公開日:2017/05/24  最終更新日:2017/08/14

ANNA SUIのファンデーションで柔肌に!その使い方とは

ANNA SUI(アナ・スイ)のファンデーションが毛穴レスの柔肌を作ると評判になっています。憧れの美肌になれるというANNA SUIのファンデーションの成分と使い方について紹介します。

ANNA SUIのファンデーションが人気!

ANNA SUIとは

ANNA SUIは中国系アメリカ人のデザイナー、アナスイが設立したファッションブランドで、服飾品をはじめ、コスメ、フレグランス、文房具類まで幅広く扱っています。

設立者のアナスイは、雑誌タイムによる「Top 5 Fashion Icons of the Decade」(10年間におけるファッション界のトップ5人)に選ばれたアメリカ合衆国を代表するファッションデザイナーです。

アナスイのファッションの特徴は東洋的なテイストと19世紀的な退廃的イメージをミックスしたアールヌーボー的な美しさで、アメリカ合衆国だけではなく、ヨーロッパやアジアでも人気です。

ANNA SUIのコスメ

ANNA SUIのコスメは、日本ではコーセー系のアルビニオンがライセンス契約をして、生産されています。日本国内で生産される場合は、国で定められたGQP(Good Quality Practice)基準を満たしていることが必須条件になりますから、輸入品よりも安全性が高く、安心して使用できます。

また、日本人の肌に合わないものが極力使われていないという点や成分表示がわかりやすい点も優れた点でしょう。オンラインショップには、並行輸入品のANNA SUIのコスメもありますが、日本製ももちろんあります。

特にファンデーションは、顔全体に塗り、長時間(8時間以上)放置していることが多いですし、カラーも皮膚の色に合うものが必須ですから、国内産のファンデーションの方がおすすめかもしれません。

ANNA SUIのオープンな公式ホームページ

ANNA SUIという会社のあり方が、ホームページを見るとよくわかります。それぞれのコスメ製品の全成分がきちんとわかるように表示されています。

もちろん、どのメーカーも含有成分を公開するのは法律で決められていますから表示されてはいますが、探すにはひと苦労です。ANNA SUIの場合は各製品の下にリンクが付いていて、簡単に見ることができます。それだけ、自社製品に自信を持っているということなのではないでしょうか。

各成分は化学的な名前で記されていますからある程度の知識が必要ですが、消費者は名前を知って、毒性のあるなしを学んでいくことも大事なのではないでしょうか。現在、ネットで多くの情報が得られるので、将来肌にトラブルを持たないためにも化学を少し学んでみましょう。

マット パウダー ファンデーション

柔肌を目指すファンデ!パウダータイプ

ANNA SUIのファンデーションでおすすめは、マットパウダーファンデーションです。特に脂性肌の方には、パウダータイプが皮脂を抑えてくれるのでおすすめです。

ANNA SUIのファンデーションは、毛穴を目立たなくし、ふんわりとした柔肌を作るさらさらタイプのファンデーションです。カバー力もあり、ニキビ跡やくすみ、しみなどをしっかりカバーします。ANNA SUIのマットファンデーションは、保湿もきちんとしてくれるので、乾燥肌の方にもおすすめです。

また、皮脂吸着パウダーとして、含水シリカが使用されています。含水シリカは、皮脂を抑え、皮膚へのフィット感を高める働きが期待できる成分で、二酸化ケイ素の水和物です。歯磨き粉など、口に入れるものにも使われています。

ANNA SUI ファンデのケースがかわいい

ANNA SUIのコスメはパッケージがレトロでかわいいのでパケ買いをしてしまう人が多いブランドです。特にパウダータイプはリキッドと違って、コンパクトタイプなので、かわいいデザインというのは、購入するときのチェックポイントになりそうですね。いつもバッグに入れておくアイテムは、やはりデザインが大事です。

ANNA SUIのパウダーファンデーションのケースは黒い薔薇です。薔薇は、ANNA SUIの他の化粧品や小物などにもよく使われているデザインアイテムですが、黒い薔薇ということでインパクトがさらに強く、目に留まりますよね。洗面所で化粧直しをしているときに、まちがいなく注目されることでしょう。

ANNA SUI の保湿成分は?

