公開日:2017/11/15 

ニキビ跡を治す方法!ニキビ跡改善化粧水ランキング

ニキビ跡を治したいなら【ニキビ跡改善術.net】におまかせ!ニキビ跡を治すための方法や、専用化粧水の口コミなどニキビ跡を消すための情報が満載。これを読めばニキビに負けない肌が叶う?諦めていた色素沈着やクレータータイプのニキビ跡をキレイに治すための対策はこちら。

ニキビ跡を治すにはどうしたらいいの?

実はみんな悩んでる!?ニキビ跡って何?
ニキビ用のスキンケアや薬はたくさんあるけど、「ニキビ跡」のケアはあまり知られていないもの。
ですが、実はニキビ跡のほうが厄介ということを知っていましたか?多くの方が本当に悩まされているのは、ニキビ跡の方かもしれません。

昔なにも知らずに潰してしまった思春期ニキビや、繰り返す大人ニキビ…。ニキビができるたび増えていくニキビ跡にうんざりしている方も多いはず。なかには、しっかりニキビケアのアイテムを使っているのによくならない!という声も。

それもそのはず、実はニキビ跡には「ニキビ跡専用」のケアが必要なのです。


ニキビケアとニキビ跡ケアは何が違うの?

ニキビのケア方法
  • 余分な皮脂を取り除くことが先決
  • ピーリングできる洗顔で皮脂を洗い落とす方法
  • ケアにかかる日数は数日~数ヶ月

ニキビができると、毛穴に角質が詰まって息ができない状態に!塞がった毛穴をキレイにしてあげよう

ニキビ跡のケア方法
  • ターンオーバーを整えて健康な肌が生まれるようにする
  • ケアにかかる日数は数ヶ月~数年かかる場合も

「赤くなる・シミになる・ボコボコになる」ニキビ跡は、大きく分けて3種類ある。種類によってケア方法は変わる

比較まとめ

ニキビとニキビ跡は原因から違う ニキビと同じようにニキビ跡をケアしていたのでは、治るものも治りません。そもそも、ニキビが様々な形で跡に残ってしまうのは、ニキビができた時から間違ったスキンケアを行なっていたことも原因の一つ。

強い作用をもつものや、毛穴を塞いでしまうような化粧品は思った以上にあるため、スキンケアの見直しから重要になってきます。

ニキビは白ニキビと赤ニキビに分けられる

ニキビは皮脂がたまった白ニキビと、白ニキビが炎症を起こして悪化してしまった赤ニキビに分けられます。

それぞれ過剰な皮脂を取り除くこと、炎症を抑えることがポイントです。そもそもの始まりは同じ白ニキビのため、両方に効く成分が含まれているケアがほとんど。そのため、ニキビ用のスキンケアはさっぱりした洗浄力のあるものやピーリング、殺菌成分を含むものがメインです。

ニキビとは違うニキビ跡

一方ニキビ跡はすでに起きてしまった炎症の影響が残ってしまったもの。

皮脂が多かったりアクネ菌が悪さをしているわけではないので、ニキビケア用のスキンケアを使ってもあまり効果はありません。

跡になってしまった肌のダメージは「ターンオーバー」の改善が重要。じっくりと時間をかけて肌そのものを健康に導く必要があります。

そのため、刺激の強いケアや薬ではなく、毎日のスキンケアがポイントになってくるのです。

化粧水選びのポイントは?あなたのニキビ跡タイプをチェック

毎日のケアが重要なニキビ跡ですが、実はニキビ跡にもタイプがあります。

それぞれ原因や状態が異なるため、タイプにあったケアをする必要があります。どのタイプもターンオーバーを整えるという基本は同じですが、より効果的に治すためにはそれぞれの特徴をおさえることがポイント!ぴったりなケアと対処法をチェックしましょう。

●赤みタイプ

ニキビが治ったあとも赤みがひかない…という方はこのタイプ。肌の奥に炎症が残っているのが原因。
菌の繁殖を抑え、肌の奥の炎症を治すのがポイントです。肌を回復させるビタミンC誘導体などが効果的です。


●シミ・黒ずみタイプ

ニキビがあった部分がシミのようになっている…という方はこのタイプ。炎症が起きた時にメラニンが作られてしまったのが原因。
基本的には色素沈着と同じであるため、美白ケアが効果的です。


●クレータータイプ

ボコっと穴が開いたようになってしまっている方はこのタイプ。炎症が肌の奥まで進み、まわりの組織が破壊されてしまったのが原因。
完治させるのは難しいため、ふっくら健康的な肌にして目立たせないことが重要です。



実際のケースは?

