公開日:2018/06/14 

お腹に優しいベビーフードで体を軽く♪おすすめのレシピでダイエット可能?

さまざまな種類の中から自分にあった方法で、なんとか痩せようとしているでしょうが、中には体調を崩してしまう食材を使うものだってあるでしょう。

しかし赤ちゃんが食べるベビーフードを使えば、とくにお腹にやさしくて、しかもダイエットがしやすくなります。その効果は高く、さらにレシピとしても簡単です。

ベビーフードダイエットの効果は1週間で見えてくる!

体を絞るためには食事に気を遣って体質を変えていくので、徐々にしか体重に変化がないでしょう。

しかしベビーフードなら意外に短期間のうちに、効果を実感できる場合が多くあります。

そもそもこの食べものは、消化機能など成長しきれていない赤ちゃんが、練習も兼ねて食べるものです。

だからこそヘルシーになっており、ダイエットにちょうどいいでしょう。

そして以下の効果も兼ね備えているので、お腹にもやさしくて、続けやすくなっています。

胃腸にやさしくてカロリーが少なくできる

まず赤ちゃんのために作られたものだからこその効果は、消化のしやすさにポイントがあるんです。

ベビーフードは基本的にドロッとしており、とくに噛んでいなくても消化しやすくできているので、胃腸に負担をかけません。

もともと赤ちゃんは歯も生えていないうえに、内臓の機能も完全に成長しきれていないので、食べものを食べられないんです。

もちろん自立してひとりでごはんが食べられるように、練習をして慣れないといけないので、そこにベビーフードを使います。

歯がない分噛まなくても胃腸に負荷がかからないのに加え、消化もしやすく作っているので、とくに気にすることなく成長できているでしょう。

これを大人が食べるとなると、いつもより胃腸にやさしいベビーフードですから、体にも負担をかけません。

さらにそんな食材を使っているので、ヘルシーなものが多くて、脂肪がつきにくく、ダイエットには適したものばかりです。

それを毎日食べると、痩せられないわけがないでしょう。もちろん食べすぎはいけません。

塩分の調整できてしまう!むくみを軽くできる効果も

そして赤ちゃんの練習の時期から、味付けが濃いものばかりを食べていると、それよりも薄いものを口にしたら食べてくれなくなります。

ですからベビーフードそのもののは、塩があまり入っていないものが多く、大人がそれを使うと体にたまる塩が少なくて済むでしょう。

よく体がむくむ人がいますが、あれは塩分のとりすぎも原因です。しかしベビーフードを食べることで、自然と体内の塩分が少なくなります。

これがなくなると無駄に水分が欲しくなくなって、むくみがなくなっていくわけです。

食事を変えても問題なし!栄養的には変わりなし!

脂肪がたまりにくくて、むくみが少なくなると代謝が自然と上がっていくでしょう。そしたら体にたまっている脂肪をもやす働きが出てくるので、ダイエットしやすくなります。

これらのサイクルを生むためには、ベビーフードを食べるタイミングがいつなのかが重要です。じつはそれは3食食べているもののうち、1食でもいいのでそれをベビーフードにしてください。

これだけでダイエットが可能になりますが、それでも栄養が足りなくなって、体調が悪くならないのか心配になるでしょう。

そのあたりも問題なく、健康的に痩せられるのが、このベビーフードを使った方法になります。赤ちゃんを大きく育てるために使うものなので、栄養がタップリ入っているんです。

しかも消化にやさしいわけですから、吸収もされやすくて体調が悪くなることもありません。

もちろん無理にベビーフードを食事と入れ替えすぎたら、必要なエネルギーが足りなくなるので調整したほうがいいですが、常識の範囲内であれば問題ないでしょう。

ベビーフードダイエットのおすすめレシピ

変な食材を使って痩せようとするなら、間違いなく赤ちゃんが食べているものを、積極的に口にしたほうが高い効果で安心です。

もちろんそのレシピをたくさん知っていたほうが、飽きずに続けられるので、おすすめを紹介しておきます。味付けをする手間もあまりないので、すぐ作れてしまうのがこの方法の特徴です。

子育てをするときのように、1度にたくさん作って、冷蔵庫に保存しておくのもいいでしょう。

主食としても最適!鮭とチンゲン菜のおかゆ

    <材料>
  • すりごま
  • チンゲン菜
  • おかゆ
    <作り方>
  1. 先におかゆを作っておき、その間に鮭とチンゲン菜をゆでる
  2. そのあと食べやすい大きさにカット
  3. おかゆとそれぞれの食材を混ぜて、すりごまをかけたら完成

どうしてもお腹が空いてきたら、主食であるごはんが食べたくなるものです。そこでベビーフードを使うなら、おかゆがピッタリでしょう。

しっかりたんぱく質もとらないと、ダイエット的にもあまりよくないので、鮭を入れておきました。

ただのごはんでなく、さまざまな食材がまざっているのも、ベビーフードのいいところです。

おかずに最適!豚肉を使った卵とじ

    <材料>
  • だし汁
  • 砂糖
  • キャベツ
  • たまご
  • しょうゆ
  • 玉ねぎ
  • 片栗粉
  • 豚のひき肉
    <作り方>
  1. キャベツと玉ねぎを、食べやすくなる大きさに切る
  2. 鍋を用意し、先ほど切った野菜を煮ていく
  3. 豚肉をほぐしつつ、温まった鍋に入れていく
  4. 調味料で味付けをして、よく煮つめる
  5. 柔らかくなったら卵を入れて、片栗粉でとろみをつけたら完成

もともとこのダイエットでは、ベビーフードであれば制限はありません。お肉が食べたいのなら、そんなレシピを作れば気軽に食べられてしまいます。

もちろん赤ちゃんが口にできるものしか使えませんが、それでも無理なく続けられるでしょう。

おやつしても最適!りんごの入った食パンケーキ

    <材料>
  • りんご
  • マーガリン
  • 食パン
    <作り方>
  1. りんごを先にすりおろし、レンジを準備
  2. 700wで20秒くらい加熱し、その間にお湯を沸騰させる
  3. りんごとお湯を混ぜて、さらに食パンを手でちぎって入れる
  4. 混ぜ合わせたら、フライパンを熱してマーガリンを投入
  5. 先ほど混ぜた生地を入れて、しっかり焼いて完成

ベビーフードにはおかずなどの食事だけでなく、なんとおやつだってあります。

カロリーとしては少ないうえに、糖質だって少なめになっているので、間食として食べても脂肪になりにくいわけです。

自然な甘みを出しているので、砂糖も使っていません。

栄養もあって消化に良いベビーフードダイエットは無理なく痩せれる

赤ちゃんのために作られたものだからこそ、栄養がタップリでヘルシーなものが多く、痩せるようになるポイントをしっかり押さえられています。

しかも手作りしたら自分で調整ができてしまうので、ダイエットしやすいでしょう。もちろんレシピとしても簡単なものが多く、続けやすいのも魅力的です。

食事を1食だけでいいのでベビーフードに変えて、ダイエットに活かしてみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

34



ページのトップへ