公開日:2017/10/30 

アミノ酸シャンプー人気ランキング!効果と口コミ比較研究所

頭皮と髪に良いとされているアミノ酸シャンプーですが、意外と種類がたくさんあって、どれを買えば良いのか迷ってしまう…。そこで、現在口コミで評判の良いアミノ酸シャンプーを5商品に絞り、各シャンプーを細かく検証してみました!

アミノ酸シャンプーを買うなら?オススメの5商品を厳選

頭皮ケア、ヘアケアにオススメのシャンプーとして今最も注目されているアミノ酸シャンプー。アミノ酸を含むシャンプーは市販のシャンプーよりも低刺激な成分でつくられていて、頭皮と髪の毛を優しく洗い上げることでも話題。

実際の効果は使用した人によって様々ですが、頭皮環境を整えることはもちろん、今ある髪をツヤツヤにして、ハリやコシを与えるというメリットがあり、これまで使用していた安値のシャンプーから乗り換える人が続出しています。

アミノ酸シャンプーは市販でも買うことはできるけれど、あまりにも安すぎるものを選んでしまうと、「アミノ酸配合」とうたっていながら頭皮に刺激を与える成分が入っている場合も多く、実はあまりオススメできません。まず、アミノ酸シャンプーはドラッグストアなどで販売されている一般的なシャンプーよりも数倍高値だということを念頭に置きましょう。

かと言って、ネットや通販で販売されているアミノ酸シャンプーを探してみるとかなりの種類があることが判明!ひとつひとつを吟味したいけれど、決して安くはないシャンプーを全部買って試すわけにもいきません。

アミノ酸シャンプー5商品を採点!総合人気ランキング結果発表

1位:リマーユ

価格 容量 送料
初回限定定期セット
2,484円(税込)
※単品購入もOK
250ml
約2ヶ月分
セット購入なら無料

総合評価No.1!間違いなしのアミノ酸シャンプー

女性向けのアミノ酸シャンプーでは断然このリマーユがオススメ。
絆創膏でお馴染みのリバテープ製薬がつくった、毛髪と頭皮の保護成分として評価の高い天然の馬油シャンプー。馬油は髪に栄養を与える不飽和脂肪酸をたっぷり含み、高い浸透力で美肌の成分としても注目されていますが、実は馬油を使用したアミノ酸シャンプーはそう多くありません。

そして、リマーユがよくある「肌に優しいシャンプー」とひと味ちがうのはその使い心地にもこだわっているところ。クリーミーな泡立ちでストレスのない洗いやすさと、洗髪後の”きしみ感”がまったくないと高評判!

リマーユの公式サイトはコチラ


2位:ハーブガーデンシャンプー

価格 容量 送料
特別価格定期コース
4,000円(税込)
300ml
約2ヶ月分
初回送料無料

26種類の植物エキス!優しい頭皮ケア

オーガニックハーブと植物エキスがたっぷり入った天然系オーガニックシャンプー。
天然ハーブやオイルと高品質な洗浄成分、さらに話題のフルボ酸が頭皮を優しくケアしてくれる。

スカルプケアができるシャンプーの中でも香りがよく、泡立ちや洗いあがりのしっとり感があるのが魅力。きしみやパサつきもなく、ロングヘアでも安心して使える女性のためのアミノ酸シャンプー。値段やコスパの面でリマーユに負けるものの、使用感は◎しっとりまとまりが欲しい人はリマーユ、軽くてサラサラの仕上がりが好きな人はハーブガーデンがオススメ。

ハーブガーデンシャンプーの公式サイトはコチラ


3位:ウーマシャンプー

価格 容量 送料
単品
4,320円(税込)
300ml
約2ヶ月分
630円

男性もOKだから家族との使用も可能!頭皮の健康を保つシャンプー

抜け毛や髪薄さに悩んでいる人には口コミ評価の高いウーマシャンプー。リマーユと同じ馬油使用で、洗いあがりの髪もしっとり。
髪質改善にも良いという口コミもあるものの、女性からの口コミや感想はやや少ない…?ただし頭皮の弱体化対策に優れた成分をたくさん配合しているので、使い続ければ効果に期待できる!全額返金保証がついている点はありがたいので、気になったらまずは試してみて正解。

かすかにスーッとした感触があるので、苦手な人はリマーユを選んでおいた方が無難。頭皮ケア目的であれば文句なし!

