公開日:2017/11/15 

ほとんどシミ状態…色素沈着によるニキビ跡の治し方

色素沈着してしまったニキビ跡はどうやって消せばいいの?ニキビが治ったあと、シミのように色素沈着してしまった場合の治し方を解説!色素沈着のタイプを知って、正しいケアをすれば跡はキレイに治ります。気になるケアの方法はこちら!

色素沈着によってできたニキビ跡の治し方

ニキビは、誰もが一度は経験したことがある肌トラブル

10代の頃に出始める思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビがあります。思春期ニキビは、主に未発達の毛穴に、汗や汚れなどを基にした角栓が詰まり、過剰分泌された皮脂が溜まってできるものがほとんどです。

一方、大人ニキビは、肌が持つバリア機能が低下した時に発生しやすいものです。こうした大人ニキビは肌が持つ治癒能力が低下した時に起こりますので、しっかり治さないと跡が残ることが多いもの。

せっかくニキビが治ってきたのにシミのように色素沈着したニキビ跡で困っているという人もいるのではないでしょうか。このシミのような症状を「炎症性色素沈着」といい、痛みやかゆみはほとんどないのでついそのまま放置してしまいがち。

しかし、放っておくと、治りにくいニキビ跡となってしまうのです。 このニキビ跡は、色味が強いので、気づいた時にはかなり目立っていたということにもなりかねません。

では、色素沈着したニキビ跡は、どのようにケアしたら良いのでしょうか? 悩んでいる人はぜひ参考にしてもらって、早めに改善しましょう。


ニキビせいでできたクレーター状のニキビ跡の治し方とは?

ニキビ跡の色素沈着の原因というのは、大きくわけて2つあります。

まずは、自分の色素沈着の色をしっかりと把握し、種類を特定することが大事です。色素が沈着するタイプのニキビ跡ができてしまったら、その色を見て、原因を究明しましょう。

ニキビケアをするのに原因を知ることは大切な第一歩となります。

沈着した肌の色が紫色の場合
ニキビが炎症を起こした時に、毛穴のまわりにある毛細血管が破裂してしまい血が染み込むことが原因で起こる色素沈着です。
ニキビができると、肌の内部では炎症による細胞の損傷を治すために毛細血管をたくさん作ります。

しかし、炎症がひどかったり、外部からの何らかの刺激を受けると、その毛細血管が破れて内出血を起こしてしまうのです。血液は染み出すと凝固し紫色になってしまうため、色素が紫色に沈着するのです。

そこには、血液中の赤血球に含まれているヘモグロビンが大きく関係をしてきます。ヘモグロビンは酸素を失うと赤みがなくなり、紫色や赤黒くなります。そこでこのような色になってしまうのです。

しかし、これは真皮が再生され、マクロファージというお掃除細胞の働きにより、時間とともに自然と目立たなくなります。やがてそのまま治癒していくので、まだ安心しても良いでしょう。

着色した肌の色が茶色の場合
これは、紫外線の影響によって肌の色が変色した状態で、黒い色素メラニンの影響による色素沈着です。

メラニンとはニキビが炎症を起こす際に分泌される活性酸素によって作られる物質です。

色素が茶褐色や黒色に変色するメラニンは、許容範囲を超えてしまうことで通常体内に蓄積されていく物質が肌の表面に現れてしまうのです。その時、外部からの紫外線を多く受けると、そのまま色素が肌表面に残ってしまいます。メラニン色素は本来、紫外線や炎症など、外部からの刺激から肌を守る役目を担っているもの。

しかし、ニキビによって細胞が壊れている状態では、お肌のターンオーバーが正常に行われないので、こうして、肌表面にでてきたメラニンが色素沈着タイプのニキビ跡となり茶色い色素沈着となってしまうのです。

これだけはNG!やってはいけないコトって?

にきびを早く治すため、効きそうなことはとにかくやってみる!という方もいるはず。 ですが、ニキビによって効果のあるケアは違います。治すためにしたことが、かえって逆効果になってしまうことも…。とくに以下のことは逆効果になるので、やってはいけません。

アクネや薬用と書いている化粧水を使うこと

ニキビ跡には刺激はNGです!これらは刺激が強いのでおすすめできません。しかし、乾燥もよくないので、美白成分が入っている化粧水や乳液、美容液などを使うようにしましょう!

マッサージをしたり顔をむやみにいじること

つい気になってニキビ跡を触りがちですが、手には雑菌が多く、触ることでニキビ跡をさらに悪化させる原因になります。ニキビ跡というのは傷なので、やさしくケアしてあげることが大切です。

また、清潔にすればいいという考えから、顔をゴシゴシ洗ったり、ピーリングなどの刺激も絶対NGです。傷口に塩を塗るようなものなので、しないようにしましょう。

色素沈着によるニキビ跡はどうやって治せばいいの?

ではこんなガンコなニキビ跡はどのようにケアすればいいのでしょうか?実は、ちょっとしたセルフケアでニキビ跡は治すことができるのです。

沈着した肌の色が紫色の場合

基本的なスキンケアをしっかり行うことが大事です。具体的には、刺激の少ない洗顔フォームなどを使って、水やぬるま湯で洗顔を行い、ニキビ跡をケアする目的で作られた化粧水でしっかりと保湿するのがいいでしょう。

また生活習慣なども見直して、睡眠不足や偏った食事、過度なダイエットなどを止め、肌にしっかりと栄養を与えましょう。こうして、新しい皮膚組織と入れ替えてしまえばきれいに治すことができます。

着色した肌の色が茶色の場合

このタイプのニキビ跡の改善には、紫外線によるシミのケアを応用しましょう。メラニン色素が蓄積したことでできるシミは、ほとんどが皮膚組織の中の表皮で起こっていること。そこで、肌のターンオーバーをうながすことできれいに治すことができます。

効果のある化粧水
どちらの色素沈着も、効果のある化粧品の特徴は同じです。

・ビタミンCを配合している
・肌の奥に浸透する効果がある
・十分なうるおいがある

POINT!

つまり、美白効果のある化粧品や、お肌を本来の白さに戻す効果のある美容液などを使うのがポイントなのです。


また、肌のターンオーバーも大切です。傷やニキビ跡でダメージを受けた皮膚を再生してあげましょう。肌のターンオーバーを正常化し、乱れた肌のサイクルを正常に戻すことで再生を促すことができます。


また、外出時には紫外線対策も忘れずに行いましょう。もし、それでも改善が見込めない場合は、クリニックを受診しなければならない場合もあります。とくに茶色に残ったシミのような跡は、クリニックでのピーリングやレーザー治療で治す必要があるかもしれません。

色素沈着によるニキビ跡を本気で治したいなら
ニキビのアロの化粧水リプロスキン


色素沈着によるニキビ跡を治すポイントは「ターンオーバー」と「美白」

ニキビ跡のタイプによって、ケア方法が違うことがおわかり頂けましたでしょうか?

まずは自分のお肌がどんな状態であるかを知ることが最初のステップです。よく耳にする「ターンオーバー」が活発に行われているお肌というのは、ニキビが治るとニキビ跡も自然と消えていきます。

しかし、色素沈着が肌の奥の真皮まで達してしまっていたり、肌のターンオーバがしっかりと行われていないと、どうしても跡が残りがち。ひどいものだとシミ治療のようにクリニックにかからないと治癒しないこともあるので、悪化する前に治すことが大切です。

最近は、ニキビ後の治療も日々進歩しています。少し時間はかかるかもしれませんが、しっかりケアをすれば少しずつ薄くなることが多いです。あきらめずにきれいな肌を取り戻しましょう。




  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

65