公開日:2017/11/15 

ニキビ跡の赤みを治すコツとオススメの化粧水を解説!

ニキビ跡の赤みはどうやって治す?オススメの化粧水を調査

ちゃんとケアしているのに、赤いニキビが治らない!

「ガンコなニキビとはいえ、治るまで時間がかかり過ぎ…?」としつこいニキビに悩んでいる人!それは実はニキビではなく、「ニキビ跡の赤み」かもしれません。

赤みのあるニキビ跡はやがて薄くなって消えていくことがほとんどですが、ケアをしないと何年も残り、なんと10年近く消えないこともすのです!

そんなニキビ跡は一刻も早くケアすることが大切。原因と治し方を知って、正しく対処しましょう!


赤みのあるニキビ跡っていったいナニ?
ニキビ跡はお肌から出る危険信号です。ニキビができた段階でちゃんとしたケアをしていれば、そのまま治って行きます。しかし、ここでケアを怠ると、治すのに手間がかかる「ニキビ跡」になる可能性があるのです。こうなると、あとから治療するのが難しくなってしまいます。

「ニキビ跡」とは、ニキビの腫れや炎症が落ち着いたあと、盛り上がりがなくなっても赤みが残ってしまっている状態のことを言います。

元々のニキビは治っているし、症状が軽いからと、自然に治るかな?と放置してしまうことも多いのがこのニキビ跡。特に、少し赤いくらいで、ぱっと見「ニキビ跡」と気づかない場合もあり、軽く見られがちです。

しかし、気づいた時にはすでに遅しで、しぶとく跡が残り続けてしまうこともあるのです。

ニキビが赤みを帯びて跡になってしまう仕組み
厄介なニキビ跡ですが、赤みのあるニキビ跡はどのようにしてできるのでしょうか?

ニキビは見た目には治ったようにみえても、肌の奥に炎症が残っていることがあります。肌内部では、ニキビの炎症による損傷を治すため、毛細血管がたくさん形成されています。その毛細血管に流れる血液によって肌表面に「赤み」が出ます。

この時、肌表面は治っているように見えていますが、皮膚の奥の炎症は治まっていません。その皮膚の奥の炎症が、より強い「赤み」として肌の表面に出てきてしまうのです。

このように、赤いニキビ跡は炎症が原因で起こります。肌が不衛生な状態だと、炎症が悪化してニキビ跡ができやすくなってしまうのです。

またニキビの元となるアクネ菌が多い状態だと、ニキビに集まった白血球が菌と戦うために活性酸素がつくられ、まわりの組織を傷つけるため赤みが出やすい状態になります。

白ニキビや黒ニキビと呼ばれるものは生理的な要因やストレスが原因と言われていますが、赤みのあるニキビ跡を作る赤ニキビは、このアクネ菌の増殖による傷ということが言えます。

そのため、ニキビやニキビ跡ケアには「清潔を保つ」ことがもっとも大切になってくるのです。

ニキビせいでできたクレーター状のニキビ跡の治し方とは?

ターンオーバーを正常に
ニキビと肌のターンオーバーには密接な関係があります。
ターンオーバーが正常になると、ニキビ跡の赤みは自然と治っていきます。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)は、成長ホルモンの働きが重要になります。夜ふかしをしたり、睡眠不足などが続いていると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。十分な睡眠をとり、生活習慣を見直してみましょう。夜は早く寝て、朝はしっかりと起きます。

毎日規則正しく健康的な生活を送ることが肌のターンオーバーの正常化を促します。ターンオーバーが正常に整えば、ニキビ跡の赤みは自然と治って行きますので、まずは生活の改善をしてみましょう。

しっかり保湿をすること
洗うことばかり意識しがちですが、実は肌の保湿が肝心です。
洗顔やクレンジングのあとは、必ず化粧水や乳液などを用いて、保湿を忘れずに行いましょう。

