公開日:2017/11/15 

ニキビができる原因は?知っておきたいニキビの基本知識

ニキビができる原因を知ってニキビ対策!キレイな肌になるためには、ニキビを治すことと防ぐことの両方が大切。そのためにはまず、ニキビができる原因を知ることが第一です。日常に潜むニキビの原因をタイプ別に紹介!対策と合わせてわかりやすく解説したまとめはこちら。

ニキビ跡を治すにはターンオーバーを整えることが大切

皆さんは「ニキビ」ができて鏡とにらめっとしたという経験はありませんか?

ニキビは人の気分をネガティブにしてしまったり、気持ちが暗くなったりと、私たちの心に大きな影響を与えることだってあるのです。

そんな生活の質まで低下させてしまうニキビですが、できるだけ早くきちんとケアをしていれば退治することができます。


ニキビには色々な症状がありますが、大きく分けると「毛穴がつまって皮脂がたまった初期の状態」「炎症を起こした状態」「炎症が進んで化膿した状態」の3つにわかれます。

ニキビの種類 症状
白ニキビ 皮脂や角質層などが混ざり合った角栓が毛穴に詰まって塞がってしまった状態を白ニキビといいます。
赤ニキビ 毛穴がふさがり、白ニキビの状態になるとこの中にたまった皮脂を栄養分にしてアクネ菌が増殖。
皮膚が炎症をおこして赤く腫れあがる状態を赤ニキビといいます。
黒ニキビ 角栓が毛穴につまり、それが黒色に見えるのが黒ニキビ。開いた毛穴に「コメド」という皮脂や角質層が混ざった角栓がつまり、その先端が黒くなります。
さらに、毛穴付近のメラニン産生が増加して色素沈着が起こり、黒色に見えるため黒ニキビといいます。

昔は、よくニキビは「青春のシンボル」なんて言われていましたが、医学的には医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という病気なのです。ニキビケアが不十分だと痕も残ることがあるので、まずはきちんと「ニキビ」ができる原因を知っておくことが大切ですね。

自己流ケアで後悔することがないように正しく理解し自分に合った対処法を見つけましょう。

ニキビができる原因って?

思春期ニキビができる原因

特徴:皮脂の分泌が多い額から頬にかけての、いわゆるTゾーンと言われる箇所に多く見られる。

思春期ニキビは男女ともに男性ホルモンが増えて、過剰に分泌された皮脂の排出が追いつかず毛穴を詰まらせて、皮脂分泌が活発になりニキビの原因菌であるアクネ菌が作用して炎症を起こしてしまうのです。

おおむね、13歳~18歳頃までの成長期の変化として男性ホルモンの分泌量が増加します。「皮脂の排出が追いつかず毛穴が古い角質などと混ざって塞いでしまう」これが思春期ニキビの始まりです。

思春期ニキビはほとんどのケースで終わりがあります。男性ホルモンの分泌が落ち着くことで、自然とニキビもできなくなることでしょう。

また、甘いものや脂肪分の多い食べ物、洗顔不足や睡眠不足、便秘などもニキビの原因に大きく影響しているといえます。

大人ニキビができる原因

特徴:顔の下のあごの線に沿ったあたりや口周りなどのUゾーンにできやすい。

大人ニキビは、ストレスや睡眠不足などホルモンバランスの崩れが要因ともいわれています。

生理の前後や、不規則な食生活(脂っぽい食事や甘いものの摂り過ぎ)運動不足、紫外線、冷え性、便秘などにより表皮のターンオーバーのリズムが崩れてしまい、角層が硬くなった結果、角層がはがれず毛穴を詰まらせて大人ニキビができてしまうのです。

また、でき易いあごの裏側は、衣類とのこすれなどによけい炎症が深くなってしまい、一度できると治りにくく、症状も繰り返してしまうので、ニキビができる前の予防にも気をつけるといいでしょう。

メイクでニキビを隠してしまいがち

女性は、外出時などメイクもする人が多いので、ニキビができてしまうとどうしても隠してしまいがちです。

しかし、メイクで隠し続けるのは逆効果ですので、たかが「ニキビ」と思って軽く見ずに、できるだけ早くきちんと処置をすることが大切です。

何もしないでおくとどんどん悪化していきニキビ痕が残ったりします。皮膚科の医師の診察を受けるなどして、適切に処置するようにしましょうね。またニキビができると、清潔にしよう!と何度も洗顔する人もいるかもしれませんが、洗いすぎはかえって良くありません。

洗顔後は特に乾燥しがちになります。ニキビは乾燥は大敵なのです。洗顔後は、皮膚の感想を防ぐために十分保湿するようにしてくださいね。

(できてしまったニキビはどうする?:ニキビ跡を治す方法!ニキビ跡改善化粧水ランキング)


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

35