ウーマシャンプーの公式サイトはコチラ


4位:S-1無添加シャンプー

価格 容量 送料
単品
3,800円(税込)
280ml
約2ヶ月分
無料

高知名度!お手軽なので試すのは◯

高品質のシルクアミノ酸配合とのことで、こだわりのあるシャンプーとして知名度も高く、価格もお手頃なので手にしやすいシャンプー。

抜け毛のリスクを極力抑えていくことをモットーとしている分、やはり洗髪後の使用感はイマイチ。若干のきしみも感じるとのことで、セミロングヘアの人にはあまりオススメできません。ただし成分と品質は決して悪くはないので、使用してみるのはアリ。

S-1無添加シャンプーの公式サイトはコチラ


5位:ラフィーシャンプー

価格 容量 送料
通常9,600円
特別価格7,200円(税込)
1,000ml
約3ヶ月分
500円

コスパのみ重視するならアリ?

沖縄の天然成分、フコイダンで毛髪と頭皮の保水力を高めるアミノ酸シャンプー。一時期注目をあびたノンシリコンシャンプーでもあり、知名度も高いので名前は知っているという人も多いです。

コンディショナー不要のオールインワンタイプですが、逆に「しっとりしすぎて洗いづらい」という声も目立ち、使い心地の面でランキングはやや下位へ。良い点は安いところ。1,000mlと大容量の詰め替え式で、シャンプーは毎日使うものだからとにかくコスパを重視したいという人なら良いかも。

なぜリマーユが1位?人気の理由はココ

頭皮環境をケアすることももちろん大切だけれど、今生えている髪の毛も同時にケアしていきたい!という人なら買って間違いなし。

・毛先の痛みが気になるセミロングの人
・カラー、パーマ、縮毛矯正を繰り返している人
・ダメージヘア&かゆみやフケなどの頭皮トラブルを抱えている人
こんな人にとってリマーユは最適のシャンプーです。

気になるとすればリピートする時に気になってくるコスパの面。通常はシャンプーのみで2,484円、コンディショナーは別と比較的値段が高く感じてしまうかもしれません。
ですが、馬油を使用=安いシャンプーではないということと、あまり安いものだと効果を得られないという口コミの意見も多く、金額の分の価値はあると判断。特に、頭皮ケアだけじゃなく同時にヘアケアにもこだわりのあるアミノ酸シャンプーという点でも貴重!対策別3部門での総合結果、堂々の1位にランクイン!



そもそもシャンプーにはどんな種類があるの?

シャンプーの種類は大きく分けて、次の種類があります。覚えておくと、シャンプー選びがしやすくなることでしょう。

アミノ酸系シャンプー
  • 肌のデリケートな人
  • 肌や髪が乾燥気味な人
  • 頭皮や髪をいたわりたい人

比較的新しく、肌にやさしい洗浄剤と最近注目されているシャンプーです。低刺激で、シャンプーの回数を多くしても頭皮を傷める心配がありません。美容室などのサロンや、頭皮ケアを考えるシャンプーなどに多いタイプです。

硫化系シャンプー
  • シャンプーにこだわらない人
  • 肌の強い人

市場で、大手メーカーなどが販売している大部分のシャンプーはこのタイプです。洗浄力が高く、泡立ちもすぐれている。

石けん系シャンプー
  • 自然志向で肌や頭皮が強い人
  • 肌が強くしっかり洗いたい人

昔からある石けんをベースとしたシャンプーです。自然志向の人などから人気を集めている。毛穴の汚れまでしっかりとれる。

ベタイン系シャンプー
  • 頭皮や毛髪の健康を優先的に考えている人

あまり聴き慣れませんが、砂糖大根(ビート)由来のアミノ酸系保湿成分のことです。天然由来なので、当然肌や頭皮に優しいタイプです。赤ちゃん用のシャンプーにも使われるほど低刺激なので、普通のシャンプーとは違って目に入ってもあまりしみません。化粧品にも使用されているので、保湿力は言うことありません。毛髪のパサつき対策としても効果が期待できます。

