません。

それは毎日続けているからです。しかしインナーマッスルにいい効果があるので、少し続けても鍛えられるものでもありません。

最低でも半月は続けて、体に変化がないか確認しながら、毎日続けるようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

75



ページのトップへ