自分の肌に合っていない洗顔やクレンジングなどは、必要以上に皮脂を奪ってお肌を乾燥させてしまいます。ニキビやニキビ跡の治りを遅めてしまうこともありますので、保湿力や洗浄力をしっかり確認しましょう。

また、洗顔やクレンジングのあとは、必ず保湿を忘れずしっかり行うこともポイント。うるおいを与え、細胞の生まれ変わりをスムーズにしなければいつまでたってもニキビ跡は回復しません。

専用のスキンケアを
赤みのあるニキビ跡にはビタミンC配合の化粧水と美容液を使うのが一番!
直接、肌に塗るものが効果を発揮します。ただし、服用するタイプでは効果が無いので注意が必要です。ビタミンC誘導体やプラセンタなどの成分は肌のターンオーバーを整える効果もあるので、積極的に取り入れることをおすすめします。

また、ビタミンCには、ニキビの炎症を抑える効果や皮脂を抑える効果などもあります。 ただし、服用するビタミンCでは効果がないので、お肌から取り入れられる化粧水や美容液などがオススメです。
参考>> ニキビ跡を治す方法!ニキビ跡改善化粧水ランキング



逆にやってはいけない対処法って?

赤ニキビを触ったり潰したりする

どうしても気になるし、意識していなくても触ってしまうこともあると思います。

しかし、手には多くの雑菌がついています。その手で触ってしまうことで雑菌によって炎症を悪化させてしまうことがあります。赤ニキビというのは、内部で炎症が起こっているものなので、普段よりも外部からの刺激は大きいのです。また、必要以上に触っていると、思いがけず潰してしまうこともあります。

よく「潰すと治る」という話を聞きますが、赤ニキビは全くの逆効果なので気をつけましょう。

過度な洗顔

皮脂を落とし切ろうと何度も洗顔するのもやってはいけないことです。

ニキビの最大の原因が皮脂であるということから、必要以上に洗顔を繰り返したり、ニキビケア専用の洗顔料ならいいと思い込んで洗い過ぎてしまうのは、実は逆に乾燥を招いてしまうこともあるのです。

赤ニキビは、皮脂をなくせば治るものではないということを頭に入れておきましょう。逆に皮脂が少ないと乾燥が進み、ニキビ以外の肌トラブルになってしまうことがあります。さらに、必要以上に乾燥すると、皮膚は皮脂が足りないのかと判断して、皮脂を過剰分泌してしまうということもあるのです。

ファンデーションやコンシーラーの重ね塗り

隠したい気持ちはすごくわかりますが、少しでも早く治したいのなら止めた方が無難です。

ファンデーションやコンシーラーの成分がニキビを悪化させてしまったり、刺激となる可能性があるからです。どうしても化粧をしなくてはいけない時は、ニキビを悪化させにくいパウダータイプを使うようにしましょう。

また、オイル入りの化粧品もあまりおすすめできません。これも油分がニキビを悪化させる原因になるのです。ニキビができてしまっている間だけでもオイルフリーの化粧品やクレンジングを使うようにしましょう。

POINT!

つまり、赤ニキビができた時に一番やってはいけないことは「潰す」こと。


ニキビ跡になって残ってしまいますし、絶対後悔することになります。

赤ニキビによるニキビ跡を本気で治したいなら
ニキビのアロの化粧水リプロスキン


結局どうしたらいいの?

赤ニキビがニキビ跡になる前に治すには、早く炎症を抑えることです。炎症している状態が長引くと、皮膚の奥まで傷つけてニキビ跡になってしまいます。

赤ニキビが発症している段階でしっかり治癒させることが跡を残さない最大の対策です。具体的には、ニキビケア専用治療薬を用いるのが最も即効性があり、確実な方法でしょう。

それでも不幸にしてニキビ跡になってしまった場合は、人それぞれ炎症具合は違っても肌を回復させることで治せるというのは一緒です。肌のターンオーバーを回復させることを考え、生活習慣の見直しも忘れずに。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

67