どんなに良いと言われているシャンプーを選んでも、自分の髪質や頭皮のタイプに合っていなければ意味がありません。しっかりと自分のタイプを知って、本当に合ったシャンプーを選ぶと失敗しませんよ。

髪質でシャンプーを選ぶ方法

では、髪質で選ぶにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

  • ダメージヘア
  • 髪のダメージとは、たいがい頭皮の環境が悪くなることで、髪が細くなったり、キューティクルが痛むところから始まります。そして、遠因となるのが、「合成界面活性剤」であることが多いんです。

    カラーやパーマなどで傷んでしまった髪を補修したくはなりますよね。補修する成分が入っていないかを注目することよりも、まずは頭皮に負担をかけないアミノ酸シャンプーかどうかというのが大切です!アミノ酸シャンプーは洗浄成分で髪を傷めることがないので、ケアもしっかりと行き届くでしょう。

  • くせ毛
  • くせ毛の人の毛穴はまっすぐ上向きではなく、横向きになっているのです。知っていましたか?毛穴が曲がっているために、そこから生まれる毛髪はねじれた状態で生えてきてしまうので。

    そして、ねじれの部分から水分が蒸発するので、乾燥ダメージが促進されてしまい、ねじれが強くなる悪循環がおこるのです。くせ毛にはアミノ酸系が良いと言われています。そして、くせ毛が改善した後などは、せっけん系が良いとされています。

  • 直毛
  • 素直で真っ直ぐな髪は、悩みがないように思われがちですよね。しかし、直毛の人もそれなりに悩みはあるようです。特に、スタイリングなどでの悩みが多いみたいですね。

    ブローが落ちてしまいがちで、ドライヤーの熱風をしつこくあててしまったり、 ヘアアイロンで髪を痛めてしまうケースが多々あります。そうすると、枝毛やパサつきの原因になったりしてしまいます。自分が使ってみて、パサつきなどがなく、しっかりとまとまるものが良いでしょう。

頭皮のタイプでシャンプーを選ぶ方法

続いては頭皮のタイプ別で選ぶ方法をご紹介します。

  • 乾燥肌タイプ
  • 毛髪の乾燥状態というのは、必要以上に脂分を生み出してしまい、べたついた頭皮を作ってしまうのです。 フケやかゆみ、乾燥などが気になる人は、界面活性剤(特に石油系)を使用していないタイプの シャンプーがおすすめです。

  • ベタつき肌タイプ
  • 頭皮のベタつきって嫌ですよね。ベタつく場合は、余分な皮脂をとる為に、殺菌効果のあるものや、サラサラタイプのものなづがおすすめです。
    ミントや甘草エキス、クエン酸やメントールなどスッとする成分が入っているものを選ぶと失敗しません。

  • 敏感肌・アトピー肌タイプ
  • 敏感肌・アトピー肌の人は、頭皮のバリア機能が低下しているので、シャンプーに配合されている界面活性剤や添加物が入り込みやすいのです。できるだけ洗浄力の優しい、合成界面活性剤や余分な添加物を含まないシャンプーがおすすめです。 アミノ酸系、ベタイン系のしっとりタイプのシャンプーを選ぶとよいでしょう。
    また、アトピー皮膚炎は、フケも伴うので、フケ専用シャンプーを選ぶ人がいると思いますが、フケ専用シャンプーには、さまざまな殺菌成分が配合されており、強い洗浄成分なので避けたほうが良いです。

シャンプーをすることは「髪の毛の汚れを洗い落とす」ことだけではなく、「頭皮の汚れを落とす」ことも大事な役目です。正しいシャンプーを行い、頭皮を清潔にしておきましょう。

そのためには、髪の悩みに合わせて選ぶこと、頭皮のタイプをしっかり把握して自分に合ったシャンプーを選ぶことを忘れずにいると、健康でしっかりとした髪の毛をつくることができることでしょう!



  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

459