ですが、トラブルを抱えるお肌では3つのタイプが混ざって存在している状態がほとんど。

ニキビ跡だけではなく、同時にニキビができてしまっている場合もよくあります。 そうなると、1つのタイプに効果があるだけでは、キレイなお肌にすることはできません。あくまで目指すのは「ニキビもニキビ跡もないキレイなお肌」。どれかひとつの悩みだけを改善するのではなく、トータルで肌全体が健康になるようなケアが必要なのです。

ケース1

軽いニキビが赤みになって、ひどいのは潰してしまってクレーター状…。現役のニキビもずっと治っていません。

ケース2

10代前半で思春期ニキビが大量発生。ほっぺにデコボコ跡が残ってしまった上に、大人になった今は顎に白ニキビが…。

ケース3

常にニキビがあって、どれが跡でどれがニキビだかわからない状態。油断するとすぐ赤ニキビや黄ニキビになっちゃう。

ケース4

生理前に決まって同じ部分にニキビができて、跡が集中して目立つ!ニキビ跡も生理前ニキビもどっちもストレス!

ニキビ・ニキビ跡全体をケアできる化粧水の条件
トラブルが起きがちな肌状態から、ニキビを繰り返さない健やかな肌へ導くのがポイント。

  • 赤み・シミ・クレータータイプのニキビ跡に効く
  • 今あるニキビにも効く
  • 肌そのものを健康にする

ニキビ跡ケア用品はたくさんありますが、その3つの条件を満たすものはかなり貴重。そんな貴重なケア用品をさらに細かくチェック!その効果をランキング形式でお届けします。


1位:ニキビ跡に1番オススメ!リプロスキン

定期コース初回特別価格:2,240円(税抜)/内容量:100ml

・全11種の効能・効果で肌全体の健康をサポート
・いつものケアにプラスワンするだけの導入型
・安心の120日間返金保証付き

「柔軟性のある肌を育てる」という発想のリプロスキン。独自のシステム「ナノBテクノロジー3.0」で浸透力が劇的に進化しました。

リプロスキンはナノBテクノロジー3.0(浸透力向上技術)が効率よく効果的に肌の奥まで成分を浸透させてくれるので、肌の柔軟性を育ててニキビの後の本質的なケアが可能となった優れものです!

ニキビの後のことを考え抜いた成分と浸透技術だから、ニキビやニキビの後の肌に効果が期待できます。また、赤み・黒ずみ・クレーター全てに効果が期待できるのもリプロスキンの魅力のひとつ。どのニキビ跡専用化粧水を使ったらいいか迷っている方に是非使用してもらいたい化粧水です。


2位:ベルブラン

定期コース初回特別価格:2,280円(税抜)/30ml

・赤み、色素沈着ケアに有効!3つの美白成分入り
・石油系界面活性剤・パラベン不使用で低刺激
・60日間の返金保証あり

ニキビ跡の中でも、特に色素沈着タイプでお悩みの方にオススメなのがベルブラン!トラネキサム酸を始め、とことん美白にこだわった3つの成分で赤みやニキビ染みを徹底ケア。

ニキビ染み用美容液というだけあって、まさに色が目立ってしまうタイプのニキビ跡でお悩みの方にぴったりのスキンケアです。

保湿や弾力ケアもばっちりなので、複合タイプのニキビ・ニキビ跡ケアにも◎コストパフォーマンスではリプロスキンに劣りますが、ニキビ跡のタイプに偏りがある方は使って損なしのアイテムといえるでしょう。


3位:アクレケア

定期お届けプラン特別価格:4,500円(税込)/内容量:30ml

・クレーター状のデコボコ肌を集中ケア!
・月下香エキス・卵殻膜など独自の成分を配合

アクレケアは一番手強く、一番辛いクレータータイプのニキビ跡に特化したデコボコ肌用美容液。月下香が作る保湿のベールで、デコボコの気にならないなめらか肌を叶えてくれます。

