公開日:2017/10/30 最終更新日:2017/11/02

アミノ酸シャンプー悩み対策別ランキング

「頭皮が乾燥する、いつもかゆみやフケが治まらない…」「髪のパサつきやゴワつき、きしみが気になるダメージヘア」「抜け毛がひどい、髪のボリュームがなくて自信が持てない」そんな悩みを解決するアミノ酸シャンプーをランキングで紹介!

アミノ酸シャンプーを選ぶ基準って何?

実はアミノ酸シャンプーの中身自体にはそれほどメーカーによって大きな違い等はありません。全体的な大体の相場、配合されている成分の違い、各シャンプーの泡立ちなど、人によって良い・悪いの基準は本当にバラバラなんです。

アミノ酸シャンプーは普通のシャンプーを選ぶ時のように、単純に価格や有効成分だけで選ぶのではなく、自分の今改善したい悩みによって選ぶべきが変わることを念頭に置くこと。

ここでは口コミで注目されている5つのアミノ酸シャンプーをもとに、それぞれに配合されている成分の違い、商品の傾向、口コミの評価などを検証し、悩みの対策別で独自のオススメランキングを決定。あなたが今対策したい悩みのポイントは何か?を把握しておくことで、間違いのないアミノ酸シャンプーが分かります。

フケ・かゆみを改善!アミノ酸シャンプーランキングTOP3

髪の毛の生え際を除くといつもフケが浮いている。肩にポロポロと皮脂が落ちてしまうほど、フケに悩んでいる。頭をかきむしってしまうほど、時々無性にかゆくなる…。毎日頭を洗っているのに、かゆくなったりフケが出ると悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな人が選ぶべきシャンプーはどれなのか?アミノ酸シャンプーは本当に効果があるのでしょうか?

フケやかゆみ対策用としてシャンプー選びに迷っている人、オススメできるアミノ酸シャンプーをランキングにしました。

そもそも何が悪いのか?フケやかゆみが発生する原因

かゆみやフケは、頭皮の機能が低下していることで起きることが多くあり、毎日のシャンプーの仕方や生活習慣が原因となっていることがあります。かゆみの主な原因とされているのが、髪を洗いすぎていたり、頭皮を傷つけるような洗い方をしていることで、頭皮の乾燥が起きていることです。

皮脂の洗い残しを気にして、爪を立てて洗うことはNGです。指の頭を使い、頭皮全体を動かすように、マッサージをするように優しく洗うことが大切 です。

また、頭皮には適度な水分と脂分のバランスがとれていることが大事ですが、髪を洗いすぎてしまうと、必要な水分や脂分を取りすぎてしまうことがあります。清潔にしようと 一日に何度も髪の毛を洗ったり、シリコンが入った石油系のシャンプーなど、刺激の強いシャンプーを使い続けていると乾燥しやすくなりますので注意 しましょう。

反対に過剰に髪の毛を洗わないでいると、皮脂が毛穴に詰まってしまいかゆみが出ることがあります。炎症を起こしたり感染症にかかることもあるので、かゆみがひどい時には病院で診察してもらいましょう。湿疹や皮膚トラブルは、顔などではすぐ気がつきますが、頭皮は髪が邪魔をして酷くなるまで気づかない場合が多いのです。もし、毎日、ちゃんと洗髪していても強いかゆみが出る場合は注意が必要です。

頭皮は、一定の周期で角質が剥がれ落ちるターンオーバーを繰り返して生まれ変わっていますが、フケは肉眼で見て分かるくらい大きな角質が剥がれ落ちる状態をいいます。頭皮の乾燥や刺激強いシャンプー、パーマ液やカラー剤によって起きることもありますし、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどでも起きることもあります。

フケが目立つからと言って、さらに強い刺激のシャンプーを使ってしまうと、フケやかゆみを悪化させる可能性が高くなります。なるべく頭皮には刺激を与えず、生活習慣を整えることで改善することもあるので日常生活を見直していくことも大切です。

フケの種類と対策

フケには「乾燥フケ」と「脂性フケ」と呼ばれる2種類があり、それぞれの体質や生活環境によって現れる症状も様々です。

「乾燥フケ」の大きな原因とされているのが、「頭の洗いすぎ」です。フケ対策にと、必要以上に強く洗いすぎたり、一日に何度も洗ったり。こうした間違った対策は、さらにフケの発生を助長してしまいます。あまりに念入りに洗うことで、頭皮の角質を傷め、必要な皮脂までも洗い流す原因になっているのです。

一方、「脂性フケ」は乾燥フケとは真逆で、皮脂分泌が多く、脂っぽいフケのこと。この原因は、体質のほかに2つあります。まずは頭が清潔ではないといことです。何日も洗髪していなかったり、洗い方がうまくできていない場合、頭皮の余分な皮脂や汚れが残ってしまい、脂性フケが発生します。
もうひとつは、食生活の問題。脂っこい食事や香辛料などを多く食べていると、皮脂の分泌量も多くなり、脂性フケの原因になります。

さらに、「フケ原因菌」と呼ばれるカビの菌が原因の場合もあります。こうしたカビは乱れた頭皮環境の中ではぐんぐんと繁殖していき、頭皮に悪影響を与えるのです。

フケ・かゆみに良いとされているシャンプーの条件

こうしたフケの原因を解消するためには、それぞれの体質やフケの種類を見極めた上で、シャンプーを選ぶことが大切になってきます。そこでシャンプー選びに大事なポイントを挙げてみました。

シャンプー選びのポイント3つ!

