公開日:2018/05/15 

体内環境の質を上げるアルカリ性ダイエットの方法と効果のあるユニークレシピ

どんな食べものを使ってもうまくいかない…なんていう人は、選んでいる食材が自分の体と、相性がよくないアルカリ性のものを食べているでしょう。

体は食材のあるバランスが重要で、これが崩れていると何をしても痩せられません。そのくわしい方法などを確認してください。

アルカリ性にする方法はちょっと特殊にダイエットできる

食事を控えて体の脂肪を少なくさせるには、痩せる方法として基本的なことでしょう。しかしそれでも痩せられないのなら、無意識に体調が悪くなっている可能性があります。

それと関係しているのが、phといわれるアルカリ性かどうかのバランスです。

よくテレビでも人間の肌は弱酸性なのですが、体内に関してはアルカリ性に近いほうが、体の働きがよくなるといわれています。しかし現代でよく食べられているものの多くは、酸性のものが多いんです。

これをなるべく避けるのが、この方法の基本となります。もっと具体的に紹介するので、確認してみましょう。

アルカリ性のものってなに?ミネラルがポイント

上記のようにphのバランスがとれれば、自然とダイエットができてしまうのが、この方法のポイントです。

ではどのようにするのかというと、アルカリ性の食べものを積極的にとるようにすればいいでしょう。どの食材なのか把握しておくべきです。

その食べものとは細かいものを省くと以下のもので、それを基本的に多く食べるのが、早く痩せるコツになります。

  • 野菜類
  • フルーツ
  • 海藻類

パッと見た感じカロリーなどが少ないものなので、理に適っているように見えるでしょう。しかしこれを毎日維持するのが、意外に難しいといわれています。

それは酸性の食べものが普段とっているものの大半になっているからなんです。

アルカリ性のものを7割に調整して酸性を減らすのがコツ!

先ほど紹介した食べものを中心に食べていくのが基本ですが、逆に量は気にしなくてもいいでしょう。しかし逆に酸性の食べものを減らさないと、目標である7割をキープできなくなります。

この食べものが以下のものとなるのですが、これらは日常的に欠かせない食べものばかりなんです。

  • 魚類
  • お米
  • 小麦類
  • お肉

大まかに紹介するとこんな感じになるのですが、主食となるものが酸性になっているので、アルカリ性になるレシピを考えるのが意外に難しいでしょう。

だからこそ酸性の食べものをすべて食べてはいけないわけでなく、アルカリ性の食べものを7割というルールになったわけです。

この7割を守っていれば、自然と効果があがっていき、ダイエットができてしまうでしょう。それには以下の効果が高まるからなんです。健康的に痩せられるので、魅力的な方法となります。

肝臓や腎臓を正常にするのがこのダイエットの本質

体の仕組みを知っていくと不思議なもので、尿を調べてみると酸性になっているんです。

この尿を排出しているところが腎臓で、酸性といわれているものを食べた場合、肝臓がうまく害のないものに変えてくれています。

そして酸性のものをとりすぎた場合は、これらの臓器が異常になってしまい、体の中全体の代謝がダウンするわけです。

つまりこれをうまく利用して、アルカリ性のものを増やしてあげると、これらの臓器は仕事が減って正常になり、代謝があがってダイエットしやすくなります。

うまく体の構造を利用しているので、健康にもいい効果が出てくれるでしょう。

身体のpHバランスを整えるアルカリ性ダイエットの効果的なレシピ

いくら上記で紹介した食べものに効果があるからといって、おいしく食べられないと、ストレスがたまって続けられません。

もちろん酸性とアルカリ性のバランスも考えないといけないので、レシピを考えるのも大変です。そこで以下のものを考えたので、参考にしてみてください。

朝は手っ取り早く!緑黄色野菜入りスムージー

ダイエットで重要なことは、なるべく面倒なものを少なくして、気軽に続けやすくすることです。そこで野菜や果物にはアルカリ性のものが多いので、スムージーがちょうどいいでしょう。

朝食としても役立つので、以下のものを入れてミキサーで作ってみてください。

  • ほうれん草
  • バナナ
  • りんご
  1. これらの材料をすべて小さめにカット
  2. 先にフルーツを入れて、あとにほうれん草を入れるのがおすすめ
  3. 水を入れてミキサーで混ぜたら完成

ガッツリいきたいならこのレシピ!夏野菜ピザ

どうしてもアルカリ性の食べものばかりを使ったレシピは、味気ないものが多くなってしまいます。そこでピザなんかはいかがでしょうか?

もちろん小麦粉は使えないので、ナスを生地代わりにしたユニークなレシピです。多めに作っておいてストックするのもいいでしょう。

  • ナス
  • ミニトマト
  • オリーブオイル
  • 玉ねぎ
  • ピーマン
  • チーズ
  • 黒コショウ
  • ピザ用ソース
  1. ナスを輪切りにして水にさらしておく
  2. それ以外の野菜は、薄めにスライス
  3. きれいに湿気をふき取ったナスを、鉄板にのせる
  4. オリーブオイルをつけたら、トースターで5分焼いておく
  5. そのあとに薄くし野菜をのせて、さらにチーズをのせる
  6. チーズが溶けるくらいトースターで焼いたら完成

家族で食べるならコレ!野菜たっぷりの豆乳鍋

基本的にこのダイエットで使うものは、野菜や海藻ばかりで、ボリュームに欠けるものが多いでしょう。ですから家族で食べる場合は、ダイエット中の人とは別のレシピを使って、少し羨ましく思いがちです。

そこで家族一緒に食べられる鍋を利用すると、手間もかからず一緒に食べられてしまいます。

  • 野菜を好きなだけ
  • 出汁用昆布
  • 豆腐
  • 豆乳
  • みりん
  • 本だし
  • 味噌
  • 豚バラ肉
  • 白菜
  1. 鍋に水をいれて、ダシ昆布を投入
  2. 沸騰したら豆乳と調味料をそれぞれ入れてしまう
  3. 再び沸騰したら、すべてに食材を放りこんで完成

ダイエットのあとにリバウンドをさせないアルカリ性のものでできる方法

基本的に使える食材が限られているのが、この方法の大きな欠点になります。だからこそアルカリ性ではない食材を入れてストレスを少なくすることが、リバウンドをする可能性を少なくする方法です。

もちろんルールである7割を守れば太ることもないので、しっかりたんぱく質の入ったお肉なども使いましょう。

そうすれば肝臓や腎臓が元気になって、体全体の代謝がアップし、脂肪を少なくしてくれます。始める前にしっかりとレシピを考えて作ると、おいしく楽しめる方法なので、やってみるといいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

206



ページのトップへ