その他にも卵殻膜など、肌の生まれ変わりをサポートする成分をしっかり配合。もちろん、炎症を抑える成分も含まれているため、ニキビとニキビ跡両方で困っている方にもオススメです。

また、月下香エキス使用のためとても香りが良いのもポイント。憂鬱になりがちなニキビ跡のケアも、贅沢お姫様気分で続けられる美容液です。


4位:ビーグレン

トライアルセット:1,800円(税抜)/内容量:7日分

ニキビ対策を重視しつつ、ニキビ跡もケアしたい…という方にオススメなのがこちら。基本的にニキビケア用のラインですが、ビタミンCがニキビ跡にもしっかりアプローチ。

ビタミンCが含まれている化粧品は数多くありますが、ビーグレンは浸透力が違います。独自の技術でしっかり奥まで浸透させるので、ニキビ跡の美白や修復効果も◎

ただし、十分な効果を感じるにはライン使いが鉄則。トライアルではなく使い続けるとなると、どうしてもコストがかかるのでその点は注意が必要です。


5位:ルナメアAC

初回限定:1,080円(税込)/内容量:14回分

疲れた時や生理前など、決まった場所に繰り返しできてしまう大人ニキビにはルナメアAC。深刻なニキビ跡はないものの、繰り返すニキビを治したい、跡になるのを予防したいという方にオススメのニキビケアです。

ニキビケア用ラインではありますが、肌に優しくうるおいをキープしてくれるので、軽いニキビ跡ならこれでケアしていくことも可能。

お試し価格も手頃なので、まずはニキビをケアしたい場合は試してみるのもアリかもしれません。


効果・コスパ・成分・対応すべて文句なしの1位はリプロスキン!

特に、ニキビやニキビ跡の悩みを「肌そのものを健康にする」ことでまとめて改善してくれる 効果の広さが評価のポイント。

また、広範囲にできてしまったニキビやニキビ跡にもたっぷり使える100ml入りのコスパの良さは圧倒的です。続くベルブラン、アクレケアも効果的にはかなり好感触なのですが、容量は30mlと惜しみなく使うには少しコストが高め…。

単純に3倍以上の入っているので、「じっくり・たっぷり使う」ことが重要なニキビ跡ケアにはやはりリプロスキンがオススメです。

リプロスキンの6つの魅力

  • 全てのニキビ跡に効果的
  • 思い切り使える100ml入り
  • 無添加でお肌に優しい
  • 抗炎症作用がニキビにも効く
  • 120日間返金保証あり
  • 安心の日本製


効果・コスパ・成分・対応すべて文句なしの1位はリプロスキン!

女性なら一度は悩まされる肌トラブルがニキビ。ぽつっと赤く目立ってしまったり、角栓が詰まって毛穴が広がってしまったり、1つあるだけでお肌の印象が変わってしまうのは本当に悲しいですよね。

実際には、一度ニキビができやすい状態になってしまうと1つや2つで済まないことがほとんど。白ニキビや赤ニキビ、黄ニキビや紫ニキビ(しこりニキビ)など、どんどん悪化して跡が残ってしまうことも…。

そしてようやくニキビが治っても、思ったほど肌がキレイにならないというケースが実はとても多いのです。その原因が、ニキビ跡。赤っぽさが残ってしまうタイプのニキビ跡や、炎症時に色素沈着が起こってしまったタイプのもの、そして炎症のダメージが肌の深部まで到達してデコボコになってしまったクレーター状のタイプがあります。

このようなニキビ跡は残りやすく、いったんできてしまうとコンプレックスになりがち。気になって色々といじってしまい、いつまでも治らないというパターンも多くあります。

最近では、リプロスキンやベルブラン、アクレケアのようにニキビ跡のケアに特化したアイテムも多く、以前よりケアがしやすくなりました。

また、ニキビケアも定番のプロアクティブ、DHC薬用アクネホワイトニングジェル以外にも、ルナメアACやビーグレンなど最新の技術を使った新発想のケアが増えているのです。こういったスキンケアのメリット・デメリットやおすすめポイントをしっかりお届けしますので、ニキビやニキビ跡のケアでお悩みの方はぜひ参考にしてみて下さいね。


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

178