ファンデーションの保湿成分はとても大切です。乾燥肌の人だけではなく、脂性肌の人にとっても、大事なポイントになります。なぜなら、脂質が多く、潤っているようでも、実は水分が少ない人も多いからです。

乾燥して、水分が少なくなると、皮膚が均衡を保とうとして皮脂が多く出て、脂性肌になってしまう場合が多いでしょう。ですから、脂性肌の人にとっても、ファンデーションに保湿成分がたっぷり含有されているかどうかが、ファンデーションを選ぶときに大事なポイントになります。

また、乾燥肌の人には保湿成分がマストですね。ANNA SUIファンデーションには、保湿成分として、天然由来の油溶性ノバラエキス、シルクエキス、ペパーミントエキス、マロニエエキスなどがたっぷり含まれています。

価格:レフィル 3,000円(税抜き)、ケース 1,000円(税抜き)

ANNA SUI で柔肌を作る化粧下地

正しい洗顔とローションで柔肌の基礎

ANNA SUI のマットパウダーファンデーションが柔肌作りにかなり効果が期待できるとはいえ、ファンデーションだけではなく化粧下地も大事なポイントになります。

また、ファンデーションをどのように付けるかによっても、お肌の状態が違ってきます。ANNA SUI のマットパウダーファンデーションでさらにきれいな柔肌を作るために、まず下地から見ていきましょう。

まず大事なことは、メイクする前にきちんと洗顔することです。お肌から余分な皮脂や汚れを取っておくと、メイクのもちが断然違ってきます。正しい洗顔のあとは、自分にあったローションをコットンではなく、手で軽くパッティングしながら、お肌に潤いを与えます。コットンは時として、肌の細胞を傷つけてしまう恐れがあるので注意しましょう。

ANNA SUIゲル ファンデーション プライマー

柔肌を作る下地作りには、ANNA SUIゲル ファンデーション プライマーを推奨します。ANNA SUIゲル ファンデーション プライマーは、ゲル状でボトルに入っていますが、決して手で取らないようにしてください。

直接手で触ると、細菌などが増える原因になります。必ず、添付のスパチュラで適量をとり、顔全体に伸ばします。使用した後のスパチュラは必ず洗って、清潔な状態で保管してください。

ゲル ファンデーションプライマーには、天然由来の保湿成分がたっぷり入っています。例えば、油溶性ノバラエキス、シルクエキス、ペパーミントエキスなどです。それらの成分は、保湿と同時に外部からのストレスを極力減少してくれます。

ファンデーションをつけるパフ、ブラシ

ファンデーションは添付のパフを使って、お肌全体につけていきます。伸ばすというよりも、軽くたたくようにして、顔全体に置いていくという方が正しいかもしれません。

パフはいつも清潔にしておかなくてはならないので、添付のもの以外にも持っていると良いかもしれません。毎日洗うか、1週間分くらいの量を購入して、まとめて週末に洗うようにしても良いでしょう。

ファンデーションブラシもお勧めです。パフやスポンジより、つける時に力が均等になるので、仕上がりがきれいになります。ブラシもパフと同様、いつも清潔にしておくことが大事ですから、少なくとも2個以上用意してはいかがでしょうか。

あわ立てた石鹸を片方の手のひらに置き、その上を、毛先が痛まないように、円を描くようにして動かします。そのあと、たっぷりのぬるま湯でしっかりと洗い落とします。石けんが残っていると肌荒れの原因になりますから、注意が必要です。

ANNA SUIファンデーションで柔肌に!

  • ANNA SUIのコスメはコーセー系のアルビオンが作っているので、品質に安心が持てます。
  • ANNA SUIのコスメはパッケージがキュート。
  • ANNA SUIのファンデーションは天然由来の保湿成分がたっぷり。
  • ANNA SUIの化粧下地ゲル ファンデーション プライマーを使うとさらに柔肌に。

柔肌を作るANNA SUIのファンデーションを紹介しました。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

3,424



ページのトップへ