公開日:2018/08/20 

17日間ダイエットなら17日間で結果が出る!その方法とは?

ある程度目標のようなものがないと、なかなか体を絞るのは難しいでしょう。17日間ダイエットなら期間が定まっているので、それを基準に目標が決められます。

しかもそこまで長期間続けなくても、スタイルが変わっていく方法です。ちなみに食事と運動両方とも使って、ダイエットをしていく方法なので、意外に早く効果を発揮できます。

17日間ダイエットの基本的な食事のルール

17日がポイント!!

もともとこの方法は外国で作られたもので、最初の17日間で体重を一気に減らすように、うまく作られているものです。

食事に関しては糖質をとらないように意識してとり、17日間ごとにそれが緩くなっている流れになっています。

しかし最初のステップで体重を落としているので、とくに後半は苦痛を感じず、むしろ続けやすい食事になっていくんです。つまりそれ以上体重が増えないような 方法を使っているでしょう。

促進期は糖質をすべてカット!野菜やお肉を中心に発酵食品もタップリに!

最初の17日間ダイエットでは体重を落とす食事に、ガラリと切り替えていきます。基本的に糖質をカットする方法が使われており、このステップではすべての糖質は取らないようにしましょう。

そして1日に2リットルの水を飲むのも鉄則です。

この水というのも味がついた飲みものを飲んでも、2リットルのうちには入れず、純粋な水を飲むのを忘れてはいけません。

野菜やお肉などが中心になりますが、どうしても腸が働きにくくなってしまうため、積極的に発酵食をとるのもかなり重要になってきます。

つまり発酵した味噌などを中心に腸を元気にしつつ、お肉や野菜でカロリーをおさえつつ、糖質をさけるのが最初の17日間の課題となるわけです。

体重がある程度落ちたら糖質をカットしていたのをゆるめてOK!

上記の方法で体重が落ちているはずですから、次の17日間ダイエットでは食事の内容を少し緩くして、続けやすい方法に切り替えていきます。

今までは糖質がすべてNGだったのに対して、次の17日間ダイエットでは、1日に小さいおにぎり1個程度の糖質はとっても問題ないようです。

しかしお肉や野菜がメインなのには変わりがなく、引き続きその方法は継続させましょう。純粋な水を2リットル飲むのも続けるのも忘れずにし、腸の調子を見て発酵食も取り入れたら、ダイエットもしやすくなります。

それでも最初の17日間ダイエットに比べて緩くなっているため、比較的続けやすくなっているので、ここまでくればストレスを感じなくなっているはずです。続けることだけを考えて食事をとってください。

さらに17日したらパンなども食べてOK!少しずつ糖質をとっても良くなる!

そしてさらに体重が少なくなっているので、次の17日間ダイエットでは、もっと食事の内容が緩くなっています。前は小さいおにぎりに対して、パンなども食べて問題ありません。

さらに女性としてはうれしいパスタも、とっていいようになります。

上記の17日ダイエットを2ステップもクリアできているので、もう苦痛なんてないようなものでしょう。

糖質をゆるくとれるようになれば、あとは以下の運動をいかにこなせられるかが、この方法の課題となります。

食事と運動がうまく重なるのが、17日間ダイエットで効果を出すポイントです。

17日間ダイエットで取りいれたい運動方法

上記で食事の紹介をしましたが、もともと糖質を減らして体を絞ろうとするのが、この方法の特徴になります。つまりたんぱく質が自然と増えて、代謝を高めやすい状態を作っているわけです。

17日間ダイエットの食事では徐々に糖質をカットするのが基本でしたが、運動に関してはゆるくなることはありません。

しっかりと体を動かして代謝が高まりやすい環境で、いかに脂肪を減らせられるかがポイントとなります。

基本は酸素がとり込める軽い運動を続けていく

この17日間ダイエットでは酸素をとり込めるほどの、軽い運動をするのが基本となっているんです。つまり歩いて20分以上続けないと効果がなく、食事の効果もなくなってしまうでしょう。

歩くだけが痩せられる方法でないので、自分にぴったりの軽い運動を見つけるのも重要です。

◆歩くのが面倒ならダンスサイズをしてみよう!楽しくてすぐに時間がたつぞ!

せっかく体を動かすのなら楽しく続けやすい方法がいいでしょう。歩くだけでも効果があるのなら、音楽に合わせて踊るだけでも効果があるんです。

その中でもハイインパクトというエクササイズが、ちょうどいいでしょう。これは飛びはねるようにダンスをする運動で、スポーツとダンスを組み合わせたものです。

基本は動画を見ながら一緒に、振付をマネするだけで効果があります。かっこいい内容のものが多く、しかもマスターできたら徐々にかっこいい動きの激しいものにチャレンジできるんです。

やりがいもあって楽しいダンスサイズで、17日間ダイエットに取り入れるといいでしょう。

◆運動に自信がないならエア縄跳びがピッタリ

体を動かすのが苦手な女性が多いといいますが、それならエア縄跳びがおすすめです。本来縄跳びとはロープをもってそれをジャンプして、引っかからないようにするのが普通でしょう。

しかしエア縄跳びはロープがなしでもできる方法であり、跳ぶふりだけで効果があります。

つまりロープに引っかからなくていいので、ジャンプをした回数を数えればいいだけでいいんです。

今ではそれ専用のアプリだってあり、自動で数えてくれるので、かなり気軽に続けられます。回数という目標もできて、やりがいだって出てくるでしょう。

体重が減らないなら筋トレを少し加えると効果が高められる

さすがにこの方法では効果が出なかったというなら、その反省を教訓に次の17日間ダイエットで筋トレを追加するのが得策です。酸素で効果をアップさせる運動を、さらに高めてくれる組み合わせでしょう。

最初に筋トレをして、そのあとに軽い運動をすれば、体がポカポカしてくるのが早くなります。もちろん筋トレといっても難しく考えず、代表的なスクワットのような簡単なものでOKです。

17日間ダイエットは苦しいダイエットを続けなくても結果が出る!

今までの方法だとどうしても続ける期間が見えなくて、やる気がなくなることも多いでしょう。しかし17日間ダイエットなら、その期間内で結果を出そうと励みになってくれます。

しかも糖質をカットしているのが、徐々に緩くなる食事の内容なので、キツイと思いにくいのもいいところです。

最初の17日間ダイエットで目標となれば、1番ゆるいステップへ飛ばしてもいいので、気軽に続けられる方法といっていいでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

101



ページのトップへ