公開日:2017/11/15 

ニキビは潰しても大丈夫って本当?噂の真実を解明!

どれだけ気をつけていても、気付くとできてしまっているのが厄介なニキビ。治し方を調べると「ニキビはさわったらダメ!潰すなんてもってのほか!」というアドバイスがあるけれど、それって本当?常識のようで実は知らない、意外なニキビケアの真相を解明!ニキビが気になる方必見です!

ニキビ跡を治すにはターンオーバーを整えることが大切

肌のトラブルの代表的なものはニキビ。悩んでいる人も多いことでしょう。 ニキビができたら出来るだけ潰す。なんて人もいるほどです。

ニキビは毛穴に角質が詰まることでできます。早く治すためには規則正しい生活や、ニキビを悪化させないようにすることが大切です。

よく、ニキビについて調べてみると、「ニキビは潰してはいけない」ということが書いてあります。 ニキビは、潰すと炎症を起こして、肌の状態を悪化させてしまうので、理想はニキビを潰さないことです。

しかし、潰すタイミングを間違わなければ潰してもいいのです。 ニキビを潰すか潰さないか迷っている人はぜひ参考にしてみて下さい。


本当に潰して大丈夫?ニキビケアの真相

潰しても良いと言われているワケは?

ニキビと一言に言ってもその症状は様々。実は、段階によっては潰していいニキビもあるのです。

白ニキビは潰してもいいニキビです。

アクネ菌によって炎症が起きていませんし、毛穴が詰まっているだけのニキビですので、その詰まりをとることが大切なのです。

毛穴の中に溜まっている汚れ(皮脂や古い角質)を取り除いてあげれば、赤ニキビへ悪化することもありません。 ただ、ニキビができた肌はとてもデリケートです。なので、無理にさわったりいじると跡が残ってしまう可能性もあります。

POINT!

ポイントは白ニキビでもどの程度の深さでニキビができているのか? どの程度炎症しているか?です。 肌の表面にうっすらとできた白ニキビは自分でケアしても問題ないです。


しかし、白ニキビでも、皮膚の奥の方にしか芯が見えない・白い芯が見えないものは、潰そうとすると無理な押し出しが必要になってくるので、潰すのはおすすめしません。

肌の表面にうっすらとできた白ニキビは無理なくニキビの芯(コメド)を出すことができるので、このタイミングで潰すようにして下さい。

実際に潰すときの2つの注意点

手を清潔にする

皮膚の中の白い膿と芯をだす際には皮膚の出口となる傷をつけることになるので、手についた菌が傷口から入るのを防ぎましょう。

菌がついてしまうと、周囲にまで広がってしまいニキビが悪化する原因となります。 爪の隅々までしっかりと洗い、できる限り無菌状態にすることをおすすめします。

また、潰す時に使用する道具などがある場合は、同じように消毒しましょう。

つまり、ニキビに触れるものは全て消毒するという意味です。 一般的には、コメドプッシャーというニキビを潰す専用の器具が市販されていますので、そちらを使うのもおすすめですよ。

強く押し出しすぎない

強く押しすぎてニキビ全体を潰すのは危険です。

皮膚の奥の方にも白ニキビの芯が見えなければ、なかなか出てきませんし無理やりやると肌を傷つけることになってしまいます。 うまく潰れなかった時は無理に潰さないようにしましょう。

やさしく押して、ニキビの芯である皮脂の固まりだけを取り除きます。また、この芯が毛穴に残っていると逆にニキビを悪化させてしまうので、ニキビの芯は残さないで下さいね。

潰したあとのケアはとっても大切!

ここを怠ってしまうと、ニキビを悪化させてしまったり、ニキビ跡の原因になります。

ニキビ用の軟膏を塗ったり、マキロンなどで消毒しましょう。そして肌の修復を促してくださいね。 ニキビ薬がない場合は、傷の塗り薬でも大丈夫ですよ!

ちなみに、潰すタイミングはお風呂上がりが肌も柔らかくなっているのでおすすめです。いくら気を付けたとしてもニキビを潰せば多少の跡は残ります。そんな時はニキビ跡を改善する化粧水の使用をおすすめします。

(参考:ニキビ跡を治す方法!ニキビ跡改善化粧水ランキング)


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

36