公開日:2018/07/23 

紫外線に負けない美白ケアの方法【目的別で選ぶ】

美白に欠かせないアイテムとして、重要視されている日焼け止め。今は化粧下地の中に紫外線カット機能のあるデイミルクなどが選ばれていますが、一体どれがおすすめなのでしょう?

SPFの数値で選ぶ人や、テクスチャーの使い心地で選ぶ人、化粧崩れのしにくさなどで選ぶ人と様々ですが、当サイトでは口コミの評判を元におすすめできる美白化粧品ランキングを発表しています。

紫外線対策に役立つ美白ケア!そのポイントは?

日焼けを防ぐために外に出る時は紫外線を極力避け、なるべく日焼け止めを全身に塗っておく。 これは白肌を目指す大多数の方が行なっているケアのはず。 やはり、季節問わず、年中お肌に受け続けている紫外線の対策と美白ケアは、切っても切り離せない関係です。

日頃行うスキンケアでの美白も重要ですが、外へ出かける時にしっかりと紫外線をカットし、受けてしまった紫外線は必ずケアしていくことが大切なのです。

なぜ日焼け止めだけでは不十分なの?

日焼け止めはシミや日焼けの原因になる紫外線のブロックにとても大きな効果を発揮します。ですがどんなに強力な日焼け止めでも全ての紫外線をブロックすることは出来ないのです。

さらに、日焼け止めを紫外線量の多い春や夏だけつけている人がいますがそれも大きな間違い。

紫外線は一年中、晴れの日だけでなく曇りの日でも降り注いでいるので、一年間を通して紫外線を ブロックする必要があるのです。

日焼け止めには弱点がある!

日焼け止めというのは、塗った直後は安心できても、私達が常にかいている汗や皮脂で肌から流れ落ちてしまいます。これでは継続的な効果は期待できません。

しかもどんなに丁寧に塗ったとしても、やはり人の手による塗布は均一というわけにはいかず、 必ず塗りムラが出来てしまうもの。

これではせっかく紫外線がブロック出来たとしても、 塗りムラの箇所に紫外線があたってしまいますよね。

コツは日焼け止め+アフターケア

日焼け止めでは防ぎきれなかった紫外線がシミにならないように予防する成分が入っているものや、今あるシミの更なる進行をブロックし、改善できる作用がある美白化粧品がおすすめ。

美しい白肌キープへの近道はコレ!

元々淡色であるシミの色を元に戻し、還元できる成分。白斑などの問題が懸念されているが、濃度2%と定められている国内の一般美白化粧品は問題なし。

美白化粧品の中では基本的に、化粧下地クリームに日焼け止め機能が入っていることが多く、テクスチャーや仕上がりの色、また化粧崩れのしにくさなどの、化粧下地としての使い心地の良さも見逃せないポイント

そして、日焼け止めはでは補いきれない部分を美白化粧品で補っていくこと。

日焼け止めだけでなく美白化粧品を併用して使うことが、徹底的な美白ケアができる方法。十分な保湿ができる化粧品なら美白成分が肌に入りやすく、更に効果的です。

これらの働きをしっかりと抑えた美白化粧品・日焼け止めを使い、毎日きちんとケアすることが美しい白肌への近道!

紫外線対策におすすめ!UVカット機能ありの美白化粧品BEST3

トライアル価格:1,480円(税込)

デイミルク:SPF28/PA+++ 紫外線吸収剤フリー

外部からの刺激をブロック&肌のバリア機能を高め、透明感とツヤを与えながらUVカット!下地機能の高さも光ります。

30日間の返金保証で安心!サエルでシミ対策

トライアル価格:1,000円+税

SPF50/PA++++

アルブチン配合。使用感の口コミ評価も高し!

ナノ化技術で働く美肌ケア!

トライアル価格:1,890円(税込)

SPF50+/PA++

紫外線を強力ブロックするデイミルクが人気!

皮膚科の専門家が開発したアンプルール

肌に優しくUVカットできるサエルが人気

紫外線カット機能のある化粧下地(デイミルク)は様々なものがありますが、サエルのデイミルクは使い心地も良く、肌にすぐに馴染んでいく浸透力もおすすめ。

日中の化粧くずれがしにくいという高評判も見逃せないところ。

SPFは50じゃなければ使いたくない、という方もいる中でサエルはSPF28。けれどお肌に刺激を与える紫外線吸収剤がフリー。

敏感肌の方に選ばれている理由が分かりますね。 ほんのりベージュ色で少し固めのテクスチャーですが、化粧下地の機能性が高い!付けた瞬間からお肌のトーンがアップするのもおすすめできるポイント♪

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

255



ページのトップへ