公開日:2018/05/28 

シックスパックも夢じゃない!?腹筋ローラーの効率的な使い方

「腹筋を鍛えて、お腹周りを引き締めたい…」

このように願っていても、腹筋運動を1人で続けるのは難しいものです。

そこでおすすめなのが、腹筋ローラーという器具を使った筋トレ方法。使い方をチェックして、憧れのシックスパックを手に入れましょう!

女性にもおすすめの腹筋ローラーってどんな器具?

腹筋ローラーとは、自宅にいながら簡単に腹筋を鍛えるためのトレーニング器具です。

多くの方が一度は目にしたことがあると思いますが、小さな車輪の両サイドに持ち手がついているシンプルな構造になっています。

約1~2畳分のスペースがあれば使えるので、狭い部屋でも手軽に取り組むことができます。

また、使い方はさまざまなので、筋トレにはじめて挑戦する方や体力に自信がない方でも気軽に使えるのが嬉しいポイント。日常的に取り組むことで誰でも腹筋ローラーに慣れていくので、体が変化していくのを感じることができるでしょう。

腹筋とともに腕も鍛えられるため、二の腕が気になるという方にもおすすめです。

効率よく筋トレ!腹筋ローラーの使い方

効率よく筋トレ!腹筋ローラーの使い方

はじめて腹筋ローラーを使う初心者さんは、まずは腹筋ローラーという器具に慣れることを第一に考えることが大切です。無理にハードな使い方をすると体を痛めたりケガをしたりする恐れがあるため、少しずつ慣らしていくことを意識しましょう。

はじめのうちは1日10回程度を目標にして、気軽に行うのが継続の秘訣です。急がず焦らず、ゆっくりと慣れていきましょう。鏡の前で行うと、自分のフォームが確認できるのでおすすめです。

では早速、腹筋ローラーにはじめて挑戦する方におすすめの使い方をご紹介いたします。

  1. 両手で腹筋ローラーの持ち手を持ち、膝を床について四つん這いの姿勢になる
  2. 背中が反らないように注意しながら、無理のないところまで両手を伸ばす
  3. 腹筋に力を入れ、お腹を丸めるようなイメージでローラーを手前に戻す
  4. 2~3の工程で1回とカウントし、10回を目安に行う

腹筋ローラーを転がすときは腕ばかりに力が入りがちですが、腹筋を意識するのが最も大切なポイントになります。効率よく腹筋を鍛えるためにも、常に腹筋に意識を置いておきましょう。腹筋ローラーを戻すときには、腹筋を見ながら行うと力が入りやすくなります。

また、はじめてのうちは腕を伸ばしすぎると戻って来られなくなる場合があります。

そのまま床に倒れるとケガをする恐れもあるため、慣れるまでは壁に向かって腹筋ローラーを転がし、自分の限界の手前でローラーが壁に当たるようにすると安心です。

腹筋ローラーはキレイになりたい女性の強い味方!

気軽に腹筋が鍛えられる腹筋ローラーは、お腹の上部と下部の両方にアプローチしてくれるので、ポッコリお腹の解消はもちろん、美しいシックスパックを作るトレーニングとしても最適。引き締まったお腹周りが欲しいという女性にこそ、ぴったりなアイテムなのです。

使い始めて徐々に慣れてきたら、膝をつけずに腹筋ローラーを転がしたり、膝をつけてかかとを上げた状態でローラーを転がしたりというアレンジトレーニングができるようになります。腹筋ローラーの上級者を目指すためにも、まずは基本的な使い方をきちんと習得して、美しいフォームでゆっくりとトレーニングを積んでいきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

67



ページのトップへ