公開日:2017/11/15 

ニキビが痛い時はどうする?炎症ニキビを治すための3ステップ

赤くなり、触ると痛いニキビは炎症が進んでしまった状態。そんな炎症ニキビは早めの3ステップケアで跡が残る前にしっかり治しましょう!基本の洗顔や悪化させないためのポイントなど、赤ニキビを早く治すためのポイントを簡単な3つのステップにまとめました。

痛みのある赤ニキビは早めのケアが肝心

触ると痛い赤ニキビを治すにはどうしたらいいの?(20代/学生)
回答

赤く腫れて触ると痛みを伴うのは「赤ニキビ」と言われるものです。

症状はかなり進行していて、すでに炎症を起こしてしまっている状態なのです。この状態になると、女性はメイクの下からでもかなり目立ってしまいますし、隠そうと思っても逆に目立ってしまいます。ここまで悪化してしまうと、苦痛もかなりのものかと思います。


ニキビが痛くて腫れてしまったときは、ちゃんと対処しておかないと悪化してしまい、 皮膚の奥まで傷ついてしまいます。最終的にはシミのような跡が残ってしまうので、赤ニキビをそのまま放置しておくことはあまり好ましくありません。どちらかというと症状の重い肌トラブルだと思って下さい!

まずは、症状を悪化させないケアをすることが何よりも大切です。 こんな痛いニキビは、正しい治し方の3ステップを知り、早めのケアでニキビを治しましょう!

ステップ1.正しい洗顔方法に切り替える

赤ニキビの基本となる洗顔法は、

・刺激を与えない
・悪化させないようにする
・ケアしすぎない

これらが重要なポイントと言えるでしょう!

刺激が強くなってしまう洗顔を続けていると、肌細胞の寿命を縮めてしまうことになり、 充分に準備できていない状態の細胞が、肌の表面に出てきてしまうため、肌表面がどんどん弱くなってしまいます。

こすりすぎてしまうと刺激、摩擦が起きてしまいますので気をつけましょう。赤ニキビを一日でも早く治そうとゴシゴシ頑張って洗顔するのは、かなり危険です!頑張って洗顔すればするほどますます悪化してしまい、治りにくくなってしまうのです。

赤ニキビは、アクネ菌によって炎症が起こって、腫れ上がっている状態なので、このアクネ菌を増加・悪化させないようにしましょう。

洗顔で肌を清潔に保つようにして下さい。ですが、洗顔のやりすぎは逆効果なので気をつけて下さいね。

赤ニキビを悪化させない洗顔方法

1日2回が目安です。

30℃~33℃程度のぬるま湯がおすすめです。

洗顔は泡洗顔が基本ですよ。キメ細かいやさしい泡で、肌をつつみこむように洗顔しましょう。

洗顔後は、清潔なタオルで水分を抑えるように拭き取ります。決してゴシゴシと肌をこするような拭き取り方はしないで下さいね。

ステップ2.洗顔後の保湿ケアに注意する

1日2回の洗顔後の保湿は必ず行うようにしましょう!

ニキビが出来ると、保湿してはいけないと思っている人もいるかもしれませんが、 ニキビの改善には保湿はとても重要です。

肌がしっかりと保湿されていないと、毛穴の周りが硬くなってしまい、皮脂や汚れが余計に詰まってしまうのです。 乾燥していると毛穴が開いて皮脂が詰まりやすくなります。

赤ニキビを治すのには一番大切と言えるでしょう。 保湿する際は、お肌をパンパン叩いたりしないで、抑えるようにしましょう。

できてしまったニキビ跡を治したい時は、ニキビ跡専用化粧水の使用をおすすめします。
参考:ニキビ跡を治す方法!ニキビ跡改善化粧水ランキング

ステップ3.皮膚科でニキビ治療

赤ニキビは立派な病気です。

できてしまったら一人でなんとかしようとはしないで、皮膚科などの専門機関に相談し治療するようにしましょう。

医師によるアドバイスや治療を受けることで、圧倒的に早く治すことができます。 赤ニキビができてしまうと、それがストレスとなることもあります。

医師に相談することで気持ちが楽になったという声もたくさん聞きます。

赤ニキビの予防は、黒ニキビを悪化させないこと。

黒ニキビや白ニキビの段階で対処してしまうことが一番です。 また、皮脂を必要以上に分泌させないようにすることも大切です。ホルモンバランスの崩れから起きる過剰な皮脂分泌はバランスの良い食事や十分な睡眠などで制御することができます。

炎症してしまったニキビは目立つだけでなく、じんわりと痛みもあるのでつらいですよね。

そして、治るまでに時間がかかるので辛抱強く治していうことが大切です。 間違っても、潰してしまったり手で触るのはやめて、肌への負担を最小限に抑えるようにしましょう。

市販薬のステロイド剤なども使用しないようにして下さいね。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

42