  • 刺激の弱い成分のシャンプーを選ぶこと
  • 抗菌、殺菌など菌の繁殖に立ち向かえる成分が配合されているシャンプーを選ぶこと
  • できるだけ洗いやすいと感じるシャンプーを選ぶこと。洗いにくいものを選ぶと、洗髪時に余計に頭皮へ刺激を与えることになりかねません。

フケとかゆみにオススメ!アミノ酸シャンプーランキング

1位:ハーブガーデンシャンプー

刺激の弱さ・・・★★★★★
抗菌力  ・・・★★★★
洗いやすさ・・・★★★★★

刺激の少ないアミノ酸シャンプーの中でも、とくに頭皮への優しさに定評があるのがこのハーブガーデンシャンプー。ノンシリコンはもちろん、石油系界面活性剤も使用していないので、頭皮にダメージを与える心配がないのがポイント。

さらに、抗菌やフケ防止に効果的なオーガニックハーブをたっぷり使用。保湿成分や天然オイルが含まれているので乾燥しがちな頭皮にも◎泡立ちもモコモコ、低刺激でもしっかり洗えてしっとり潤うという絶妙な配合になっています。

フケやかゆみといった頭皮トラブルを本気で改善するならコレで間違いなしのスカルプケアシャンプーです!

ハーブガーデンシャンプーの公式サイトはコチラ


2位:リマーユ

刺激の弱さ・・・ ★★★★
抗菌力  ・・・ ★★★★
洗いやすさ・・・ ★★★★

アミノ酸シャンプーの中でも抗菌力と高い保湿力に期待できるのはリマーユ。無香料、無着色、パラペン不使用と肌が敏感な人でも安心して使用できる天然の成分です。

人間の皮膚に近いとされていて、フケやかゆみ対策として期待できる抗菌力のある馬油を使用しているので、頭皮のトラブルが気になる人にはなお良し。市販のシャンプーを使用していた人が使いはじめると、最初は「少し髪が重く感じる」という口コミがあり、仕上がりに好き嫌いがわかれるのがちょっぴり惜しいところ。

地肌のトータルケアや、軽めの仕上がりが好みの人は1位のハーブガーデンシャンプー、とにかく乾燥やカビ菌対策をしたいという人はこのリマーユがオススメ。

リマーユの公式サイトはコチラ


3位:ウーマシャンプー

刺激の弱さ・・・ ★★★★
抗菌力  ・・・ ★★★★
洗いやすさ・・・  ★★★

抜け毛、薄毛対策部門で1位を獲得したウーマですが、フケ・かゆみ部門では惜しくも3位。

2位のリマーユと同じく、高い保水力が支持されている馬油を使用していはいるものの、人によっては合う・合わないの差も目立ちます。返金保証が付いている分試すことができるのはポイントが高いですが、ハーブガーデンシャンプーやリマーユほどフケやかゆみの面で支持されている声は少なかったことから惜しくもこの順位に。

ウーマシャンプーの公式サイトはコチラ


フケ、頭皮のかゆみにはハーブガーデンシャンプー!

頭皮のガサガサ、かゆみに悩まされている人は、頭皮環境を改善してくれるハーブがたっぷりのハーブガーデンシャンプーがオススメ。

石油系界面活性剤不使用、洗浄成分にもこだわった配合で、頭皮への優しさは文句なし!さらに天然植物エキスが荒れた頭皮を整え、セラミドやヒアルロン酸がしっかり水分をキープ。保湿力の高いオイルが頭皮を乾燥から守ってくれるため、「乾燥フケ」を抱えている人には効果バツグン。

スカルプケアシャンプーにありがちなきしみや髪のパサツキ、使用感が悪いといったデメリットがないのもポイント。「脂性フケ」の場合でも、マイルドな洗浄成分ながらモコモコの泡立ちでちゃんと汚れをとってくれます。まさに女性の髪と頭皮のためのケアシャンプーといったところ。とにかく頭皮環境をどうにかしたい!という方はまずハーブガーデンシャンプーを試すことから始めてみて。



フケやかゆみが気になる人は肌が敏感?

敏感肌の人はちょっとした洗顔料、シャンプーでも皮膚トラブルが発生してしまうことがあります。多少赤くなる程度のことであれば我慢できないわけでもありませんが、かぶれてしまったり、フケが多く出るようになってしまうと困りものです。

そうした敏感肌の人に対しても「アミノ酸シャンプー」は向いていると言われます。その最も大きな理由は、刺激の少なさにあります。そもそもシャンプーと言うのは髪の毛と頭皮を洗い、汚れと余分な皮脂を落とすことが目的です。汚れがそのままになっていると衛生的に問題がありますし、枕や布団に汚れが付いてしまうと、それが顔や皮膚に付着することで皮膚トラブルが引き起こされてしまう恐れがあります。

皮脂は残っていると酸化して雑菌の温床になったり悪臭の原因になりますから、洗わなくてはなりません。過剰な皮脂は、かゆみやフケの原因にもなります。しかし、一般的な石油系シャンプーだと、敏感肌に対しては大きな負担をかけてしまいます。汚れを落とすことはできるものの、本来であれば落とす必要のない皮脂まで落としてしまい、結果として皮膚をさらに弱くしてしまうのです。そこでおすすめなのがアミノ酸シャンプーなのです。

アミノ酸シャンプーはそうした強すぎる洗浄力を持っておらず、汚れはしっかり落とした上で、余計な皮脂だけを落として潤いは残すという設計がされていますから、皮膚がもともと持っている抵抗力を弱めず、清潔にすることができるのです。敏感肌に悩まされている人にとっては心強い味方になりますから、是非利用してみるとよいでしょう。

どれが一番おすすめ?総合ランキングはコチラ
アミノ酸シャンプー人気ランキング!効果と口コミ比較研究所


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

76