公開日:2017/11/15 

急な外出に使える小ワザ!ニキビを簡単に隠せるメイク術

正しいメイクでニキビを隠す!ニキビができてしまった肌に刺激は厳禁。だけど外出時にはメイクは必須ですよね。そんなお悩みをすっきり解消する、ニキビを悪化させずに上手に隠すためのメイク術を公開!今までのメイクを見直してニキビレスな素肌に導くメイクのポイントはこちら♪

ニキビを隠すための簡単メイク術!

皆さんはニキビができてしまった時、どのように対処をしていますか?

ニキビができたら、メイクが大変ですよね。そもそもニキビができたら、ファンデーションなどをつけるのは良くないって聞きます。果たしてどうなんでしょうか。

気になるニキビがファンデーションなどのメイク道具でうまく隠せなかったり、ニキビがあるところにメイクはしたくない…。そんな気持ちからメイクが上手にできないことってありませんか?

そうなると憂鬱になり外出するのも嫌になってしまいます。かと言って、ノーメイクで外には出られないし、仕事や学校に行かないわけにもいきません。

今回は、そんなニキビなどの肌荒れの時にもできて、簡単に隠せるメイク術をお教えしたいと思います。


時間がある時は基本から!ベースメイクでの隠し方

ニキビは隠したいけど、悪化するのも嫌ですよね。

一般的なファンデーションには、乾燥肌や敏感肌、ニキビなどができている肌には刺激が強いものがたくさん含まれています。ニキビがあるときは、普段と同じようにファンデーションをするのはできれば止めた方がいいでしょう。ニキビには負担となり悪化へと繋がってしまいます。

しかし今は、スキンケア効果のあるベースメイクなども数多く発売されています。こうしたものには、スキンケアアイテムと同じ成分がベースメイクアイテムにも配合されています。

ほかにもニキビファンデーションなどもあり、こうしたものを上手に利用するようにしましょう。そう、まずはベースメイク選びが大事なのです。

そうして肌に負担をかけないメイク道具を選んだら、外出するまでに時間がある人は基本のベースメイクで上手に隠してみましょう。この場合、隠す=厚塗りのイメージがありますが、厚塗りはお肌への負担が大きくなる要素の一つです。できることならナチュラルメイクにしたいところです。

しかし、ニキビがあるところはそれでは隠せないと思いますよね?ここで裏技が必要になります。

まず、化粧水などで肌を整えたら、化粧下地を塗ります。これが実は大事なところ。ニキビがある皮膚の盛り上がりのあるところは、まずニキビの膨らみを均すのがポイントなのです。

このとき、ニキビの色味に近い色の下地を選ぶと、さらにニキビが目立たなくなるようです。クリームタイプの化粧下地でニキビ周辺をなだらかに整えると良いでしょう。

こうすることで、ファンデーションの量も減らすことができます。この上に、清潔なスポンジか指先にリキッドファンデーションをおいたら叩き込むようになじませるとうまくいきます。

ベースメイクは、厚塗りをするとかえってニキビやニキビ跡を目立たせてしまいます。薄く重ねることがポイントです!

応急処置!コンシーラーで肌の凹凸を隠すワザ

急いでいるとき、時間がないときなどに手早く隠すにはコンシーラーを活用しましょう。コンシーラーのカラーは、肌に近い色を選ぶ人もいますが、ニキビやシミがある場合は、肌と同じ色ではうまく隠れてくれません。

ニキビやニキビ跡の凹凸が目立って見えるのは、凹凸している部分が影を作っているからです。その影を暗めのコンシーラーで目立たなくすることで、ニキビ自体も目立たなくなるのです。

ですので、肌より暗めの色を選びましょう。また、液状のタイプやクリームタイプより、スティック状や練り状のタイプのコンシーラーの方が、カバー力も大きく、ニキビを隠すには向いています。

POINT!

塗り方は、直接塗らずに、一度手の甲に出したり、清潔な指先や綿棒などを使って塗るようにしましょう。 少しずつ塗って、軽くぼかしていく作業を繰り返すと、よりきれいな仕上がりになります。

ここで注意したいのは、コンシーラーを肌に乗せたら、それを伸ばさないこと。塗ったところと塗っていない境目をきれいにぼかして、重ねていくことが大事です。

出先でもカンタン!ハイライト&チークで隠す

普段、頬に何気なくつけているチークやハイライトも実はニキビができやすい原因ともなっているのです。チークブラシが汚れていたり、毛先が劣化して硬くなっていたりすると、肌への刺激になりがち。

外出先などでは、ぜひパフでチークをつけましょう。パフ付のチークなどが最近は流行っていますね。

そして、取り外して洗えるタイプがおすすめです。パフをいつでも清潔にしておくこともニキビを作らせないためには大切です。

POINT!

出先などでも簡単に使え、小顔効果や顔を立体的に見せてくれるハイライトやチークもニキビ隠しに一役買ってくれます。

ファンデーションやコンシーラーでカバーしたあとに、ハイライトやチークを重ねましょう。あくまでも自然に見せることが大事なので、量を調節して、しっかりカバーできるように活用してください。

正しいメイクでニキビを悪化させずに隠せる。

ニキビを悪化させない最大のポイントは、「ニキビをなるべく触らない」ことです。メイクのときには特に気をつけましょう。

そして自分なりに上手に隠すテクを探してみてください。急な外出なども楽しいものとなるでしょう。

しかし、ニキビは隠すことよりも治すことを最優先に考えてくださいね。赤く腫れた時には皮膚科へいき、 しっかりと治しましょう。

肌荒れやニキビが発生しやすいという人は、使っている化粧品などを見直すことも大事です。安いものがすべてダメというわけではないですが、肌はもともと弱いもの。ちゃんと成分を見て使わないと、取り返しがつかないことになる可能性もあります。

それに、ちょっと気をつけただけで、美肌へと近づくことができるかもしれませんよ。

ニキビを作らない、できても増やさない、ニキビ跡を悪化させないためには、きちんとしたケアが大事。どうしても必要なメイクをした後は、メイク落としやクレンジングフォームなどを使用して、しっかり汚れを落としましょう。もちろん、その後の保湿も忘れずに!

(ニキビ跡におすすめの化粧水の詳細はコチラ:ニキビ跡を治す方法!ニキビ跡改善化粧水ランキング)


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

50