公開日:2018/06/05 

バナナ酢で脂肪をもやす方法で体重減!ちょうどいい飲み方でダイエット

体のいい食事は健康になれて、しかも体だって細くできるメリットがタップリあります。

その中でもお酢は使い勝手がよく、バナナと組み合わせるとダイエットしやすくなるバナナ酢になり、その効果も評判です。

どんな方法で使えばいいのか、飲み方と一緒に参考にするといいでしょう。

ダイエットの方法としては好きなタイミングでバナナ酢を飲むだけ!

なかなか痩せられない人の特徴は、基本的に面倒になってやめてしまう場合が多くあります。食事の量を減らして、好きなものが食べられないとストレスがたまるのが原因です。

食べものの恨みは怖いとよく耳にしますが、それと同じで食事のストレスはダイエットに関してもよくありません。そこでバナナ酢を使ってみると、そのストレスを少なくしてダイエットに活かせます。

この方法はとにかくバナナ酢を飲んでいればいいだけで、なんと食べものから吸収される脂肪を、ストップできる効果がゲットできてしまうでしょう。

つまり太りやすい食事をしても、脂肪がたまりにくくなるわけです。さらにお酢の効果によって代謝がアップするので、飲むだけという簡単な方法で、今ついている脂肪も少なくできるでしょう。

ちなみにこれらの効果をうまく出すためには、以下の方法を守る必要があるので、チェックしてみてください。

とにかく自作して毎日バナナ酢を1日40ml弱飲み続ける

とにかく上記で紹介した効果を出し続けるには、毎日バナナ酢を飲み続けないといけません。

市販で販売されているものもありますが、毎日となると金銭面で苦労するといけないので、ここは自作するのが1番です。

費用をおさえられて、しかも簡単に作れてしまうので、作り置きしておくといいでしょう。ちなみにそのバナナ酢を1日に40mlほどの量を、体に取り入れる必要があり、これを毎日繰り返します。

数字で見てもわかりにくいかもしれませんが、これくらいなら大さじ1杯分を毎食わけて飲めば、すぐクリアできるものなので比較的続けやすいでしょう。

  • バナナ酢の作り方を把握
  • では続けやすくするために、簡単にできるバナナ酢の作り方を紹介します。

    どんな方法で作るのかというと、バナナとお酢と砂糖を入れて、それを混ぜ合わせたら放置するだけでOKです!作り方としても簡単なものなので、挑戦してみましょう。

    ちなみに砂糖は白いものを使うと、脂肪になりやすくなるので、てんさい糖やハチミツなんかでもおすすめです。色のついたものを使うのが安心できます。

    <材料>
  • バナナ
  • お酢
  • てんさい糖
    <作り方>
  1. 保存容器を消毒しておく
  2. バナナを2cmくらいにカットし、てんさい糖と一緒に投入
  3. さらにその上からお酢をかけて、混ぜあわせる
  4. 常温のまま2日放置して完成

飲みづらいなら他の食材と混ぜて料理にしてもいい!

さまざまな飲み方を以下でも紹介しますが、じつは方法としては料理にいれてしまうのも、ダイエットとして可能です。

バナナ酢でお腹が膨れてしまえば、他の食べものに手を出しにくくできるので、効果が維持できます。だからこそ甘いデザートなんかにも利用できるでしょう。

もちろん甘さは控えめにするのが、ダイエットとしては必須です。そこを守ってさえいれば、どんな料理にでも使えてしまいます。

    面倒ならスムージーの中に混ぜる
  • スムージー用のバナナ
  • 冷凍したぶどう
  • 小松菜
  • バナナ酢
    <作り方>
  1. ミキサーの中にバナナ酢以外のものを投入
  2. スムージーができたら、バナナ酢を少し入れて完成
    お菓子だって作れてしまう!バナナケーキ
  • シナモンシュガー
  • 砂糖
  • 牛乳
  • 溶かしたバター
  • ホットケーキミックス
  • バナナ酢に漬けたバナナ
    <作り方>
  1. バター以外の食材を混ぜて、最後にバターを混ぜる
  2. ケーキ用の型にオイルを塗って、混ぜた生地を8割入れる
  3. オーブンを用意して180度に設定
  4. 生地を入れたら、30分ほど焼いて完成

バナナ酢ダイエットの効果を上げる飲み方は食前が◎

この食材は基本的に液体になっているので、さまざまな飲みものに使える特徴があります。

だからこそ気軽にダイエットが続けられるため、評判になりつつある方法です。

ちなみにいつでも飲んだらいいと紹介しましたが、食事をする前に飲んでおくと無駄な食欲をカットできる効果があるので、食べすぎを防いでくれるでしょう。

そんな飲み方をすれば、もっとダイエットしやすくなるので、頭に入れておいてください。

そして飲みものの組み合わせをうまく利用すると、さらに痩せられるようになるので、そのおすすめの飲み方も紹介しておきます。

どんな飲み方をすれば、バナナ酢でスタイル維持がしやすくなるのか見てみましょう。

女性の悩みがひどい人は豆乳で割るとおいしく効果アップ!

よく飲みものを牛乳で割る人がいますが、痩せるために使う場合は豆乳のほうがピッタリです。

とくにバナナ酢とは相性がよく、食べものから入ってくる脂肪などをカットできる働きや、バナナに似た効果だってあるのでうまく痩せられる組み合わせでしょう。

もちろんまろやかな味になるので、比較的飲みやすい飲み方です。

本格的にするなら炭酸割!お腹がさらに膨れて食欲を減らす!

とにかく結果を出したいのであれば、炭酸水を使ってバナナ酢を割るとお腹がいっぱいになりやすく、さらに炭酸の効果で代謝だって高くできてしまいます。

しかも水に炭酸が入っているだけなので、バナナ酢のカロリーを高くすることもありません。

いいことばかりですが味を気にする人は、バナナ酢が薄まったものになります。そのあたりを頭に入れておくといいでしょう。

漬けたバナナも再利用!ヨーグルトなら効果大!

じつはバナナ酢はお酢にそのままバナナを漬けてあります。

つまりバナナのほうを有効活用しても、その効果を発揮できてしまうので、そのあたりも使い勝手のいいものでしょう。

このバナナにヨーグルトをかけて食べると、おいしく食べられるほかに、腸を元気にして代謝を上げられる効果を倍増できます。

もちろんヨーグルト以外でも使えるので、漬けていたバナナも有効的に使うべきです。

バナナ酢には疲れがとれる効果もあってダイエットできる♪

一般的なものよりも気軽さがあるこの方法は、なんといっても作り方が簡単で、すぐに作れて作り置きができてしまいます。

そしてお酢を使っているので、ダイエット以外でも疲れをとってくれて、健康にもいい効果を出せるでしょう。

漬けたバナナをデザートとして使っても、効果を損なわず、さらに料理に使う方法だってあります。

うまくバナナ酢を使いこなして、簡単に痩せられる仕組みを作ってしまいましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2,636



ページのトップへ